CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«トンガ(2) | Main | フィジーで新型コロナ検査可能に»
トンガのトゥイバカノ元首相に有罪判決(2) [2020年03月11日(Wed)]

このようにトンガについて振り返ると、今回のトゥイバカノ元首相裁判の見え方が変わってきます。

1つは、民主化運動の視点。

トンガの平民は民主化を望む声が強い一方で、王族や貴族は権利をできるだけ守りたい。そのため、アキリシ・ポヒバ首相は厄介な相手であった。トゥイバカノ元首相の容疑についても、民主化が進み、ポヒバ政権ができたことで2015年に表に出てきたもの。(過去の記事のどこかにトゥイバカノ元首相は王族と縁戚関係にあるとありました。)しかし、裁判は一向に進まない。

2019年9月にアキリシ・ポヒバ首相が逝去。

今年に入り、トゥイバカノ元首相の裁判への動きが出始め、当初9つあった容疑は、中国関連含む6つの容疑が王室の権限で却下され、先日裁判で残り3つの容疑について有罪判決があった。


もう一つは、中国関連。

王室と中国は親密な関係にあることがよくわかります。あまり目立ちませんが、ピロレブ王女は民間で活動されていますが、王女の名前がメディアに出るときには、中国関連の場合がよくあります。

今回は、トゥイバカノ元首相の容疑のうち、王室の権限で中国関連が却下されました。


トゥイバカノ元首相の裁判という小さな記事でしたが、このように読み解くと見方が変わってくると思います。

トンガでは依然として、王族・貴族と平民の関係(民主化、議会、人権)、王族と中国の関係が、大きな要素として存在しています。


自分が太平洋島嶼国関係の報道を読む場合には、基本的にこのように背景を探ります。今回は時間があるので、その一例を共有させていただきました。
コメントする
コメント