CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ダイエット9 | Main | まだ続く。»
いろいろあります。 [2020年12月09日(Wed)]

今日は早朝からいろいろあり、おそらく大人になって初めて兄と長く連絡をとりあいました。まるまる12時間、断続的に。我々が子供で、両親が今の自分たちくらいの歳のときに、こんなだったんだなと今になってわかることがあります。誰もが気持ちを強く持つ必要がある。時には協力を仰ぎ、感謝しつつ。

今のこの時間まで、仕事に関連することも続けているわけですが、今日、一瞬職場に立ち寄ったとき、久しぶりにその同僚の一人と話をしました。トピックは米国大統領選と一連の動きについて。

自分は主要メディアだけでなく、現地のマイナーなメディアやツイッターやパーラーなどを見ながら観察していますが、陰謀論と見られがちなところもあり、話す相手はいませんでした。ところが、その同僚はやはり同じものを見ており、現地のソースから直接見聞きしたり、資料を読んだりしていました。やっぱり、できるだけフィルターを通さずに情報を把握できることは大きい気がします。

今日の動きで驚いたのは、テキサス州がペンシルベニアなど4州を対象に違憲だとして訴追したという話。どう見ても州の憲法に違反しているし、コロナ前の動きだったのでコロナを理由にはできません。これが問題ないとされたら法治国家ではなくなるくらいの話ではないかと思います。

職場に行ったときには、テキサス州だけという認識でしたが、その同僚と話すと9つの州がテキサス州に同調しているとのことでした。まだ増えているのかもしれません。これはもう陰謀論ではなく現実なのだと。そして思い浮かんだのは、新たな南北戦争が始まっているんじゃないかということ。実際の戦闘ではなく、法的闘争だと思いたいですが、仮に、この状況のままバイデン候補が当選となれば、テキサス州と同調している州側はこれを認めず、自分たちの大統領とはみなさないでしょう。そうすると、次に何が起こるのか。

一般の我々がこれだけの情報を得ることができるということは、実際にはもっと多くの重大な情報が当事者の中では握られていると考えるのが普通だと思います。我々は表面の事象を見ているだけでしょう。

また、今日は米国内の中国の資産凍結というニュースもありました。これも平時の動きではないでしょうし、いろいろ繋げていくと、真実に近い像が作られていくのかもしれません。

2年前に亡くなった勝谷さんは、広く表に出ている報道を読みこみ、繋げて、何が動いているのかを読み取っていましたね。あれからもう2年か。今、この世の中の動きを見て、何を話すか聞いてみたい。
コメントする
コメント