CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スッと引く | Main | 太平洋島嶼地域のコロナ対応の違い20210913»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
パラオのコロナ管理 [2021年09月06日(Mon)]

先日、パラオで渡航者にコロナ陽性者2名が見つかり、その後、また1名、入国時に陽性が判明したとのニュースがありました。また、先週、先々週にはグアムではデルタ株で陽性者が増えつつあると言うニュースもあり、グアムからのフライトがあるパラオは大丈夫かと少し気になっていました。
今日、パラオは休日でしたが、別件で1時間ほどオンラインミーティングを開いたので、ちょっと様子を聞いてみました。

先日判明した陽性者については、接触者も全てトレースされ、陰性であっても隔離がされていました。その後、誰も重症化することなく、2回の検査の後、陽性だった人も含めて全て陰性ということで、クリア。うまく管理できたそうです。

今日(おそらく昨日?)はグアムから90名以上入国したそうですが、空港での検疫で全員陰性だったとのこと。

現在仏領ポリネシアでは感染爆発が起こっていますが、パラオの場合は、住民の9割近くが2回ワクチン接種を終えているのと、なんやかんやでパラオへの渡航者の陽性確率が非常に低くなるように管理しているので、追跡できるキャパを超えないなど違いがあります

先日開かれたミクロネシア大統領サミットでは、貿易と運輸が焦点となり、ナウルとパラオ間の渡航合意が結ばれました。これで太平洋を突っ切るように、台湾〜パラオ〜ナウルの渡航ルートができるかもしれません。ナウルもワクチン接種率が高いため、パラオと同様の対応が可能かもしれません。

他方、数日前のニュースで、キリバスが成人人口をカバーできる十分な数のワクチン確保というRNZニュースがありました。

読んでみると中国シノファーム製が9万、日本から4.8万、オーストラリアから1.2万という内訳でした。

例えば、パラオ〜ナウルのグループにキリバスが加わったとして、人の移動が発生した場合、コロナウイルスが絶対に入り込まないとは言えません。米国支援のパラオ、オーストラリア支援のナウルは大丈夫なのに、中国支援のキリバスは状況が異なってしまう可能性もあります。


フィジーでは、フィジーへの渡航者にワクチン2回接種済みであることを求めるという情報もありました。

今後、ワクチン接種済みであることに加え、どこのワクチンであるかがより注目されるようになるかもしれないですね。
コメントする
コメント