CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«クリスマス | Main | 本年もよろしくお願いします。»
良いお年を! [2020年12月29日(Tue)]

おそらく今年最後のエントリーとなります。

米国大統領選は、もうよくわかりません。ただこの数日で、表に見えていないところでフェーズがまた変わった気もします。表では、議会と大統領の戦いがあるようですが、その中で、2020年版台湾保証法やチベット関連の法律が成立したようです。特に台湾に関しては、国際枠組みへの参加を支援する立場を明らかにしているようで、米国としてさらに1歩踏み込んだもののように見えます。

これはバイデン政権誕生後への布石なのか、2期目への確信があるからなのかは分かりませんが、政権交代が起こったとしても、少なくとも1年は、米国の台湾に対する姿勢は変わらない(マイナスの方には変わらない)ということだと思います。これに対して中国政府が黙っているはずもなく、米中の対立がどこまで行くのか大変気になるところです。複数のシナリオを想定される状況であり、それぞれのシナリオで日本がどう立ち回るべきか真剣に考える必要があるのでしょう(すでに考えられていると思います)。すでに、以前のポイントから次のポイントまでの遷移過程にあると思われるので、我々一般市民には見えないところで物事は動いているのだと思います。

これは中国関係ではありませんが、先日、ナッシュビルでの事件がありましたが、自分の世代では、おそらく、911の時と似たような感じがしたんじゃないでしょうか。いくつかの要素が同時並行で動いているようです。この立体的で複雑な事象を見ていると、かなりの人材がそろっていないと対応できないのではないかと思います。


さて、2020年は、身近なところから、世界レベルまで、変化(しかも良くない方向)と挫折と試行錯誤の1年でした。

2021年、来年はどうなるのか。コロナ禍は少なくとも暖かくなるまでは油断できな状況が続くでしょうし、世界情勢も次の安定地点まではまだ時間がかかりそうです。自分の身の回りも落ち着かないだろうと思います。個人的には、小さくも大きくも決断を迫られる場面が増える予感があります(店の選び方や食堂で食べるものとかも)。変化も続いていくでしょう。何か信じられるものが2つか3つあると良いのですが、簡単に見つかるものでもない。混乱したときに、スタート地点に戻れる、リセットできるルーティン的なものを作れればと思います。それは食べ物か飲み物か音楽か運動なのか香水なのか分かりませんが。いずれにせよ、変化や混乱の中で、自分の髄の部分をなくすことなく、自分なりの目標に到達できるよう、上手くやっていきたい、そんな1年にできればと思います。

いずれにしても、心身共に健康であることが第一条件になります。

数日後、年明けに、すぐ再開しますが、皆さん、くれぐれも健康に気をつけて、それぞれの持ち場で頑張っていきましょう。まずは何とか1年乗り切ったことを褒め合いましょう。

良いお年を!
コメントする
コメント