CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
計算ミス+中国ソロモン関係 [2022年05月08日(Sun)]

昨日、残り7時間としていましたが、11時間の間違いでした。あと、5時間必要。今日は諦めようか…。

中国・ソロモンの安保協定に絡んで、豪州がやり玉に上がり、選挙も近いので現政権批判にも利用されているようです。

しかし、これはこの3〜4年の話ではなく、政治的には、少なくとも2000年ごろからの豪州・ソロモン関係、とりわけソガバレ首相の歴史が関わっています。

さらに遡れば、感情的には植民地時代、独立後の根底にある住民の認識も影響しているでしょう。

中国は、豪州をはじめ、米国、NZ、日本、とりわけ豪州が慌てていることをしっかり見ています。今回の件は、地域を見ていれば以前から可能性を想定できていたものだし、先進国インテリジェンスの人たちのは想定の範囲内だと思います。

先進国側は慌てる必要はなく、冷静に次の2手、3手先の対応を進めれば良いでしょう。

フィジーの2006年から2016年ごろの動きが参考になります。

ただし、ソロモン諸島とフィジーには大きな違いがあります。例えば、

1. フィジーは軍事暫定政権であったことから、自ら主導してロジカルにしっかりと仕事を進める能力がありました。
2. インド系フィジー人の存在により、自ら画期的な経済・財政政策を立案し遂行する能力がありました。都市部の発展、教育レベル、多民族国家であることなども関係しています。
3. 明確な国の開発プランがありました。知識層も深い。

そういった国主導の考えの下で、先進国の制裁の中、中国がプレゼンスを高め、フィジーの特別な友人になりましたが、民政復帰後、先進国の関与が高まり、中国は多くの友人の一人になりました。フィジーは自らの正義に基づき、中国に対し、言うことは言うという強さもあります。

その点から言えば、ソロモン諸島は脆さがあると言えます。その脆さが、どちらに影響するかは今後の関与次第。日本は他の島嶼国とともに役割を担えるポジションにあると思います。
ちょっとしたブレイクスルー [2022年05月08日(Sun)]

今日は、BOSSの小さいエレクトリックギター用のアンプが届いたので、グレッチ6120ブルーを鳴らしました。アンプからちゃんと音を出すのは何年ぶりだろうか。20年近くやってなかったか。

小さいアンプなのに、歪みも抜けもまあ素人には良い感じ。昔覚えたボブ・ディランの「All Along The Watchtower」と佐野元春の「国のための準備」を弾き、いろいろ思い出しながら弾き続けて、気づくと2時間。作業に戻りました。


先ほど書いた作業(というか勉強。筋トレに近い)については、あと7時間で終わる計算。さっきはエポックメイキングと書いたけれども、ちょっとしたブレイクスルーの方が合っているかも。目が開く感じ。(ちょっとしたものは、ブレイクスルーとは言わないか…)

まあ、それが終わっても終わりがこない取り組みなのですが、その先の課題に取り組むには、越えなければならない壁。

まずは一眠りして、あと7時間。
ちょっとした妥協と工夫 [2022年05月07日(Sat)]

今日、ある仕事について新しいやり方を試したところ、少しだけ妥協する面もありましたが、作業時間を3分の1程度に短縮できました。慣れればもう少し短くできそうです。
体の面でも精神面でも大きな負担軽減になり、おそらく全体的な仕事の質の向上に繋がります。エポックメイキングというほどのものではないですが、自分の中ではエポックメイキング。

簡単なことなのに、なぜ、今まで気づかなかったのか。

何が大きいかというと、この作業を行う時に、少なくとも3時間程度集中できる時間が必要だったものが、2〜30分まとまった時間があれば作業を進められるという点。細切れでも、集中力を取り戻せるというところ。

小さな出来事ですが、GWの最後に大きな進展がありました。きっと今後の地域情勢分析に活かすことができます。
宿題1/X 完了 [2022年05月06日(Fri)]

今日は暦どおり出勤(在宅)。
一連の連絡を(今、一つ思い出しましたが)済ませ、午後遅くから、7週間分溜まったニュースの整理を始めました。

休み休みで7時間で、終了。地域の流れが一部掴めました。

ソロモン諸島のソガバレ首相の発言、フィジーの選挙に向けた動き、米国の地域関与強化方法など、予想どおりと言えます。

確か3月末のブエブエナートで話していた方向のままと言ったらいいのか。

もう一つ、整理しなければならないので、それは明日できれば。興味が湧くと12時間とかぶっ続けで調べ物をしてしまうので、きっとやれるでしょう。

ブエブエナートリンクはこちら。

再生数一桁はここだけの話のようである意味、貴重かも。
GWも後半 [2022年05月04日(Wed)]

GWも後半に入りました。

昨日はパラオ、フィジー、米国などから連絡があり、なんやかんやで時間が過ぎてしまいました。彼らには平日なので容赦なし。

今日こそは、気合を入れ直して宿題をと考えていましたが、天気も良いし、ビールでも飲もうと思ったのが運のつき。ゴジラ対キングコングなど、見逃していた映画を観はじめて一日が終わります。

負傷していた足首は、先週、ほぼ普通に歩けるようになりましたが、まだ一部危険な角度があるので、走るのはまだ怖い。医者の先生の診断どおりです。焦ることなく、回復を待ちます。

これまで、まとまった休みは短期合宿のように頭と体を鍛える機会として活用してきましたが、今回は仕方がない。


そういえば数日前、ガスが1日使えないことがありました。何かおかしいなと思いながら気づいたのが夜になってから。外の元栓を復旧させれば良いだけのことでしたが、しばらく原因が分からずあたふたし、ガスが使えない不便さを少し思い出しました。その日は災害の始まりの夢で目が覚めたので、おかしな1日でした。

そんなこともあり、今日は防災グッズを確認し、非常時用の飲料水を追加し、ゴミ捨て、洗濯、そして魚を焼いて(最近、コマイという魚の一夜干しにはまっている)、酒を飲み、映画を観て、クダを巻いて、今に至る。あとは楽器を弾き、本を読んで、明日に備えてよく寝ましょう。

世の中いろいろなことがありますが、まずは自分の立ち位置を確認し、心身の健全性を保ち、しっかり生活することが大切だと思います。
ブレーキングニュース:中国・ソロモン諸島安保協定(2022/4/25) [2022年04月27日(Wed)]

先週発表された中国・ソロモン諸島安全保障協定に関する記事をアップしました。全体的な背景について解説しました。ソロモン諸島(特にソガバレ首相)が親豪州というわけではない、現在のフィジーのような自立を目指しているという視点に立つと、見えてくるものがあります。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220425-1.html
全治2週間といったところ。 [2022年04月23日(Sat)]

足を引き摺りながら病院に行き、足首のレントゲンを撮り、診察を受けたところ、幸い骨に異常なし。靭帯と軟骨が傷んでるようで全治2週間。骨についてお医者さんが丁寧に説明してくれて、勉強になりました。
足首を固定し、痛み止めと湿布で、回復するまで出来るだけ安静にするようにということでした。若い時に包帯の巻き方を教わったので、少し復習。ここでも理にかなった説明を受け、手際の良さに、プロの素晴らしさを感じました。

今回は、ただ普通の道を歩っていて足を捻っただけなのですが、病院でも、薬局でも、「運動で傷めたのですか」と聞かれ、少し恥ずかしかった。

歳なんだろうなと思いつつ、足を引き摺りながら、道を行き交う人に思いを馳せる一日。
South China Morning Post 記事(4/23) [2022年04月23日(Sat)]

挫いた足の状態が極めて悪く、このあと病院に行く予定です。折れてなければ良いのですが。

さて、今朝、中国ソロモンの安保協定に関するSouth China Morning Post紙の記事に、コメントが掲載されました。

今回で3、4回目だと思いますが、記者の方は丹念に広く識者に取材し、それぞれのコメントを掲載することで、事実関係の理解に努めているように思えます。

記事リンクはこちらです。無料で読めるのかはわかりません。


足挫く [2022年04月21日(Thu)]

今日、職場との行き帰り、歩いていて、右足首2回、左の足首を1回捻りました。ちょっとしたところで、グキッと。
一日にこれほど捻ったことはありません。雪道でもないのに、歩くのが少し怖くなりました。
昔から足を捻りやすいのでブーツを履くようにしているのですが、履いていなかったら、まずかったかもしれない。

よくわからないけれども、おそらく週末2回続けて出張に被っていたので、疲れが溜まっているのでしょう。年度末、年度始めも忙しかったし。休養、休養。
3年前のOcean Newsletter [2022年04月21日(Thu)]

今日、職場に行くと150人のオピニオンX
CAD46DAC-40A2-4697-B356-09183F03C66C.jpeg

自分が3年前に書いたものも入っていました。


3年前のものですが、現在の地域情勢に繋がる内容になっていると思います。キリバス、ソロモン諸島の中国へのシフト前の内容です。

お時間がありましたら、改めてご一読ください。
パラオ渡航で(2022年4月時点) [2022年04月19日(Tue)]

今回、グアム経由でパラオに1週間程度出張しました。グアム経由故に、グアムの渡航要件、パラオの渡航要件の両方をクリアしなければなりません。メモ代わりにどんな感じだったか書き残します。陰性証明は、米国入国に関しては出発の前日以内のもの、パラオについては入国の3日前以内のものが求められます。

前提として、3回目のワクチン接種を受けているとします。コロナ感染を防ぐうえで有効(後述するかも)であり、さまざまな場面で手続きが簡略化されます。

・ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を入手する。マイナンバーカードがあればデジタルで容易に確保できますが、無い場合は役所で申請し受け取ります。実際には紙で持っていた方が良いです。空港のチェックインカウンターで見せました。
・日本からの出国前日、PCR検査を受け陰性証明を受ける。陰性証明もチェックイン時に必要です。
・今回は往復ともユナイテッド航空を利用しましたが、ワクチン接種証明書と陰性証明書オンラインで同航空ウェブサイトでアップするとアーリーチェックインが可能で、グアム入国時の誓約書も回答することになります。ESTAもあった方が良いでしょう。

とにかく、搭乗できるかどうかは上記の書類によります。他国から日本経由でパラオに向かおうとした方で、陰性証明書に不備があり、搭乗できなかった方がいました。なお、機内と空港内ではマスク着用必須です。

・グアム到着後、グアムではトランジットであっても一旦イミグレと税関を通って、入国しなければなりませんが、イミグレも税関もコロナ前と対応は変わりませんでした。
・グアムからパラオへのフライトについては、上記書類を用意していたことでチェックインはできており、問題なく搭乗できました。
・パラオ入国時、イミグレの前に、ワクチン接種証明書と陰性証明書を提示するプロセスがあります。それを提示することで入国者にリストバンドを装着。PCR検査を受け陰性となるまで外してもらえません。
・イミグレでは通常通り帰りのEチケットを見せ、パラオプレッジにサインで完了。
・税関もコロナ前と変わらず。

・今回はOOCという会議が開催され、同会議会場には到着後のPCR検査で陰性になり、リストバンドが取れないと入場できないルールがありました。ただ、すでに陰性で入国していることから、マスク着用以外行動制限はありませんでした。
・通常は入国後数日後にPCR検査(鼻腔)がありますが、今回は到着翌日には検査を受けることができました。はれて陰性と結果が出ればバンドが切られ、屋外ではマスク無しで過ごせます。屋内ではマスク必須。
・入国後の待機期間や、PCR検査のタイミングは、OOC前とは異なるので、OOC後の渡航については確認が必要です。以前は5日間自己隔離、4日後にPCR検査などありました。

1月〜3月にパラオでアウトブレイクがあったときには、感染を拡大させてしまった人の一人は、グアムから帰国したパラオ人で、グアムから搭乗時も入国後も4日目のテストでも陰性だったそうです。しかし、8日目にテストすると陽性となるなど、ウイルスの増加過程が異なっているとの話も以前ありました。

・パラオ出国前は、またグアム経由なので、出発前日(未明便の場合はほぼ当日の昼間)にPCR検査(鼻腔)を受けると、数時間で検査結果を書面で受け取ることができます。
・パラオの空港でのチェックイン時には、日本への渡航要件が重要で、誓約書など示さなければなりません。ユナイテッド航空のオンラインチェックインの際には、ワクチンパスポート、陰性証明のアップロード、誓約書への回答を行う必要があり、日本渡航のためのエントリーシートのアップロードも求められます。これらがクリアできないとチェックインできません。
・エントリーシートが分からず混乱しましたが、MySOS(アプリ)のQRコードでその代わりとなりました。MySOSでは必要書類のアップロード、誓約書の提出など、4つのステップがあります。

・グアム入国時の手続きは上述のとおり。

・日本入国後は、日本居住者であること、MySOSが完了しグリーンになっていれば、いくつかのプロセスを経て、唾液によるPCR検査を実施、陰性となれば晴れて入国できます。また特定国・地域を訪問していなければ、3回の接種完了者は自己隔離期間はありません。

結局、PCR検査は、日本出国前日、パラオ到着後、パラオ出国前日、日本到着後の4回受けることになりました。

しかし、3回接種していれば、思ったよりも渡航はしやすいように思います。重症化率の低いオミクロン株、ワクチン接種の広がりにより、人の往来はある程度まで回復可能と理解できました。

また、空港での検査に関わっている人々は、大変な業務を担っており、感謝しかありません。
地域密着型エコツーリズム再開 [2022年04月16日(Sat)]

3年間の休止期間を経て、今月から地域密着型エコツーリズムの取り組みが再開されました。
396EDA75-8D50-4CE2-8BF1-2F90C7FE5A50.jpeg

A31E451B-EF5B-41CA-A665-5125F5B64A54.jpeg

今回のパラオ訪問中、自分はこれまでの繋がりを再確認するようになり、リユニオンの様相となりました。

エコツーは先月から、現地に残した友人らとともに再開の機会を探っていましたが、今回パイロットを実施。

事前のワークショップや4日前に異なるグループを対象にパイロットツアーを行ったこともあり、思っていた以上にしっかりツアーが遂行されました。

我々外国人の指導ではなく、彼ら自身でここまでできるというのは、誇らしいし、今後の発展に期待が持てます。
頑張りまっしょい! [2022年04月13日(Wed)]

昨日はサプライズで南太平洋観光機構SPTO事務局長のクリスさんと再会。

220932A5-983C-42D7-8E47-D46A965A9668.jpeg

本気の議論もありましたがそれはまた別の機会として。4年ぶりかな。豪州がブリスベンからパラオまでチャーター便を出したことで、南からもパラオにたくさん到着しました。

南太平洋のみなさんも基本遠隔会議ばかりだったそうで、機内はさながら同窓会のような盛り上がりがあったそうです。


A2BB2240-D850-46B3-A261-33B884FF627E.jpeg

さて、パラオは完全に天気回復。
今日も一日頑張りまっしょい!
何と! [2022年04月12日(Tue)]

数日前からパラオに来ています。コロナ対応もしっかりなされており、日本からパラオへの渡航(グアム経由ですが)は難しくない印象。
直行便ならもっと楽で、あとはパラオ側がどれだけ腹をくくれるか。

ワクチンを3回受け、グアム経由なので出発前日にPCR、到着後に抗原検査で陰性であれば、外ではマスク無しで過ごせます。久しぶりの開放感を味わえます。

昨日は何と、こんなことがありました。

BFDEA861-5A34-4517-9D4A-126421425F15.jpeg

分かる人は分かる。ウィップス大統領とプナPIF事務局長。青い服の女性は台湾大使。

個人的には5〜6年ぶりに何人もの友人に会えました。グスタフさん(国務大臣)は変わらず元気で、10数年の付き合いなので、「兄弟!」といった感じ。そういえば、前政権の外交手法に反対していたんでした。

現地ではPNMS(マリンサンクチュアリ)を経済のために解除すべきという政権側と、反対する環境保護側・市民・伝統的酋長側で対立があります。どちらに側にも親しい友人がいますが、皆、政治も絡んでいるので、巻き込まれないようにと忠告してくれました。

背景にはコロナで観光部門がほぼゼロになり、民間にお金が落ちなくなったこと。マジックは入漁料収入で、これはナウル協定の仕組みにより、パラオは他国に権利を売ることができるので、自国EEZで操業が減少しても入漁料収入を変わらず得ています。マリンサンクチュアリ解除で考えられる変化は、パラオ国内で外国漁船が活動できるようになることで、寄港した際の経済活動が増えること。あとは操業を認める代わりに漁業者側に何か求めるもかもしれないですね。マーシャルやPNGでは現地への投資を求めることがあり、日本側は応じられず、他の漁業国が投資して、、、という話もありました。
ひえっ [2022年04月08日(Fri)]

原稿を書き終わり、久しぶりに外を走ってくると、それぞれ関連性がないのに、あちこちからメールが届いていました。
豪州、DC、パラオ、東京。昼間にも、3〜4年前にお世話になったメディアの方から連絡があり(取材とかではなく雑談)、それぞれに関連性が無いのですが、自分の中ではたまたま考えていた幾つかの要素とそれぞれ繋がってたりするので、タイムリーに感じます。むしろ「何で頭の中、知ってんの?」と少し怖い。

先ほどは、原稿を見直して少し修正して送ってから、既に送る前に届いていた送り先とは違う組織の人からのメールを読むと、まさに今まとめて書いて送った内容と被っているという。

しばらく、英語での生活をしていないので、頭と耳と口を慣らしていかないと、やっていけなそう。
宿題1つクリア [2022年04月08日(Fri)]

先月、ある海外の団体から英語で1000語ほどの原稿を頼まれました。自分のボランティア、外交官、笹川での研究員としてのキャリアを評価していただき、あるテーマについて書いて欲しいというありがたい話でしたが、地域情勢や世界情勢の変化が大きく、なかなか焦点を絞れず、進めることができませんでした。
今週に入り、歩いたり、シャワーに浴びながら考えていると、少しずつポイントが見え始め、ここ3日ほど書いては消し、書いては消し、と思考の試行錯誤を繰り返しました。しかし、結局、白紙のまま。締め切りが迫り、今後の業務予定も増えていきます。

ところが、今日、フワフワ漂っていたポイントがシュッっと集約され、まず日本語で書き込んで行き。先ほど英訳が終わりました。

予定より、36時間早く完了。

もう一度見直してから、送付し、次の作業に移ります。
海洋白書2022 [2022年04月07日(Thu)]

「海洋白書2022」完成しました!
3D677011-52EB-43F1-993C-FBF1B8D79F3C.jpeg

私も寄稿させていただくことになり、昨年末から年始にかけて太平洋島嶼地域のガバナンスの観点から原稿を書きましたが、その内容が次第に世界情勢と関連してきたように思います。

同書では、p.92から第4章第2節「PALM9と太平洋島嶼国のガバナンス」として掲載されています。おそらく海洋白書の中では異質の内容でありますが、2022年3月時点の地域の現状を書き留めたものとなりました。

ここから、新たな取り組みが始まります。
ふと思うこと [2022年04月06日(Wed)]

ロシアのウクライナ侵攻について、人の繋がりがあり、兄弟や親戚のような関係なので、残虐な行為はないだろうという見方があったと思います。
しかし、ソ連時代、自分がまだ10代で、海外に行ったこともない頃に、日本で受けていたソ連の印象は、自国民に対する厳しさと恐怖でした。

現状を報道で見て、自国民であろうが、そのような行為を行っていた国であったことを思い出しました。
第4回クロシオブエブエナート(3/26)後半、動画アップしました。 [2022年04月02日(Sat)]

3月26日に開催した私的ウェビナー「第4回クロシオブエブエナート」後半の動画6本アップしました。これで今回のものは終わりです。次回はおそらく6月ごろ。

1. NZ・フィジー防衛協定(3/21)
https://youtu.be/942l8dDuvV0

2. 中国・ソロモン諸島安保協定情報リーク(3/24)
https://youtu.be/etlQU7gnbss

3. PNG総選挙(6月ごろ)
https://youtu.be/HfdyI-e8Woc

4. 豪州総選挙(〜5月)
https://youtu.be/kzGCqe_eLwE

5. フィジー総選挙(8月〜10月?)
https://youtu.be/e-7fxMPV9Hc

6. ニューカレドニア
https://youtu.be/nCpdBLffeIY

トンガの友人 [2022年04月02日(Sat)]

トンガでは、コロナ対策のロックダウンが続いています。
先日、現地の友人に様子を聞いたところ、農地は火山灰でやられ、ロックダウンで商売もできず、家族で部屋にこもり、非常に苦しいと、これまでにない悲壮感が伝わってきました。

このタイミングかと思い、2週間程度の生活費を送りました。

土曜には、町に出られるということで、今日受け取りに行ったようで、今朝早く(向こうは3時間進んでる)、メッセンジャーのビデオ通話で起こされました。(昨晩はいつの間にかソファーで寝てしまっていた)

F8F1C74A-C08E-4548-B005-2A627E64D8BE.jpeg

0194E10B-F6AF-435A-B1A1-890F16280A5D.jpeg

まあ、先日より強さを取り戻し、声にハリが戻っていたので、しばらくは大丈夫でしょう。

お返しという意味だと思いますが、自分が死ぬまで小さな土地を貸してくれると言っていました。何か現地と繋がりができるようで、ありがたく気持ちをいただきました。

農業も再開すると言っていたので、数週間後、また様子を確認してみましょう。
| 次へ