CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«AIのやつ | Main | ベルサイユ条約»
メラニア トランプ大統領夫人のスピーチ [2020年08月27日(Thu)]

今年も3分の2が過ぎていくところですが、年末に向け、太平洋島嶼国や周辺環境がざわついており、デリケートというかセンシティブというか、そのような話題になりがちなので、ブログに書くのは気をつけるようにしています。現実的な話が多いので、個別に意見交換ができればいいなと思います。

さて、今朝のニュースでしたか、米国のメラニア大統領夫人のスピーチが取り上げられていました。米国発の報道だったと思いますが、スピーチの内容を好意的に取り上げたものや、ある有名女優が夫人の訛りのある英語を嘲笑したというものがありました。その両方に興味があったので、業務後、FOXでスピーチ全体を聞きました。

画面を見た第一印象は、映画「アイアン・スカイ」。もしくは欧州戦線の戦時中。

しかし、大統領自身もそうですが、元々、政治の世界を目指していた人ではないし、プロフェッショナルに洗練されていないスピーチが、かえって良い印象に繋がり、メラニア夫人の人生そのものについて興味がわいてきました。

スピーチの中で、共産主義時代のスロベニアで育ち、26歳の時にチャンスの国である米国に来て、米国市民になりたいと勉強をし、10年後に市民権を獲得した(その間に永住権をとり、トランプ大統領と結婚したようです)ということを話していたところに、心がひかれました。

共産主義社会を実際に経験していること、大人になってから米国に移住したこと、違法ではなく、10年で市民権を獲得したことなど、識者や政治家の話を含めて、今まで聞いてきた中で最も素直に言葉が届きました。評論ではなく、リアル。

洗練された政治エリートの相手を攻撃したり、しゃれた言葉を使ったり、観衆を煽ったりするスピーチよりも、何か心に届くものがあったように思います。

おそらく米国に自由とチャンスを求めて移住し、トランプ氏に出会い、ファーストレディになった。予期せぬ人生だったのではないか。故に、外から見た米国へのあこがれの気持ちもわかるだろうし、そのような国であってほしいと。

自分は米国に住んでいるわけでもないし、直接関わりがあるわけではないですが、友人たちがたくさんいるミクロネシア3国には影響が出るだろうし、共和党、民主党、どちらが勝つにしても、米国内の分断と弱体化は避けてほしいと思います。

そうそう、で思ったのは、今の世の中は、情報があふれていて、時間も限られているし、全てに目を通すことは不可能です。

自分は時々、あえて情報を自分からとりにいかずに、自然と自分に届く情報を待つ、辻占のような状況を作ることがあります。本当に必要なものは、残るものだというか。通常はダーッとヘッドラインを見て、気になるものは内容をざっと読み、気になればさらに情報を探します。

このメラニア夫人のニュースでは、配信元が抜粋したものから得た印象と、実際にスピーチ全体を聞いた時に受けた印象が異なっていました。自分の感覚を信じていいのかどうか迷いますが、多かれ少なかれ、現在のニュースにはこのような問題があるように思います。

誰かの作ったサマリーや評価ではなく、時間があるなら、フィルターをできるだけ通さないところに手を伸ばし、自分の感覚を信じてみるべきかと(勘違いや間違いは当然あるとは思いますが)。
コメントする
コメント