CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«米宇宙軍、グアム基地に関する記事など | Main | JTQ、コーヒー、チョコパイ»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
JICAボランティア一時帰国のニュース(3/19) [2020年03月21日(Sat)]

協力隊OVでもあり、目につきました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031900514&g=int

局地的にクーデターがあったりする場合に、隊員の一時帰国ということはあったと思いますが、全ボランティア一時帰国というのは初めて聞きました。また、過去に比べ、決定が早いように思います。それだけ、各地で危機感が高まっているということでしょうか。

開発途上国での危険性(保健医療上の脆弱性)だけでなく、先進国においても鎖国状況が進み、空路がどんどん閉ざされているので、現地に取り残さないために早急な対応が必要となったのではないかと思います。

帰国隊員は、自宅待機になるのか、訓練所待機となるのか、どうでしたっけ?全隊員が帰国となると訓練所は難しいので、自宅もしくは自分で滞在先を決めるのか?残り任期が半年を切っていれば、これで任期満了かもしれませんね。


太平洋島嶼国だけを見ても、豪州、オークランド、グアム、台湾、マニラ、インチョン、米国など急速にクローズ状況に進んでおり、隊員以外でも現地に入っている方々が、帰国に制約を受ける可能性があることが気になります。

フィジー航空は、ナンディ〜シンガポール以外の国際便を全て停止するとのニュースもありました。ニュージーランド航空、ユナイテッド航空も大幅な減便となり、各地の空港に到達できても、14日間隔離とか難しい状況となってきています。
コメントする
コメント