CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月23日

体験ボランティアのすすめ

新年度から導入した体験ボランティア制度、つい先日おひとり卒業されて、現在の利用者は20代と30代の女性2名です。そのうちの1名は、自殺対策業界で有名な大学からのインターン生です。

さて、体験ボランティアに会費は無く、定期的な出席が必要な研修もありません。「自殺予防活動に興味あるけれどお金がない」「シフト勤務だから定期的な研修は出席が難しい」といった悩みを持つ方のために導入した制度だからであります。

とはいえ、体験ボランティアも立派な活動メンバーの一員です。自殺予防活動にボランティアとして携わっていただくために必要だと判断できる内容については、希望の日時で単発の研修を行います。例えば、今月20日には「よく使う用語と基礎知識を覚えよう」というテーマで、単発研修を行います。

そして、体験ボランティアの主な活動は、イベントのリハと本番の同行・受付係・案内係や、その準備となります。活動よりもプライベートを最優先していただいて構いません。時間があって尚且つ「今日は活動に参加したいな!」と、体調も良好な状態の時のみの参加でOKです。

ネーミングの通り「体験」と「ボランティア」が合体しています。自殺予防団体-SPbyMD-のボランティア定義は公式サイトに記載の通り「お手伝いさん」です。プライベート最優先の中で、お手伝可能なタイミングで参加していただく。そのようなスタイルとしています。

さあ!
活動メンバー大募集中です。

現在、体験ボランティアとしてメンバーに加わると、具体的には9月に控えている「エルプラまつり」と「秋フェア旭川」の準備に携わることが可能です。自殺予防活動に興味のあるあなたからのご応募、お待ちしています!

201805_スタッフ募集フライヤ_印刷用.png
posted by 内田 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・募集情報

2018年05月07日

就労支援は自殺対策です

『就労支援と自殺対策』

こんにちは(^-^)
自殺予防団体-SPbyMD-スタッフさつきです。
最近更新していないので、ここらでひとつ。

今回は、
就労支援と自殺対策について、お話したいと思います。

私は今、就労支援AやBを探しています。
移行支援もこないだ体験に行きました(^-^)

一ヶ所はほぼ座学。
いろんな人がいて、電話応対の仕方など学んで、
楽しかったです(^-^)

もう一ヶ所はExcelで、
売り上げ計算、事務用品注文、お茶汲みなどなどで、
…私には少々難しかったです(笑)

さて、
なぜ私が就労支援を頼ろうと思っているかと言うと、
次の3つの理由があります。

1.『障がい者でも社会に出たい』
2.『少しでもお金を貯めたい』
3.『親が亡くなった場合困る』

このうち「3.」は、つい最近思い始めました。

一見、自殺と関係ないように思われがちですが、
逆に考えてみてください。

社会に出なかったら、
引きこもり→親に頼る→親死ぬ
→生命保険+生活保護+障害年金→いつか底をつく
→賄えない→死ぬしかない。→自殺。

そうなったら、やるせないですよね。

私は、就労支援を頼り、
社会に繋がる第一歩とすることで、
このやるせない自殺から救うことが出来ると思っています。

就労支援事業所は、
一人一人を、見捨てない、見放さない。

仕事を教えてくれるだけじゃなく、
履歴書の書き方、面接の練習、同行までしてくれるそうです。
自分のペースでやらせてくれる。
それだけでも、生きる希望になりませんか。

それと、何より自分自身に自信がつき、
死にたい気持ちも薄れゆくと思います。

事業所の人たちは、みんな優しい人たちばかりです。

いつでも、見学・体験出来るみたいなので、
私も色んな就労支援事業所を見て、自分にあったところを見つけて、
少しでも社会に出たいと思っています(^-^)

スタッフさつき
posted by 内田 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 補佐ブログ

2018年05月06日

設立5周年のご挨拶

2018年5月1日、
自殺予防団体-SPbyMD-はめでたく設立5周年を迎え、
6年目に突入致しました。

これも日頃よりご支援ご協力また、
情熱的なエールを寄せて下さる皆さまのおかげでございます。
ありがとうございます。

***

さて、
設立5周年を祝う行事として「感謝祭」を
5月5日に札幌市内の公共施設で開催致し、
参加者数は6人で過去最多となりました。
(2周年:1人、3周年:3人、4周年:1人)

感謝祭では、スタッフさつきによる記念講演のほか、
筆者が代表理事として最新情報を発表致しました。

***

ではまず、
新年度の活動方針につきまして
読者の皆さまにこの場でお伝え致します。

新年度の注力分野は、
「ゲートキーパー養成」でございます。

これまで、
自殺対策講演会において「ゲートキーパーの重要性」と
開催地域の行政機関が主催するゲートキーパー養成講習への
受講を呼び掛けて参りました。

昨年度2018年3月24日、
帯広市役所と「春フェア帯広」を共同主催させていただいた際、
ゲートキーパー養成講習を積極的に開催していく必要性を
ここに関わったメンバー全員が強く感じたことを契機とし、
新年度より自殺予防団体-SPbyMD-も「ゲートキーパー養成」に
力を注ぐ方針を固めた次第でございます。

今後のゲートキーパー養成講習を含む「フェア」開催日に
つきましては本記事の最後に列記致します。

***

さて、
設立5周年を記念して「公式キャラクタ」が誕生致しました!

2018y04m27d_225551248.png

自殺予防団体-SPbyMD-の理念
「幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創る」
に基づいて「はぴだクン&はぴらチャン」と名付けました。
(命名:内部相談役 名誉補佐 内田忍)

LINEスタンプとして
連絡や会話に活用できる挨拶・返事・相槌・感情表現の
オーソドックスなものを「40個」集めたシリーズ第一弾を
発売中で、大変好評をいただいております!
https://bit.ly/2HV7VgI
(LINE STOREが開きます)

***

設立5周年を記念してさらに、
「公式ソング」も決定致しました!

「ワンライフ〜ひとつのいのち〜」
https://youtu.be/mwufIQ-ewWA
(YouTubeが開きます)

作詞作曲:顧問理事 竹内典彦
採譜:ファンクラブ会員 盛孝浩
編曲:代表理事 内田貴之

***

自殺予防団体-SPbyMD-は新年度も、
地元で自殺予防活動をはじめたい北海道民の支援に取り組み、
幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創って参ります。
今後も自殺予防団体-SPbyMD-をよろしくお願い致します。

2018年5月6日
自殺予防団体-SPbyMD-
代表理事 内田貴之
posted by 内田 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 代表ブログ