CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«米国・米国自由連合国、コンパクト交渉開始(5/27) | Main | NHKニュースにマーシャルの名前が。。。»
第51回太平洋諸島フォーラム会議延期の可能性 [2020年06月03日(Wed)]

先ほど、PIF事務局より、開催国のバヌアツから、新型コロナパンデミックにより、本年8/4-7に予定されていた第51回会議を来年へ延期するのはどうかとの正式な話があったとの発表がありました。

1971年から始まったフォーラム会議ですが、1972年と1976年に2回開催されたことはありましたが、開かれなかった年はなかったのではないかと思います。

フォーラム会議は、その開催までの過程を含め、地域政策の方向性を探る上で重要な機会です。また今回は、次期事務局長の話や、来年予定されている第9回太平洋・島サミットとの関連も注目されていました。

遠隔会議形式で形を変えて開催するのか、来年開催する場合でも、どのように進めるのか(1回なのか、2回なのか)など、今後の発表を待ちたいと思います。


どこかの時点で、コロナ後の新しいスタンダード、太平洋島嶼型ニュー・ノーマルを議論することになるのではないかと思いますが、現地状況を踏まえると、まだまだそのような段階ではないのでしょう。
コメントする
コメント