CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«デービッド・カブア新政権 | Main | 太平洋島嶼国シンポジウム「日本・太平洋島嶼国の相互協力関係強化に向けた議論」(1/29開催)»
1/29(水) 開催 太平洋島嶼国関連シンポジウムのご案内 [2020年01月20日(Mon)]

現在準備中のイベント(まだ準備中か!)についてご案内いたします。

来週水曜、1/29 午後3時〜6時、虎ノ門の笹川平和財団ビル11階国際会議場にて、太平洋島嶼国関連のシンポジウムを開催します。

タイトルは、カッティングエッジ#7 ポストPALM8シンポジウム「日本・太平洋島嶼国の相互協力関係強化に向けた議論 〜太平洋島嶼地域秩序の多層構造と地域安全保障の実態を探る〜」

太平洋島嶼国から、前フィジー駐米大使で昨年11月に太平洋諸島開発フォーラム(PIDF)事務局長に就任されたソロ・マラ大使、フィジー、マーシャル、パラオ、ナウル、ツバルの災害管理局長らを招き、太平洋島嶼国の実態を探り、日本と太平洋島嶼国の相互協力強化の議論に繋げられればと考えています。

全体の流れとしては、

1.講演(広い視点での地域把握―水平方向と垂直方向)
・地域秩序の多層構造の紹介(塩澤)
・マラ大使基調講演「PIDFの取り組み、特に住民の声を国際社会に繋げる試み」
・UNDPフィジーのナニセ専門家講演(オンライン)「太平洋島嶼地域ガバナンス支援プロジェクトの紹介」
・ボッザト マルタ騎士団ナウル大使(駐台湾)講演「気候変動と地域安全保障の繋がり」

2.パネルディスカッション
・ソコ フィジー災害管理局長講演「フィジーでの近年の災害史、現地マネージメント体制」
・ラングリン マーシャル諸島災害管理局長講演「マーシャル諸島が行った、サモア麻疹大流行から国を守る取り組み」
・パネルディスカッション(1の内容、上記講演を踏まえ)「日本が如何にして島嶼国との相互関係を強化できるか」

サブ面でもロジ面でも不安満載なのですが、もしご関心のある方がいらっしゃいましたら、お時間を確保していただければと思います(定員70名)。財団ウェブ上に案内が出ましたら、改めてここでご紹介します。

もし、私のメールアドレスをご存知でしたら、直接ご連絡いただいても大丈夫です。

よろしくお願いします。

46EA77C9-CE55-479E-B859-670957A8DED2.jpeg
H.E. マタイトンガ 駐日フィジー大使

909D43AE-A854-4E85-93D0-F64B6C1D0ECD.jpeg
スメオ・シル ツバル国家災害管理局長

2F8644E3-BDF4-478F-A2C3-D69A17FB7D50.jpeg
H.E. ソロ・マラ PIDF事務局長(左)、右はチームリーダーのキニさん。

コメントする
コメント