CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«カッキジェ、マガエ、キキ | Main | ミクロネシア連邦大統領»
マーシャルのアミモノ [2019年05月11日(Sat)]

この10年、いくつかの太平洋島嶼国をまわり、先日、久しぶりにマーシャルに行きました。
かつてマーシャルに住んでいた時は、アミモノ(パンダナスの葉などを自然に漂白し、編み上げて作る伝統的民芸品。磨いた宝貝などを装飾に利用することもある)なんてそこら中にあるし、普通のものと思っていました。

しかし、あちこち他の島嶼国をまわり、各地で似たような民芸品を見て、今回マーシャルのアミモノを見ると、その良さに改めて気づかされました。

94D4DEC7-4697-4310-9083-0959B0188D4C.jpeg

この3年、地域密着型エコツーリズムに関わってきたことで、物の見方が変わってきたことも要因かもしれません。

マーシャルのアミモノを見ると、その丁寧な編み込み方、繊細さ、色など、他に比べて秀でているように見えます。

551B0982-93CC-4506-AE5D-D12A409BB7C6.jpeg

秀でているというと語弊があるでしょうか。

陸地面積が大きく、木材のある島で作られたアミモノでは土を感じますが、マーシャルのものは、環礁と砂浜、青いラグーン、乾いた空気と澄み切った空、白い鳥、マーシャルのおばちゃんたちの手を感じます。

140DE125-10D1-46E0-8C0A-E8FFEEA6B41B.jpeg
これはアミモノではありませんが、フィジー離任時に、当時のアクバル女性子供貧困削減大臣から頂いたもの。ハードウッドとマシ(タパ)で作られたもの。

そういえば、フィジーでは結構、マホガニーなどのハードウッドに見せかけて、柔らかな木材でタノアや伝統的道具を模したものを作り、ただ色を塗っているものがあります。

自分は現地のおばちゃんにつられてよくそういうものを買っていました。それらは軽かったり、色が落ちたり、壊れやすかったりします。値段も安めで、素朴な手作りだし、まあ、そういう土産物なのでしょう。

地域密着型エコツーリズムに関わっていると、物そのものよりも、その物に関するストーリー、例えば、どのように手に入れ、どのようにここまで渡ってきたかなどに価値を見出すようになります。

今回のアミモノは、価格としては数千円のものですが、記憶が保存されています。
コメントする
コメント