CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«フィジー内政 | Main | グッドガバナンス»
パラオの地域密着型エコツーリズムとフィジー [2019年02月20日(Wed)]

BE388DC7-1329-4117-A4DC-DFF30204CE21.jpeg
友達の猫。ティンカーベルじゃなくて、何かそんな感じの名前だったのだけれど、、、結局触らせてくれなかった。

昨日、フィジー外務省の事務官に挨拶に行った際、話の流れでパラオで行っている地域密着型エコツーリズムの話をしたところ、何かピンと来た様子でした。

昨夕、その事務官から、明日(今日)の9時に、産業貿易観光省の観光課長(Director Tourism)と会合をセットしたとの連絡がありました。

地域密着型ツーリズムがエコツーリズムの1つの形態ということは知っているのですが、一般的にエコツーリズムは自然環境に関わるもので、地域密着型は地域の文化に関わるようなイメージがある中で、自分のプロジェクトは「地域住民がイニシアチブを持ち、自然と文化と伝承などを活用するエコツーリズムなのだ」と主張するために、あえて「地域密着型エコツーリズム」と呼んでいます。頭痛が痛いと似たような感じかもしれませんが。

B35F93B9-F2AC-4037-9F57-F5C5E8967591.jpeg

それで、今朝9時から先方2人を相手に、当財団の紹介に続き、昨年12月にパラオでのビジネスミッションの際に作成したパワポを使って、パラオでの取り組みをダーっと説明したところ、「合わせたい人がいる。午後3時にまた来てくれないか?」と頼まれ、午後にまた顔を出しました。午前の会議は45分程度。

予定をやりくりして同省に戻ると、人が増えていました。遺跡担当課長やコミュニティ担当課長らが集結していました。

そこで、もう一度パラオでの取り組みをパワポファイルを使って、特に下記にポイントを置いて説明してみました。

・自然環境、文化、遺跡などの適切な観光利用は、住民によるそれらの持続可能な保全につながる。(熊野古道で学んだこと)
・ローインパクト、ハイバリュー。
・コミュニティにお金が流れるように設計する。

4段階のステップ
1. 概念の理解(上記など)
2. 日常生活から観光資源の発掘、フェノロジーカレンダーとその作成過程の活用
3. ツアープラニングとローカルガイド育成
4. ローカルレベルの運営能力強化、プロモーション

さらに聞いてるみんなの様子を見て、特に2で多くの点となる観光資源を発見し、3でそれらをどのように、テーマや住民が伝えたいことを骨として、つなげ、点を線にするか、という話を強調してみました。

すると彼らの間で議論が始まります。

57BBCC2B-C2C3-47CB-B3B2-6F4DDA174809.jpeg

彼らが懸念している町があるのですが、パラオでも経験しましたが、すでに彼らはその町について海外から支援を受けて、遺跡のマッピングやフェノロジーカレンダー作成などは終えたものの、そこで支援者がプロジェクトの目的を達成したとして帰ってしまい、地域住民の間でニッチもサッチも行かない状況で、スタックしているとのことでした。

つまり、ステップ2と3の間にあり、どのように次に進めればいいのか、さらにどのように住民を巻き込むかというところで、悩んでいたと言います。

そこで自分の経験をもとに、失敗談も含めて伝えたところ、何かピンと来た様子で、彼らだけで議論がまた始まります。

そして質問や議論が始まり、自分からは、ヒントになるかと思い、いろいろな話を共有してみました。

例えば、州と国のデリケートな関係。

例えば、こちらのプロジェクトでは対象となるのは10の州で、最初は公平に各知事あてに国の大臣レターとうちらのレターを届けて、8州が参加。しかし2州が抜け、昨年は4州にまで減り、後半6州になった。自分は残っている州をサバイバーと呼んでいて、1つでも2つでも生き残ってツアーを実現できれば、それがモデルとなり、他の州が参加するようになると期待している。フィジーでは州ではなく、村(コロ)とかコミュニティ(マタンガリ)とかになるかもしれない。

例えば、我々は学術論文を作成しようとしているのではなく、シビアな民間ビジネス部門でのリアルな経済活動につなげようとしていること。


この午後の会議は2時間を超えました。

我々のパラオでの取り組みが、何かヒントになったようで、現在の彼らの行き詰まりの状況を改善させるため、早速コミュニティとの取り組みを始めるとのことでした。

パラオのような小さい国の話とフィジーのような地域では大きい国の話は、今一つ繋がらないと思っていましたが、もしかすると有効なのかも。
コメントする
コメント