• もっと見る

«パラオのネット環境と新たな問題 | Main | 1/26セミナーでの話、地域機関と中国・台湾の話。»
中国が太平洋諸島フォーラムで台湾排除に向けたロビー活動というニュース [2019年02月14日(Thu)]

ちょっと気になります。

https://www.abc.net.au/news/2019-02-14/beijing-lobbying-pacific-nations-to-recognise-one-china-policy/10809412

前職で、PIF事務局での開発パートナー会合に参加したことがありますが、当時議長国はクックかサモアか。2013年頃だったと思います。その際、会議サマリーにTaiwanと記載されていたことが発端となり、中国代表団と台湾代表団と議長の間で激しいやり取りがあったことがあります。他の出席者(開発パートナーや太平洋島嶼国各国代表ら)はうんざりしていたり、少し呆れていたりというところでしたが、一方、中国側はそこまで台湾を排除するような雰囲気はありませんでした。

昨年のナウルでのPIF年次総会の際の中国代表団の振る舞いもそうでしたが、かえって余裕がないように見えます。

これだけ現地に認められているのに、、、というか、認められているから、ここで本気でつぶしにかかったということなのかもしれません。

太平洋島嶼地域では、中国を重要な開発パートナーと認識している国が増えているし、IMFの資料などを見ても、中国の資金が地域の経済成長に貢献していることが認識されていたりします。ただし、太平洋島嶼国側は、自由と民主主義が基盤にある点は、頭に入れておいた方が良いように思います。
コメントする
コメント