CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«DAY1〜ポンペイ | Main | DAY3: ポンペイ〜パラオ»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
DAY2〜ポンペイ [2010年11月01日(Mon)]

11月1日(月)。天気よし。

7時(日本時間5時)起床。何やら様子がおかしい。

10時からのキャプテン・マティアスとのパラオ会議に向けた事務作業のための面会準備を始めようとしていると、いつまでも薄暗く、30分ほどして停電であることを認識。とりあえずシャワーひねるとお湯は出ました。感謝。

9時20分頃、誰かがドアを叩くので開けてみると、キャプテン・マティアス!「大臣が待ってるから、迎えに来たぜ!」と(言っているようでした)。全くの予定外で、ちょっとビビりました。

あわてて着替え、首都パリキールの運輸通信省に到着。イティマイ大臣とは、3月の東京会議以来。あの時は空き時間の秋葉原迷走を含めいろいろありましたが、親しく思っていただけているようで、ありがたい限りです。

↓右:イティマイ大臣、左:キャプテン・マティアス



その後、いろいろありましたが、夕方近くになり、ひと段落したので故ピウス長官の墓参りへ。



ポンペイ空港から見える大きな岩山の向こう側の高台にあります。


急勾配の先の不便な場所ですが、もともとピウスさんの土地で、農作物を植えていたそうです。しかし昨年9月にピウスさんの奥さんが自動車で坂から転落して亡くなり、それを気にピウスさんが家を建て、内装や家具などそろえていたのですが、9月に亡くなってしまいました。家の話や子供や甥っ子などの話を7月のソロモンで伺っていたので、懐かしく感じました。




最後は、亡くなった夫人が生前養子とした女の子と。右奥が夫人、左がピウスさんのお墓です。



コメントする
コメント