CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«米国大統領選第1回討論会を観て | Main | ソロモン諸島陥落...新型コロナ»
パラオ独立記念日・ミクロネシア大統領サミット! [2020年10月01日(Thu)]

今日は、パラオ独立26周年の記念日です。
おめでとうございます!

そして、何と、ミクロネシア大統領サミットが、今年の議長国パラオのレメンゲサウ大統領の対面で行いたいとの強い希望で、昨日9/30と明日10/2に開催されています。

ミクロネシア大統領サミットは、2003年に始まり、対象国はパラオ、ミクロネシア連邦、マーシャルの米国自由連合国、ナウル、キリバスになりますが、2年前までは、米国自由連合国3国によるものでした。それが、サブリージョナル枠組みの重要性が高まるにつれ、ナウル、キリバスも参加するようになりました。

今回は、ナウル航空をチャーターすることで、人の移動が可能となり、結果、ナウル、マーシャル、パラオの大統領が対面で参加、ミクロネシア連邦とキリバスの大統領がヴァーチャルで参加ということです。

ミクロネシア連邦とキリバスは、新型コロナに対する国内の意見のせいか、国内対策の日程のためか、国を離れられなかったようです。中国国慶節(10/1)のイベントがあるのかもしれないですね。


ここで、うがった見方をすると、ちょっと気になることがあります。
・なぜ、レメンゲサウ大統領は対面にこだわったのか。
・対面の参加国は、パラオ、マーシャル、ナウル。
・ナウル航空チャーター費は。

前に、エスパー長官の話でも書きましたが、対面にこだわる理由は、直接伝えなければならないことがあったり、会議以外での雑談、対話、リトリートでの本音の話し合いにあったりします。

一つの大きなトピックは、次期PIF事務局長ポストに関するもので、次はミクロネシア地域からという紳士協定が無視され、南側から4名も候補が立てられました。ミクロネシア地域5カ国として立てたのはマーシャルのザキオス駐米大使。確か母親がパラオ人で、マーシャルとパラオの候補との見方もできます。もともと、南側の空気感が強いPIFの枠組みからは、パラオは是々非々で距離を置くことがありました。PIF総会をホストしたときも、事務局から嫌がらせに感じられるチクチクした指示があり、いいイメージはあまりないものと思います。

そこで、今回の紳士協定が破られることがあれば、離脱もあり得るでしょう。PIF事務局自体、5年前とは雰囲気も変わってきているし。中国の影響も強くなったし。

これ以上書くのはやめますが、上述の3つのポイント、8月からここまでのパラオを取り巻く動き、4月以降のミクロネシア地域での動き、9月の国連、これらを俯瞰してみると、かなり興味深い状況だと思います。

レメンゲサウ大統領が、次の大統領のために、道を刻んでくれるでしょう。
コメントする
コメント