CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月14日

自殺予防に繋げるひきこもり支援...の構想

私は、幼稚園、小学校、中学校、大学、専門学校…。
『学校』というところ、高校を除いてすべて、
登校拒否になり、引きこもりになってしまいました。
なかでもひどかったのは、小学校時代かなぁ。
一家壮絶でした(苦笑)

小学校3生の秋に、
今の住んでるところに引越してきた私たち姉妹は、
引越し先の学校に馴染めず、不登校になり、、
引きこもりになってしまいました。

引きこもりの一日は、母との戦いの日々です。

物は投げ、日中泣き喚き、鍵を掛けられ、
外に追い出されたこともあります。
誰かの養子になれば、
引越し→転校→不登校にならず→引きこもりに
ならずに済むなんて考えたこともあり、
本気で、養子募集をしかけたこともあります。

夜になると父が仕事から帰ってくるので、
もうこわいったらありゃしない。

私たち姉妹はぶるぶる震えながら、
ただただ、押し入れで、怯えてる日々でした。

夜にトイレに行っただけなのに、
父に「学校に行ってない奴に、食べさせる物はない!!(怒)」
と言われたこともあります。
なので、食料は、昼間のうちに確保してきます。

自分の部屋とはいえ、自分の部屋じゃない、
押し入れだけが自分の部屋でした。

知らず知らずのうちに
3年生から4年生になってた私は担任の先生が変わって、
当時の先生にシールをもらったのがきっかけで、
引きこもりから脱出でき、
姉もなんだか忘れたけど、
私たち姉妹は、晴れて脱出できることができました。

私は、私の経験から、
今、引きこもりになってる人に何ができるか。
多分、今は何もできない。

それは、色んな理由だから。
100人居たら100通りの引きこもりの理由があるから。

私の体験など、その中の一つでしかないし、
心理学を学んだ学校の先生でもないし、
専門のカウンセラーでもない、

でも、誰でも、
好きで引きこもりをやってるわけじゃない。
誰もが悩んで、もがいて、苦しんでいる。

私の場合、担任のシールでしたが、
きっかけは何でもいい、
歌でも、
食べ物でも、
ゲームでも、
なんでもいい、

少しでも社会とのつながりが見えてくれば、
すべてとは言わない。
少し、ほんの少し、変われると思う。

そして、話を聴いてあげること。

どうして話そうと思ったこと。
これからどうしていこうと思うこと。

引きこもりになった理由なんて必要ない。

どうして、話す気になったのか、
これが大事なんだと思う。

その役目が、
偉そうなこと言えた義理じゃないけれど、
それが自殺予防団体-SPbyMD-であってほしい。

そして、今私は、
どんな勉強をしたらいいのか悩んでます。

今更だけど、
こうした「ひきこもり」に関心を持ち、
本屋に駆け込んだはいいけど、たくさんあり過ぎて、迷ってます。
「不登校」「不良」「就職失敗」「ニート」
などジャンルが多すぎなんです。

一番ズキューンと心に苦しいのはニートなんだけど(笑)

私が体験した小学校・中学校を対象とした
不登校のひきこもりを中心に私なりに考えていきたいと思っています。

自殺予防団体-SPbyMD-
代表補佐スタッフさつき
posted by 内田 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 補佐ブログ

2018年06月08日

【自己紹介】森田美咲インターン生

今回夏期休暇中にSPbyMDにて2週間インターン生として
活動に参加します、森田美咲と申します。

現在、
大学3回生で心理学を専攻しており、臨床心理学や
教育心理学、心理統計、発達心理学、社会心理学、
実験心理学など広範囲に及ぶ心理学を学んでいます。

特に、
臨床・教育・発達臨床・社会心理学の分野に興味があります。

SPbyMDの存在や活動内容はFacebookを通して知り、
特に「自殺予防」に力を入れている団体であると知り、
何か実際に携わり学ぶことができないかと思い、
今回インターン活動に応募いたしました。

日本の自殺死亡率は低下傾向にありますが、
それでもなお、国際的には高水準であり、
特に若者の自殺が深刻であるとされています。

私は、
一次予防である「心理教育」に関心があり、
地域や学校単位で行われる自殺予防ワークショップやプログラム、
講演会の内容や効果、運営について学びたいと思っています。

SPbyMDでは年に2回「自殺予防フェア」として
ゲートキーパー養成講座や自殺予防啓発講演会を行っており、
今回のインターン活動では9月23日に旭川で行われる
「秋の自殺予防フェア」運営に携わる予定です。

短い期間ではありますがインターン活動を通して、
自殺・予防に関する知見を深め、
今感じている疑問や葛藤に対するヒントが
見つかれば良いなと思っています。

より実りある活動となるように精進したいと思います。
よろしくお願いします。

* * * *

【代表理事コメント】
自殺予防団体-SPbyMD-代表理事内田です。

この度、
自殺予防団体-SPbyMD-は
体験ボランティア制度により
晴れて「インターン生」を迎える運びとなりました。

自殺予防団体-SPbyMD-一同、
エネルギッシュに秋フェア旭川開催へ邁進いたします。
今後とも皆さま応援のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 内田 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営チーム

2018年06月07日

北海道で地域自殺対策トップセミナーが開催!?

こんばんは。
就寝前の日課でFacebookを眺めていたところ、
NPO法人ライフリンクの清水康之代表理事の投稿が
目に留まりました。

なんと我らが北海道で
「地域自殺対策トップセミナー」が開催され、
市区町村の自殺対策担当部署の職員たちが聴講した、
というのです。

参加対象について明確に書かれてはいないため、
これは地方公務員が対象だったのかもしれませんが
「地域自殺対策トップセミナー」というネーミングを掲げる
大きな且つ地域にとって重要な催しなのですから、

地域で自殺対策に取り組む民間団体にも、
事前の声掛けくらい行なっても良いのではないか?
と、少々憤りを感じています。

ましてや当団体は、
地元で自殺予防活動をはじめたい北海道民の支援に
取り組むことで「幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道」
をつくりたいと本気で行動しているわけです。

その北海道で開催された地域自殺対策トップセミナー。

我々は一切何も知らされないまま、
こうして事後報告として清水康之代表理事のFacebookを
読むことで初めて知る…という事態になっているわけです。

自殺対策は、
国・地方自治体・民間組織・国民一人ひとりが
相互協力してこそ強く広く効果が現れるものです。

ですから、たとえ参加対象ではなくとも、
開催する「地域」で自殺対策に携わる者には
告知を行うべきではないのだろうかと思います。

以上

自殺予防団体-SPbyMD-
代表理事 内田貴之
posted by 内田 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表ブログ

2018年06月01日

私がコーラックごはんで45kgまでダイエットに成功した話〜良い子は真似しないでね〜

私がコーラックごはんで45kgまでダイエットに成功した話
〜良い子は真似しないでね〜

以前私は摂食障害でした。
主食は、コーラック。
おかずはうまい棒。
ちょっと間食に、粉末青汁を混ぜたヨーグルト。

なぜ、摂食障害になったかというと、
色んな事が混ざり合ってそうなりました(笑)

気分変調性障害から入り、
うつ(自称)、境界性パーソナリティ障害(自称)に辿り着き、
その途中に摂食障害も含まれていたと思います。

昔っから太っていた私ですが、
気分変調性障害になって、薬を飲んでから、
副作用で、物が食べられなくなって、段々痩せてきました。
それから、うつになって、いろいろあって、自殺未遂をして、
また薬が増え、副作用で痩せてきて、

で、痩せると、逆に自信持っちゃって、男にモテるだろうと思って、
夜中にすすきのに行ったり、一駅分、夜道を歩いたり、
学校の後輩を家に呼んじゃったり、
かなり無謀なことをしてました。

でもお腹は空きます。

夕食は、宅配ピザLの豪華なやつ1枚をペロッと。
当時、うちの近くに宅配ピザ屋さんは4軒あったので、全店制覇しました(笑)
病気だったので味は覚えてませんが(笑)

近くの焼肉バイキングも良く行きました。
目と鼻の先には、セコマがあったので、そこは、私の冷蔵庫でした。
欲しいものがあれば、夜中でも食べに行ける。

でも、そのあとは、決まってコーラック。
本来の使い方は4錠なのに一気に10錠20錠は当たり前。
吐く行為をする人もいるけど、私は下から出すタイプの人でした。

沢山食べた後は、
コーラック生活が続きます。

当時好きだった人がうまい棒が好きだったので、
家の中にうまい棒が沢山あったので、うまい棒は欠かさせないので、
おかずはうまい棒。

それだけでは、体に悪いので、健康面を気にして、青汁入りのヨーグルト。
でも、どうしても、この身体を維持しなければ、男にモテなくなる。

男が逃げていく。
あの人が逃げていく。
血さえ重く感じて、抜き取っていく感じで、リストカットしたり。
もう私の体も心も悲鳴をあげていました(笑)

その後、治療もちゃんとして、元の体に戻りました。(*^。^*)
で、今は、逆に、違う症状の副作用で、55kgあった体重が60kgまで
太ってるという仕打ち(≧▽≦)(笑)

そして、散々コーラックを乱用してきたので、
通常の4錠じゃ効かない体になってしまったという仕打ち(笑)

皆さん、薬は、用法・用量を守って飲みましょう(笑)

そんなこんなで、摂食障害+コーラックで、
最終的に55kgから45kg位かな?まで
ダイエットと呼んでいいのか?痩せました(>_<)

多分私の腸はピンク色に染められていることでしょう…
ひ〜〜〜〜恐ろしい(笑)
皆さん、絶対に、薬の乱用はしないでください。
百害あって一利なしです。

良い子は絶対真似しないでください。

自殺予防団体-SPbyMD-
スタッフさつき

=============
【脚注】
1,うつ(自称)は、診断書を見ていないため。但し、うつ病の治療薬は処方されていたとのこと。
2,境界性パーソナリティ障害(自称)は、狂ってた時の症状が、今思うと境界性にそっくりだったから、そうかなーと思ってとのこと。
3,その頃、多分色々病名変わってたと思うんだよね(^o^;)激しかったから(笑)今になって、その頃の診断書がほしいよ(笑)(≧▽≦)、とのこと。
posted by 内田 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 補佐ブログ