CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«フィジー・スバ市で初の新型コロナ感染者判明(3/24) | Main | フィジー、新型コロナ5人目の感染者判明(3/25)»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
フィジー・バイニマラマ首相の発言(3/24) [2020年03月24日(Tue)]

自分がフィジーにいた時期、大型サイクロンが迫り、災害発生が予測されると、バイニマラマ首相は「Brace(備えよ)」と言い、家庭では女性、お年寄り、子どもを守れ。避難所に移動せよ、などと端的に、明確に国民にメッセージを出していました。さすが元軍司令官。政府要人にも元軍人が多いため、淡々と合理的な動きがあったと記憶しています。

フィジーの災害時の動きというのは、小国、地域においては、いつか今回の災害を乗り越えたときに大いに参考になるのではないかと思っています。

先ほど、フィジーで、これまでの3人とは別系統の4人目の感染者が判明し、重要な局面に至っていると書きましたが、今日の午後、バイニマラマ首相が国民に向けてメッセージを発しています。

https://www.fijitimes.com/covid-19-all-fijians-should-avoid-all-non-essential-travel/

・フィジー国内にいる全てのフィジー人へ、不要不急の移動、地区(4つあり、州のような行政単位)を超えたり、島間の移動も避けること。
・子供はずっと家にいること。お年寄りもずっと家にいること。大黒柱は仕事に行ってまっすぐ家に帰ること。その他の人々は、全ての動きは自身と他者の健康のために。
・食べ物、薬、お金の引き出し、その他の必要なサービスを受けるために外出することは可能。
・野外で安全に運動するのも大丈夫、ただし、他者から十分な距離を置くこと。
・絶対的な必要性がない限り、友人や家族を訪問しないこと。
・パーティを開いたり、不必要な長居をしないこと。見知らぬ人とつるまないこと。

(私見)
こういった内容を読むと、各国の生活の匂いが少し感じられてきます。フィジーでは、このような災害時には、国の次の行政単位であるDivision(地区)単位で管理・対応します。

フィジーの行政単位であるDivisionを地区と訳しますが、意味としては州と同等で各DivisionにCommissioner(長官)がいます。その地区の下に全部合わせて14のProvince(県)、その下に市町村の行政単位があります。

うる覚えですが、これとは別に、先住民系フィジー人(イタウケイ)の伝統的社会構造には、3つのconfederacy(同盟とか連合とか)があり、その下にVanuaバヌア(土地)、Yavusaヤブサ(部族)、mataqaliマタンガリ(氏族)、tokatokaトカトカ(家族)の単位があります。各マタンガリには、トゥランガ、バティなど、マタンガリの酋長、戦士、大工であったりと伝統的役割が受け継がれています。現代社会においては、そのような伝統的役割に関わらず、職についています。


恐らく冗談だと思いますが、ある時、フィジー人の友人が、「スバ市からやや離れた山岳地帯に、非常に強い戦士のマタンガリがあり、治安が悪化したり、クーデターが起こる際には、底から伝統的戦士の血をひく人々が下りてくる」と話していたことがあります。
コメントする
コメント