CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«走る! | Main | 日パラオ外交関係樹立25周年記念式典»
これまでの講演や発表のまとめ [2019年11月12日(Tue)]

昨日、当財団海洋政策研究所(OPRI)主催の日パラオ国交25周年記念シンポジウムで発表させていただきました。

これまでさまざまな立場で太平洋島嶼地域に関わってきましたが、島嶼学会に加盟しているわけでもなく、発表する機会も論文を投稿する機会も無かったのですが、2015年11月に財団に復帰し、当財団笹川太平洋島嶼国基金が安全保障研究グループの太平洋島嶼国事業となってから、2018年以降に発表や講演の機会をいただけるようになりました。

ちょうど良い機会なので、これまでの主な発表・講演をリスト化してみます。

1. 2018年1月30日 笹川平和財団(東京都港区)
笹川平和財団主催国際シンポジウム(公開)
カッティングエッジ#4
「第8回太平洋・島サミットの成功に向けた提言」
タイトル:"Realizing Eco-Conscious Tourism in Palau" (英語)

2. 2018年5月23日 笹川平和財団(東京都港区)
新アメリカ安全保障センター(CNAS)・笹川平和財団共催ワークショップ(非公開)
「Workshop in Tokyo on Strategic Response to China's Belt and Road Initiative」
タイトル:"Regional Order and China in the Pacific Islands Region"(英語)

3. 2018年6月23日 明治学園中学高等学校(福岡県北九州市)(非公開)
タイトル:「パラオ概要」(日本語)

4. 2018年8月25日 明治学園中学高等学校(福岡県北九州市)(非公開)
タイトル:「パラオにおける地域密着型エコツーリズム導入に向けた取り組み」(日本語)

5. 2018年10月1日 シェラトン・アギ―・グレイス・ホテル&バンガロー(アピア、サモア)
サモア観光局(STA)主催ラウンドテーブル(公開)
「UNESCO Roundtable On Building Sustainable Tourism For Green/Blue Livelihoods in Pacific Island Countries and Territories」
タイトル:"Valuing the Environment, People and Culture in Palau" (英語)

6. 2018年12月4日 パレイシア・ホテル(コロール、パラオ)
パラオ政府主催セミナー(公開)
「Japan - Palau Trade, Investment and Tourism Seminar」
タイトル:"Community Based Eco Tourism in Palau" (英語)

7. 2018年12月18日 笹川平和財団(東京都港区)
笹川平和財団主催ポストPALM8ラウンドテーブル(公開)
カッティングエッジ#5 
「For Enhancing Sustainable Economic Relationship Between Pacific Island Countries and Japan」
タイトル:"Environmentally Conscious Tourism Project: talk about Realizing Community Based Eco-Tourism for Sustainable Tourism in Palau"(英語)

8. 2019年1月26日 全国町村会館(東京都千代田区)
一般社団法人 平和・安全保障研究所(RIPS)主催セミナー(公開)
「太平洋島嶼国の地域秩序の変容と日本の役割」
タイトル:"太平洋島嶼地域秩序を構成する多層的枠組みと地域秩序の変化"(日本語)

9. 2019年2月19日 フィジー産業貿易観光省(スバ、フィジー)(非公開)
タイトル:"Community Based Eco Tourism Project in Palau: How to connect dots for designing tour plans"(英語)

10. 2019年3月14日 Mellow Fields Hotel(台北市天母)
台湾国際協力基金(Taiwan ICDF)主催ワークショップ(公開)
「Workshop on Ecotourism Promotion」
タイトル: "Community Based Eco Tourism Project in the Republic of Palau" (英語)

11. 2019年3月26日 笹川平和財団(東京都港区)
笹川平和財団主催セミナー(非公開)
カッティングエッジ#6
「The Pacific Islands Regional Security after PALM8 and Boe Declaration 2018」
タイトル:"Regional Frameworks- 基本的な太平洋島嶼地域枠組み"(日本語)

12.  2019年4月18日 一般財団法人世界政経調査会 国際情勢研究所(東京都港区)
同研究所主催講演会(非公開)
タイトル:"太平洋島嶼国の安全保障環境と最近の動向"(日本語)

13. 2019年9月18日 コロンビア大学(米国、ニューヨーク)
台湾ICDF・コロンビア大学共催セミナー(公開)
「Adaptive Human-Centered Technology Against Climate Change」
タイトル:"Cycle Dialogue Method for Realizing Environmentally Conscious Tourism in the Republic of Palau"(英語)

14. 2019年9月20日 イーストウェスト・センター(米国、ワシントンDC)
同センター主催ラウンドテーブル(非公開)
タイトル:"New Factors For Changing Pacific Islands Regional Order After 50th PIF Summit" (英語)

15. 2019年11月11日 笹川平和財団(東京都港区)
海洋政策研究所(OPRI)主催 国際シンポジウム(公開)
「Achieving a Sustainable Ocean - Palau’s Initiatives and International Partnership」
タイトル:"The Project for Realizing Environmentally Conscious Tourism in the Republic of Palau" (英語)

執筆(正式なものは以下の2つのみ)
1. 「新しいステージに向かう日本と太平洋島嶼関係(1)ー福島県いわき市での第8回太平洋・島サミットの意義」(笹川平和財団 国際情報ネットワーク分析IINA)(2018年8月1日)

2. 「近年の太平洋島嶼国を巡る情勢変化と日本の役割」(海洋政策研究所 OPRI Newsletter No. 453)(2019年6月20日)

自分が持つ情報や分析を残すためにも、もっと執筆を増やさないと。IINAについても(1)としつつ止まっています。もう少し頑張らないと。

正式には2つのみですが、例えば上の1のIINAの記事について言えば、1年半が経ち、現在の日本政府の積極的な活動や米国、NZ政府の動きをみると、それほどズレてはいないかと。

また、さまざまな現地活動を行う中、走りながらの発表や執筆ですが、下記のように並べると、自分なりに一貫性があるかと思います(崖っぷちにいるのか、尖っているのか)。

(これ以前の取り組みは省略)
(1)2018年1月30日カッティングエッジ#4
「第8回太平洋・島サミットの成功に向けた提言」(自分のプレゼンではなく、提言)

(2)2018年5月23日新アメリカ安全保障センター(CNAS)・笹川平和財団共催ワークショップ(非公開)
「Workshop in Tokyo on Strategic Response to China's Belt and Road Initiative」
タイトル:"Regional Order and China in the Pacific Islands Region"(英語)

(3)2018年8月1日「新しいステージに向かう日本と太平洋島嶼関係(1)ー福島県いわき市での第8回太平洋・島サミットの意義」(笹川平和財団 国際情報ネットワーク分析IINA)

(4)2019年1月26日平和・安全保障研究所(RIPS)主催セミナー(公開)
「太平洋島嶼国の地域秩序の変容と日本の役割」
タイトル:"太平洋島嶼地域秩序を構成する多層的枠組みと地域秩序の変化"(日本語)

(5)2019年3月26日カッティングエッジ#6(非公開)
「The Pacific Islands Regional Security after PALM8 and Boe Declaration 2018」
タイトル:"Regional Frameworks- 基本的な太平洋島嶼地域枠組み"(日本語)

(6)2019年4月18日国際情勢研究所主催講演会(非公開)
タイトル:"太平洋島嶼国の安全保障環境と最近の動向"(日本語)

(7)2019年6月20日「近年の太平洋島嶼国を巡る情勢変化と日本の役割」(海洋政策研究所 OPRI Newsletter No. 453)

(8)2019年9月20日 イーストウェスト・センター(米国、ワシントンDC)主催ラウンドテーブル(非公開)
タイトル:"New Factors For Changing Pacific Islands Regional Order After 50th PIF Summit" (英語)


太平洋島嶼国情勢(島嶼国側からの視点、中台関係含む)、地域密着型エコツーリズム、いくつかの島嶼国の深堀り(パラオ、マーシャル、フィジーなど)、現地活動、島嶼国の開発協力、カジュアルな島嶼国の話などについて、プレゼンや講演等の御要望がありましたら、財団お問い合わせフォームか代表電からご連絡下さい。
電話 03-5157-5430

私の連絡先をご存じの方は、直接ご連絡をいただければと思います。(出張が多いので、メールだと助かります)

日程、目的、内容によりますが、全国駆けつけたいと思います。自分の勉強の機会になるので、基本的に諸謝金は必要ありません。

太平洋島嶼国にご関心がありましたら、よろしくお願いします。


コメントする
コメント