CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«11/18マーシャル諸島総選挙 | Main | 続マーシャル諸島総選挙2019»
通信状態が... [2019年11月18日(Mon)]

3年前のパラオよりも通信状態が悪く、いつ切れるかわからない状況です。
この2日ほど、そんな状態なので、昨晩などは部屋にあった聖書をちょっと読んでました(自分はナチュラルに神道で、墓は曹洞宗です)。

最初しか読んでないのがバレバレですが、Genesisを読んでいると、まるで古事記や日本書紀の最初の部分を読んでいるようでした。

また、パラオの太陽と月に関するある神話が、旧約聖書の話を否定することになるなど、やはりキリスト教の人が多いパラオで神話があまり積極的に話されないことが少し分かった気がします。

あとはアダムから始まり(ジェンダーの平等を主張する人はどう捉えるのか興味がありますが)、ノア、ボブ・ディランの歌の一説にもある「ノアの虹」、セム、ハム、ヤペテやバベルの塔の話(これらがさらっと書かれていることに驚く)、で大体30歳前後で子供を持ち、その後数百年後にまた子供を持って亡くなるという記述が続きます。

多くの個人名と数字が繰り返されるので、これは本当は何か違うことを表そうとしているのではないかと、思えてきます。

原文はヘブライ語なんでしょうか。日本語ではなく英語の文を読んでそう思ったので、元の言語がわかって原文を読めれば、もっと何かをつかめそうな気もします。

フランス語はほとんど分かりませんが、例えば、ランボー詩集、例えばイリュミナシオンをフランス語で読めて、音を聴ければ、印象は異なるはず。

ボブ・ディランとか、アレン・ギンズバーグとかは、英語なのである程度分かり、生きた英語を知らない時期よりも今の方がこう映画を見ているように、イメージが膨らみます。

Desolation Rowとか、Visions of Johannaとか、Mr. Tambourine Manとか、All Along The Watchtowerとか、Leopard-Skin Pill-Box Hatとか、Mississippiとか、Beyond Here Lies Nothin'とか、Pay In Bloodとか、Blood In My Eyesとか...。

そういえば、ニュージーランドの友人が言っていました。ニュージーランドの英語は書いて読むものだが、アメリカの英語はストーリーテリングみたいだと。
コメントする
コメント