CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ミクロネシア連邦市民のグアム空港立ち往生SNS情報否定 | Main | フィジーで3人目の感染者、グアムは感染者数27人に(3/23)»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
パラオ、ほぼ全てのフライト運休へ(3/20付現地紙) [2020年03月22日(Sun)]

パラオの3/20付アイランド・タイムズ紙が報じています。

http://islandtimes.us/nearly-all-flights-to-palau-suspended/

次の内容が記載されています。
・台湾の中華航空(CI)、3/26−4/19、台北―パラオ便、運休(これまで週3か4)
・ユナイテッド航空(UA)、3/21以降、グアム−パラオ−マニラ、マニラ―パラオ−グアム便、運休(通常それぞれ週3便)
・ユナイテッド航空(UA)、3/26以降、上記を含め、グアム−パラオ便、週1便に減便(上記を含めこれまで週6便)
・大韓航空(KE)、インチョン−パラオ便、運休中(再開未定)(これまで週2?)
・アシアナ航空(OZ)、3/26-4/19、インチョン−パラオ便、運休(これまで週2?)
・キャロライン諸島航空(ミクロネシア連邦の航空会社のはず)、パラオ−ヤップ便、金曜−土曜の週1便
・日本航空(JL)チャーター便、3/20, 24, 28は予定どおり運航。(その後は不明)
・T-way(韓国)、スカイマーク、Skyangor(スカイ・アンコール、カンボジアの航空会社、インチョンベース?)、Lanmei(カンボジアの航空会社、プノンペンベース?)は、現状、運行予定なし(いずれもチャーター便)。


これにより、3/26以降、パラオへのアクセスは(もしくはパラオから海外へのルートは)、グアムとの週1便のみとなります。

-----------------------
(私見)
日本からパラオへは、グアム経由で可能かもしれませんが、検疫が厳しく、14日間は身動きがとれなくなりそうです。米国本土、ハワイ州の状況も影響していると見られますが、現在グアムが災害宣言すべきとの声が出始めているなど、深刻さが増してきています。

欧州諸国、米国本土、オーストラリアの状況を振り返れば、最初の感染者が見つかってから(最初の症状が明らかな感染者であり、潜在的に何倍もの無症状感染者がいると考えられる。この無症状の人たちが感染を広げている可能性もありという状況)、最初の1〜2週間は感染者数が少なく落ち着いていましたが、3週目を過ぎる頃から、感染者数が急激に増大していきました。

グアムでは、そのようなことにならないことを願います。(グアムの人口は約16万で、数字上は規模としてサモア(約19万)、トンガ(約10万)、キリバス(約11万)、ミクロネシア連邦(約11万)と同等)



コメントする
コメント