CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«フィジー、インド二重変異株(B1617)発見 | Main | ブレーキングニュース、アップしました:PNG, コロナ、ワクチン»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
PIF首脳(フィジー、サモア、PNG)がミクロネシア諸国に謝罪したが、、 [2021年04月30日(Fri)]

数日前、PIFの臨時首脳会合があり、その場で、ミクロネシア諸国5カ国首脳に対し、フィジー、サモア、PNGの首脳が謝罪したとの報道がありました。

メンツを重視する島嶼国首脳が、謝罪をするというのは大変珍しいことだと思いますが、違和感を感じます。かえって、ミクロネシア諸国を軽視しているように。

疑問点は次のとおり。

・なぜ、この3国が謝罪したのか。
・米国自由連合国ではないナウルとキリバスを翻意させることで、ミクロネシア5国の結束を揺さぶる作戦ではないか。
・そもそも、首脳として紳士協定に関わっていた当人のプナ前首相が、自ら紳士協定を破り出馬した結果であるが、その点が無視されている。
・謝罪しようが、プナ前首相がPIF事務局長という決定を覆すものではない。
・クックは親中国で、パラオは親台湾。そのクックがパラオが積み上げていたプロセスを壊した。表向き、この点が理解されていない。
・課題別の地域機関にはミクロネシア諸国は残るので、なぜPIFから抜けると言っているのか、その本質が南側の強い国々には理解されていない。
など。

特にナウルは創設メンバーでもあり、ナウルとキリバスがPIFに残るのは自然な流れだと思います。米国自由連合国がどう考えるか、米国との交渉もあったことからミクロネシア連邦は独立以前からPIFの枠組みを重視していたり、マーシャルは核問題で米国と交渉が必要であるため地域枠組みは重要な時期があったので、3国が全く同じところにいるわけではありません。

謝れば済むという浅い話ではないし、今回はミクロネシア5カ国の結束を揺さぶり、まずナウルとキリバスを翻意させることが大きな目的だったのではないかと勘繰ってしまいます。
コメントする
コメント