CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月11日

報告:GK北区レポート(写真付き)

おはようございます、自殺予防団体-SPbyMD-の土屋さつきです。10月10日(土)10時〜16時、札幌市北区民センターで「こころの通う対話のできるゲートキーパー養成講習」を開講しました。今回のプログラムは以下の通りでした。
________
10:00 オリエンテーション
10:10 グラフで学ぶ若者自殺の深刻さ
10:30 トイレ休憩
10:35 統合失調症から学ぶ自殺予防と支援
11:30 受講者交流コーナー
11:45 ランチタイム
12:50 こころの通う悩みの聴き方〈対話法〉
13:35 トイレ休憩
13:45 こころの通う悩みの聴き方〈対話法〉
14:20 トイレ休憩
14:30 伝達前整理チェックリストの使い方
15:00 ゲートキーパーのためのストレスコーピング教室
16:00 終了
________


(写真:演習に取り組む風景)


(写真:受講者の質問に真摯に答える講師のウチダ氏)

私の前半の担当講義では精神障害を扱い、通常は「双極性障害から学ぶ自殺予防と支援」なのですが、前回の深川市で開講した回から「統合失調症から学ぶ自殺予防と支援」に切り替えてお話しています。この統合失調症は私の親友が患っていた精神障害で、自殺と深い関わりのあるものです。


(写真:受講風景をパノラマ撮影)

ところで今日は、眠剤を誤って多く服用してしまったせいで朝になっても効果が抜けず、呂律がうまく回らない体調でした。必死に話そうとしたけれど、なかなかうまく話すことができず、たどたどさが目立ってしまいました。次から、薬は一錠と用量を守りたいと思います、反省…。

さて、この「統合失調症」という精神障害に切り替えて講義を行う回では、通常の私自身が患っている精神障害でもある「双極性障害」よりも内容が一段と難しく、どのように表現していいかわからないほどです。それでも、親友が自殺に追い込まれるまで侵された病気なので、私の役目だという気持ちで、しっかりと受講者に伝えなければならないと思い私なりに頑張りました。たどたどしさがまだ残りますが、頑張ったつもりです。

そして、講習の締めくくりに行なった「ゲートキーパーのためのストレスコーピング教室」も私の担当講義でした。気軽にできるメンタルセルフケアとしてパステルアートを紹介し、受講者にも実際に描いて楽しんでいただきました。10月10日は、世界メンタルヘルスデーというWHOが定める国際啓発記念日なので「健康」または「健康づくり」をテーマにしました。ワイワイとにぎやかに会話も弾ませながら、大変楽しんでもらうことができました。


(写真:パステル画材)

作品が全員完成した後は、まぁるく輪になって、自分の作品を見せあっこしました。そのときの楽しさったら他に類を見ない盛り上がりようでした!みんな自分の作品に込めた思いを語り合い、お互いの作品を褒め合いました。受講者のこの笑顔のために、私はパステルアートを教えたんだと思うと、大変うれしく思いました。きっと親友も、空から見守ってくれているのだと思います。


(写真:まぁるく輪になって作品を見せあっこ)

さて、今回も「統合失調症」という難しいテーマを取り上げて「こころの通う対話のできるゲートキーパー養成講習」に挑みました。たどたどしさが残る結果となりましたが、自分なりに一生懸命やったつもりです。それが受講者に伝わっているのだと信じたいところです。反省を生かして次回は、練習を何度も行なったり、処方された薬の量を守り、精神障害に対する理解をしっかり伝えていきたいと思います。

本日お越しいただいた6名の受講者には、とても感謝します!足を運んでいただいてありがとうございました。


(写真:受講記念写真)

以上
講師 土屋さつき
posted by 内田 at 04:36 | TrackBack(0) | 活動報告

2020年10月03日

代表就任あいさつ

自殺予防団体-SPbyMD-のメンバーのみなさん。
この度、代表者選出立候補および投票の実施によって、
代表に就任いたしました土屋さつきです。

代表といっても、
自殺予防団体-SPbyMD-はピラミッド組織ではなくなったため
特別な権限はありません。

ポジションとしても皆さんと同様、
「いちメンバー」に変わりありません。
「いちメンバー」として今まで通り活動していく所存です。

私が代表者選出立候補に名乗りを上げた理由は、
後援申請や助成金申請などの対外的な書類等を書く際に
自殺予防団体-SPbyMD-の事務所を置いている
「道民の自殺予防拠点~めいめい~」の管理運営責任者である
私の方がスムーズにいけるのではないかと思っただけです。

私は、今も「代表」は、設立者でもあり、
一番この自殺予防に命を燃やしている内田貴之氏が
良いのではと思っています。

ですが、内田氏は、
自分の就労継続支援の仕事と自殺予防の活動の2つを
2つとも全力でやっている状態なので、
少しでも負担を分散してあげれればと思い、
代表という名を私が引き受けました。

私も自分の仕事も自殺予防のこの活動も
全力で頑張っていきたいと思っているので、
メンバーみなさんの力をお借りして、

一人でも多くのゲートキーパーを世に送り出し、
一人でも自殺者を少なくし、
自殺者0の世の中が来るように、
みなさんと頑張っていきたいと思っていますので、

これからも、メンバーの一人として、
なにとぞよろしくお願いいたします。

自殺予防団体-SPbyMD-
代表 土屋さつき
posted by 内田 at 22:55 | TrackBack(0) | 活動報告

報告:GK深川遠征合宿レポート(写真付き)

GK深川遠征合宿レポート

2020年9月25日から26日にかけて、久しぶりの遠征合宿タイプのGK養成講習を行いました。今回は、みんな仕事帰りで20時札幌出発ということで、お疲れモードでしたが、私は、ウチダ氏の車にリョウスケ君と一緒に乗り、楽しくおしゃべりをしながらの深川入り(25日21時頃)。


(写真:フロントライトと道端の反射板だけが頼り…。)

深川に入ったらまず、親友のが眠るお墓へ行ったのはいいが、街灯がひとつもない真っ暗闇の山の中…。かすかに反射する道路脇の反射板だけを頼りに…。結局どこの駐車場かさえわからず、夜のお墓参りは断念しました(21時50分頃)。

そして、ラ・カンパーニュホテル深川でチェックイン。その際にホテル側から、深川の特産物が詰め込まれたお土産をくれたのは予想外で、とても素晴らしい最高のおもてなしで、とても良いホテルをえらんでよかったと思いました。部屋もとても広くて、満足。


(写真:深川の特産物お米で作られた多種多彩なお菓子)

チェックインをして部屋に重たい荷物を置いたあとは、予約してあった「いろはにほてと深川店」で翌日の講習本番に向けた決起集会!しゃぶしゃぶ食べ放題で、たくさんのお肉と野菜とアルコールを楽しみました。…ただ、注文の取り方が独特で一同困り果てました。でも、肉も野菜もアルコールも全部、おいしくいただきました(23時半頃)。


(写真:しゃぶしゃぶ食べ放題コース)


(写真:ノンアルビールを味わうタケウチ氏)

そして、ホテルの部屋に戻ってから「一杯やろう♪」と思った私は、自販機のあるフロアへ一人向かいました。缶チューハイとビールのボタンを連続して押したら、自販機の取り出し口が詰まる事件発生!!!困り果てた私は、酔いつぶれて寝ていたウチダ氏を叩き起こし、何とか取り出してもらえ解決。おいしくいただきました。夜の晩酌するも途中で、眠くなり、気づいたら翌朝に。

さて、ホテルの朝食は、焼き鮭・イクラ・おひたし・煮物、そのほかいろんなおかずがあって、とても満足!!コーヒーマシンで「マキアート」となるものを初めて、飲んですごくおいしかった。とても満足な朝食で英気を養いました(26日7時30分頃)。


(写真:肝心の料理があまり見えません…。)

そして、いよいよ講習本番。深川市生きがい文化センターに行き、会場設営へ(8時45分)。今回は、珍しく、和室ということで、新鮮な感じでスタート。今回の受講者は、一般3名、メンバー2人。


(写真:玄関で受講者をお出迎え)


(写真:会場設営の様子)

私の講演は、今回は開催地の深川が自殺した親友の眠る場所ということで特別な思いがあり、いつも双極性障害を題材にするところを、親友にちなんで「統合失調症」をテーマに変えました。そのせいか、なんか緊張して、たじたじでした。練習不足か…初の題材だったのか、定かではないが。


(写真:養成講習の風景)

でも、親友が眠るこの深川で親友のことをいっぱい語ることができました。きっと親友も見ていると信じて、講演させていただきました。そして、パステル教室も、親友と一緒にやる夢が叶いました。そうして終わったGK養成講習in深川は、とても楽しく終わりました(16時頃)。


(写真:習った技法をすぐに実践して作品づくり)


(写真:パステルアート教室の風景)

帰りに、昨日いけなかった親友のお墓参りを、メンバーみんなでできたことを感謝します。親友に、「今、みんなと頑張ってるんだ、見守っていてね。いっしょにパステル完成させてくれてありがとうね。」と思い、お墓参りをしました(17時頃)。


(写真:親友が眠る深川市共同墓「やすらぎの丘」)

そして帰り道に、ネコバスが置いてあるという噂の「戸外炉(ととろ)峠」に寄りました(17時半頃)。観光スポットとしても有名とのこと。


(写真:記念写真)


(写真:明るく見えますが実際は17時半なので暗いんですよ)

ちなみに、峠の駐車場からは深川市が一望できる展望デッキも。


(写真:展望デッキからの眺めにウットリ)


(写真:暗かったので鮮やかに補正を…!

歌志内のチロルの湯に行きました。そこで夕飯を食べて(19時頃)、温泉へ。程よくいい湯加減で、何時間でも入れるようなとても気持ちいい湯加減でした。人がいなかったので、きっとここにも親友がいるのではないかと想定して、昨日の反省や、近況を空を見上げながら、ひとり、ぶつぶつ言ってました。私は霊感もないし、見えるわけでもないけれど、GK養成講習をしたときは、必ず親友が近くで見守っていてくれる気がするんです。だから、そのことを感謝しながら、また、次のステップへと進んでいきます。


(写真:歌志内市チロルの湯の看板)

夜も遅いので、ここでタケウチ氏の車とウチダ氏の車とで別れ、解散。私たちは高速道路を使わず節約して下のルート。リョウスケ君が運転する車の中で、またも楽しいおしゃべりをしながら帰りました。普段から長距離運転する仕事に就いているリョウスケ君は、やはり、運転が丁寧でうまかったです。


(写真:運転するリョウスケ君)

解散した後、返却済みのレンタカーの中に家の鍵を置き忘れてしまうなどのトラブルが起きましたが、なんとか、道民の自殺予防拠点~めいめい~に無事帰ることができました(24時30分頃)。

今回は、個人的に、GK養成講習を無事に終わったことよりも、親友のお墓参りをメンバーと行けたことが、うれしかったです。GK養成講習に来て下さった皆さん、そしてお墓参りをしてくれたメンバーに感謝の意を表します。


(写真:養成講習の集合記念写真)

以上
自殺予防団体-SPbyMD-
土屋さつき
posted by 内田 at 16:37 | TrackBack(0) | 活動報告

2020年10月02日

コラム:自殺しようとしている人へ。

コロナが無かったら、今頃「東京オリンピック楽しかったね。」
という会話があったかもしれません。
まさか、未知のウイルスが東京オリンピックがある年に、
世界でパンデミックを起こすとは、誰も考えていなかったでしょう。

今年は、コロナでたくさんの人が苦しむ事になりました。
中には、コロナで会社が倒産して、生活苦に陥り、自殺する人もいます。

このブログを見ている人に伝えたいのですが、
どんなに苦しい事があっても自殺をしてはいけません。

苦しい事や辛い事は、長く続きません。
苦しい事や辛い事は、いつか終わります。
コロナだって、永久に続くわけではありません。
いずれ、コロナの問題も解決されます。
だから、コロナで生活苦に陥って自殺しても意味はありません。

生活苦に陥ったら、生活保護でもなんでも受けましょう。
生活保護を受けたら、恥をかくかもしれません。
でも、死ぬよりマシです。
死ねば、そこで人生が終わります。
生きていれば、良い事はあります。

だから、絶対に死なないで下さい。
お願いします。

自殺予防団体-SPbyMD-
メンバー 佐々木康平
タグ:佐々木康平
posted by 内田 at 01:03 | TrackBack(0) | コラム