CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パラオ観光客数70%減の予測(3/24) | Main | 新しい形態への移行過程?»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
落ち着いて備えましょう。 [2020年03月25日(Wed)]

3月17日、安倍総理がオリンピックは完全な形で実現することでG7の支持を得たと発言しました(完全じゃなければできないとの話ですよね)。


3月22日、NHKスペシャル「パンデミックとの闘い〜感染拡大は封じ込められるか〜」で、専門家の押谷先生が強い危機感と我々一般市民の認識や行動のギャップについて、現実的で非常に厳しい視点で話されていました。


3月24日、オリンピックを延期でIOCと日本が合意。その前に、カナダやオーストラリアなどがボイコットを表明していたので、すでに完全な形での開催は不可能と言う形になっていました。

色々な人が言っている通り、責任の問題、金融市場の動向など、タイミングをはからなければならないんだと思います。


今日、テレワークで、個別にインド人の友人とアメリカ人の友人と、これらの動きと言うのは、新しい局面を示すサインもしくはトリガーと言うことなのだろうと、話していました。

先週末の3連休、ここにも書きましたが、東京都内では、まるで新型コロナの感染問題は無いように錯覚するほど、とても穏やかな雰囲気だったが、大丈夫なのかと。

今日も食材を調達に外に出ると、目黒川沿いにたくさんの人、人、人。

例えばネット上に流れているイタリアで新型コロナに感染し入院している方のビデオや、イギリスで入院してる方のビデオでは、感染し症状が悪化するまで、まさか自分がこのような状態になるとは、まさか自分の住んでいる街がこのような状態になるとは考えていなかったと。そして数日の間に、急速に状況が悪化していったと話していました。

で、その友人2人とは、まるで我々はイタリアとかロンドンなどで人が油断していた時期と同じ局面にいるのかもしれないなと。


そして、今日3月25日、東京で40人以上の新しい感染者が見つかったという報道があり、小池都知事の記者会見が開かれました。(身近な著名人の感染例も多く目にするようになりました)

世界各国の行政の長がそれぞれ記者会見をしてきましたが、いずれも、まずは可能性に関して少しずつ言葉を表に出し、例えばカタカナ語ですね、実際に少しずつ、対応を強化して行く流れが共通しています。

今日は日経を始め、世界の金融市場が急騰したので、仮に非常に厳しい情報が出たとしても、急落に耐えられるマージンを確保済み。

小池都知事は、今日、今週末の不要不急の外出は自粛するよう要請しました。国としては、新型インフルエンザ等特別措置法が改正され、準備はできている。

この段階で済めば良いですが、先週1週間の行動の結果は、来週再来週に出てくるので、楽観視できません。

全体の流れの中で、あまりにも世界各国で行われていることで、実感がありませんが、行政の長がこのような要請を出すと言う事は、平時ではないと言うこと。

これから来る波のピークを低く押さえることができるのか、あるいは級数的に変化してしまうか。

出来るだけ引きこもって、備えましょう。
コメントする
コメント