CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ミクロネシア大統領から菅首相への書簡/汚染処理水の海洋放出決定について | Main | PIF首脳(フィジー、サモア、PNG)がミクロネシア諸国に謝罪したが、、»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
フィジー、インド二重変異株(B1617)発見 [2021年04月30日(Fri)]

やはりフィジーに新型コロナウイルスのインド二重変異株(B1617)が入っていたようです。

4/30付RNZ
https://www.rnz.co.nz/international/programmes/pacific-waves/audio/2018793512/fiji-authorities-scrambling-to-curb-covid-19-outbreak

4/28付RNZ
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/441402/two-more-covid-19-cases-in-fiji

今のところ、太平洋島嶼国ではフィジーだけでB1617が見つかっているとのことですが、近隣諸国への伝播がないよう人の動きを制限する必要があります。

太平洋島嶼国の大きな問題は、医療体制が弱いため、できる限りコロナ感染者がでないように、少なくとも市中感染が広がらないようにしなければならないところにあります。

さらに、独立している太平洋島嶼国ではPNGとフィジーを除き、市中感染、感染爆発を経験していないので、おそらくその厳しさに対する実感がないと思われます。多くの島嶼国はこの1年、厳しい水際対策により実質的なコロナフリーを維持してきましたが、今後複数の変異株を含むコロナウイルスが一度に入る可能性もあり、一度市中感染が見つかれば、パニックに近い状況が発生するかもしれません。当局から住民への正確な情報提供が重要だと思います。

フィジーに戻ると、季節はこれから冬に向かうので、6月頃からは気温が下がり始めます。20度を切る日もあるでしょう。感染拡大を抑えられるか否かの瀬戸際だと言えます。
コメントする
コメント