CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«こびりつく汚れ | Main | 現在の太平洋島嶼地域の関心事項»
サマー・オブ・ラブって... [2020年06月16日(Tue)]

英語の感覚を回復させようとFOX Newsをつけていると、「Summer Of Love」という言葉が盛んに出てきました。米国シアトル市の”自治区”に関するもののようでした。
「Summer Of Love」という言葉で、パッと思い浮かんだのが、関係あるかどうかは別として、ラヴィン•スプーンフルのサマー・イン・ザ・シティとか、ジャニス・ジョプリンとか。

上記の自治区が作られたことに関して、FOX Newsでは、不法地帯、トランプ大統領は無政府主義者によるものと、発言を報じていました。この自治区について、当のシアトル市長が、「Summer Of Love」と表現したことで、ああ、という雰囲気のコメントが飛び交っていました。

熱狂的ムーブメントの頂点という意味なのかどうか、ちょっとよくわかりませんが、当事者である行政の長が...という感じ。

アメリカは大丈夫なのでしょうか...。

あとは大統領選に関して、党員集会の話。バイデン候補の発言とか。

FOX Newsだからかもしれませんが、日本で普通のメディアから得るイメージと、違って感じられます。
コメントする
コメント