CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«PNG APECについてフィジーの話を少しだけ。 | Main | パラオ地域密着型エコツーリズム日本研修(8)»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
2018フィジー選挙の暫定結果報道 [2018年11月18日(Sun)]

まだ確定ではないようですが、下記の記事が出ていました。

http://fijivillage.com/news-feature/FijiFirst-to-form-government-with-27-seats-9r25ks/
合計数が合わないので、最後の1-2議席が変わる可能性があるのだと思いますが、与党フィジーファースト27、野党ソデルパ21、NFP3と出ています。

これが最終結果となった場合、FF5議席減、ソデルパ5〜6議席増、ランブカ元首相の出馬で、ソデルパが躍進したと言えるでしょう。

与党27、議会野党23ということで、FFはこれまで以上に、丁寧な議会運営が必要になると思いますし、ランブカ元首相の登場で、強い野党が生まれ、議会での活発な議論が行われることになるでしょう。

この結果わかることは、フィジーの選挙制度は巧みに計算されて設計されたもので、人気のある1人か2人の候補がいるかいないかで結果が大きく左右されること。また、ほぼ直接的に首相を選択する性格のあるものと言えると思います。
コメントする
コメント