CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新型コロナウィルスによるパラオ観光部門への影響 | Main | ボーダー»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
マーシャル諸島で初の新型コロナウィルス感染の疑い [2020年03月05日(Thu)]

マーシャル諸島のラングリン国家災害管理局長が、現地保健次官による3/5付通達を共有してくれました。

同通達によると、本日3/5、新型コロナウィルス19感染の疑いのある初のケースが確認されたとのこと。現地では該当者をPUI:Person Under Investigationとして、感染者ではないと強調しています。

その人物は、マジュロ在住の66歳の男性で、先ごろ、米国ワシントン州から帰国したそうです。検体は米国CDCに送られ、検査結果を待つ段階とのこと。

またマーシャル諸島政府は、WHOおよび米国CDCと日常的に連絡を取っているそうです。


以下、私見になります。

先日のパラオでの疑いのケースは米国から渡航した米国人、今回の疑いについては米国から帰国したマーシャル人です。パラオへの渡航やマーシャルへの帰国など、母数がそれほど多くないケースだと思います。そう考えると、米国内では、既に市中感染が広がっている可能性があるのではないでしょうか(印象では、マーシャルの人は、アーカンソー州、ハワイ州、カリフォルニア州サクラメント、ワシントン州シアトルに居住するケースが多いように思います)。

米国からマーシャルへの渡航は、ハワイ経由となるのが一般的です(他にはグアム経由もあるが...)。


実際の感染拡大への対応の深刻さに加え、おそらく各国の外交当局は外交的イメージに関する戦いが行われているのだと思います。特に途上国におけるWHOの影響力は非常に強く、少なくとも日本が悪者と印象づけられないように注意が必要でしょう。

WHOのサイトを見ると、台湾は中国の一部として扱われています。かといって中国当局が台湾当局を管轄しているわけではなく、台湾はWHOの枠組みから外れたまま、おそらく安全保障上の脅威として、当初から強い危機感をもって対応にあたっていると思われます。WHOに影響されない故に、台湾では素早い対応ができていたのかもしれません。

ちなみに、各国の連携先は、パラオが台湾CDCと米国CDC、マーシャルがWHOと米国CDC、トンガがWHOとニュージーランドとなっています。
コメントする
コメント