CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第51回PIFサミット | Main | 私的ウェビナー「第2回クロシオ・ブエブエナート」のご案内»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
オリンピック [2021年08月09日(Mon)]

東京オリンピック終わってしまいました。ネットと時差がないお陰で、これまでになく多くの競技を観ることができました。
昨日も女子のスポーツクライミング、女子バスケ準決勝、野球、今日は女子の自転車オムニウム、他の日では女子1500と槍投げ、男子走り幅跳び、スケボーのパーク、セイリングなど、痺れました。スポーツクライミングはいつか現場で見てみたい。小さい頃にやたら木登りしたり、崖や壁を登って怒られていましたが、そのような忘れていた原初の好奇心といったものがくすぐられました。

スポーツから得られる感動というのは、おそらく他の感動とはまた違ったものなのでしょう。何かこう、心の枠が広がった感じがします。

正直、モスクワオリンピックの時のように半数以上ボイコットして、メダルをとっても疑問符がつくようなものになってしまうのではないかと思ったりもしましたが、実際にはあれだけの国や地域で選手や関係者が準備して、感染拡大が起こっている日本に来て、競技に参加しました。直前まで実施か中止かはっきりしない状況でも、選手はしっかり調整してたんですね。

天気も最後までもったし、コロナ感染で辞退した選手もそれほどいないようでした。現場もコロナ対応の医療機関も本当はギリギリなのかもしれませんが、コロナに屈しない強さを示したのではないかと思います。

おそらく先進国か強権的な独裁国家でないと、実現できなかったのではないか。正直、やり切ったのは凄いと思います。

次はパラリンピック。引き続き、選手や関係者に感染が広がらないようにしつつ、良い試合を期待しています。

社会の包摂性や多様性の観点からも、若い人を含め現場で観戦できれば得るものが大きいように思いますが、まだまだ感染者数は増えるでしょうから難しそうですね。


2024パリ五輪では、タヒチがサーフィン会場だそうで、島嶼国も少し盛り上がるかもしれないですね。仏ポリはまた感染拡大が進んでいるようですが、2024年、世界はコロナを克服し、アフターコロナの世の中になっているのかどうか。
コメントする
コメント