CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ミクロネシア連邦、州による対応の違い(3/23) | Main | フィジー・スバ市で初の新型コロナ感染者判明(3/24)»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
フィジー、国内取締りに関する記事(3/23) [2020年03月24日(Tue)]

フィジーでは、新型コロナウィルス感染者が判明した3/19以降、感染者一家の居住する西部ラウトカ市を中心とするラウトカ地域を封鎖していますが、この制限を破ったとして、12人が捕まったとの記事(3/23付)。

https://fijisun.com.fj/2020/03/23/12-people-front-court-for-breaching-lockdown-conditions-in-lautoka/

名前も写真も何を破ったのか記載されており、保釈金を払って次の裁判所出頭を待つ状況のようです。



もう一つは、やはりフィジーで、偽のニュースを広めた疑いで裁判にかけられるという記事。

https://fijisun.com.fj/2020/03/23/makoi-man-to-front-court-for-publishing-and-broadcasting-false-news/

3/20,21に、フェースブックを通じて、首都スバ市にあるCWM病院で新型コロナ陽性例について、嘘の情報を流したことで住民に恐れと心配を招いたという容疑。

(私見)
フィジーで生活していた経験上、現地の人たちは、新聞情報が全て正しいとは思っておらず、例えば政府が情報を隠していると見る人も少なくないため、個人が発するSNS上の情報を信用する面があると思います(実際にメディアにでないか、出る前の情報で、正しいものも少なくない)。

2つの記事とも、パニック防止、住民の統制を見据えた、見せしめの意味合いがありそうです。
コメントする
コメント