CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月29日

名称および内容の一部変更につきまして

この度、自殺対策講演会を再度リニューアルすることを決定いたしました。
次回、第10回目より適用となります。尚、根本的なところは一切ブレておりません。
有意義なものを創り上げるために、
年度の途中であっても柔軟に変更を重ねることも大切だと考えております。
 
さて、範囲を自殺対策から自殺予防に絞り直し、
名称を「地元で自殺予防活動をはじめたい道民のための構想練りセミナー」に改めます。

「自殺対策」だと領域が広いため、
満遍なく取り上げるべく広く浅い内容になってしまうことが必至でした。

しかし、それでは「今日からはじめる」ことができるようなところまで
落とし込むことが困難で、
それは受講者にとっても良いことではないと感じておりました。
 
自殺予防団体-SPbyMD-は、
あくまでも「自殺予防」という領域に限定して活動している団体であることから、
講演も「自殺予防」に絞ったほうが深く実践的なノウハウも講義できます。

満遍なく広く浅く、というより、
狭く深く実践的な講義を受けれるほうが有意義ではないかという考えに至ったのです。
そして「講演会」ではなく、構想練りに力を入れたいため「セミナー」とします。
再度リニューアル後もよろしくお願い致します。

以上
事業統括チーム

旧 自殺対策講演会 参加者の声 まとめ

自分に何かできることはないか探しにきました。講演「あなたもできる!自殺予防」について、もう少し具体的に自殺予防の方法があれば聴きたかったです。今日から取り組み始めようと決意した自殺対策については、私の社業が印刷業ですので、チラシなどに掲載できればと思っています。
2016.03.26 第1回自殺対策講演会 参加者


近所に踏切線路もあり、投身自殺が多々あることから「自殺」を非常に身近に感じております。私にも何かできないか?と思っていたので講演会に参加しました。若い人が自殺対策に携わっていて、力を頂きました。私はSNSを利用していますので、自殺対策の情報を周囲に拡げていくことから取り組み始めたいです。
2016.03.26 第1回自殺対策講演会 参加者


自殺の原因について知りたいと思い参加しました。講演「あなたもできる!自殺予防」を聴いて、誰とでも対話・おしゃべりすることが大切かもしれないと思ったので、私は今後、色々な集会に参加することからスタートしようと決意しました。
2016.03.26 第1回自殺対策講演会 参加者


自殺予防にどんな方法があるか知りたかったので参加しました。映画「Saving10,000」抜粋版を見て、これは全編詳しく見たいと思いました。もし、次回開催があれば、「身近に危なそうな人がいたら自分はどのように関わるのが適切なのか」についてお話を聴きたいです。
2016.03.26 第1回自殺対策講演会 参加者


映画「SAVING10,000」は、自国の自殺問題について客観的な視点から再認識することができる映画でした。自殺予防団体-SPbyMD-については全く知りませんでしたが、次回、秋の自殺予防フェアの産業カウンセラーによる傾聴テクニック講座「聴き上手になりませんか?」を楽しみにしています。
2016.09.17 映画「SAVING10,000」上映会 参加者


地元で自殺対策のイベントを頻繁に開催してくれて嬉しいです。講演「エネルギッシュ生活3つの要素」は充分に理解できましたが、自殺の要因などデータ的な内容が欲しいと思いました。映画「SAVING10,000」は3年の製作に感動する作品でした。次回は、講演「エネルギッシュ生活3つの要素」がブラッシュアップされることを期待しています。
2016.09.17 映画「SAVING10,000」上映会 参加者


同じく自殺を考えたことがある友人にもこの映画を見せたいと思います。次回も興味あるのでぜひとも行きたいと思っています。自殺予防団体-SPbyMD-を知ることが出来て嬉しいです。独りぼっちじゃないと思えました。また、最近なかなか家から出られていなかったので今回のように、おでかけ情報からイベント開催を知ることができると、体調が優れない時でも情報を得ることができて嬉しいです。
2016.09.17 映画「SAVING10,000」上映会 参加者


内田さんのように若い方が熱心に、新しい活動に取り組んでいらっしゃることが素晴らしいと思いました。それから、スペシャルゲストの江別市保健センターの保健師さんの講演で、もう少し身近でできる予防の具体策について教えていただけると嬉しかったです。
2017.01.28 第6回自殺対策講演会 参加者


講演の途中でPCとプロジェクタとの接続トラブルがありましたが、仮に講演会を開催するのであればトラブルが発生しても対応できるだけの準備が必要だと思います。期待して参加したのにとても損した気分になりました。また、SPbyMDの活動趣旨も疑問です。個人的な意見ですが自殺対策の基本は「人と人」だと思います。Facebookなど人との関係がネット上だけになり、現実世界で孤立してしまう方が増えてしまいます。そんな中、自殺対策としてWEBの活用を優先しても、本当に良いのだろうか…?
2017.01.28 第6回 参加者


今日は遅れてしまい途中で入室したため、前半の講演を聴き逃してしまったのですが、参加して良かったです。関係者の方々のご苦労は多々あると思いますが「継続は力なり!」なので、今後も自殺対策講演会をよろしくお願いします。公報や回覧板や新聞は多くの人の目に触れるため、告知方法として良いと思います。質疑応答でゲートキーパーをなさっている方がお話された「向精神薬の副作用による自殺企図者の発生」について関心を持ちました。
2017.01.28 第6回自殺対策講演会 参加者


以上、来場アンケートより
posted by 内田 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺対策講演会

2017年05月28日

第9回を開講して得た気づき

地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会
第9回目の講師を担当したSPbyMD代表です。

第9回目は講演内容リニューアル後の初の開講でした。
そこで気づきを幾つか得たため書き留めておきます。

まず、この講演会は
「地元で自殺対策に取り組み始めたい道民」を対象としています。
講演内容は、自分にできること・今日からはじめることを考え
見い出せるものです。

そのため、以前は時間の大半を占めていた統計的な内容は、
自殺対策に取り組むにあたって最低限必要な認識・数値・知識のみに絞りました。

今回、実際に講演して気づいたことは、
受講者は「自殺対策に取り組み始めたい方々」であり、
日頃から自殺問題や対策について関心を持ち、
ニュースなども特に気にして読まれている方々ということです。
ですから、
「取り組むにあたって最低限必要な認識・数値・知識」も
心得ている方々なのだと判りました。

次回、6月10日まで約2週間あるため講演内容を再度練り直します。
最低限必要な認識・数値・知識はじっくりやらずサラッとおさらい、
補足する程度に留めます。

自殺対策の取組事例と具体的な取組方法についてを更に掘り下げ、
こちらに時間を費やすこととします。

受講されることによって、
今日から実践に移せるようになって頂けるよう、
実践ノウハウを学べる有意義な内容へと改善していきます。

そのために、現在2時間で講演を組んでいますが、
もっと時間が必要だと感じるに至れば、3時間・4時間へと
内容をより深めじっくり講義するセミナーに発展させる考えもあります。

以上
posted by 内田 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺対策講演会

2017年05月24日

9/10 会場スタッフを募集します

いつもSPbyMD公式ブログをご愛読いただいている皆さんこんにちは。
自殺予防団体-SPbyMD-事業統括チームです。

「秋の自殺予防フェア」の会場スタッフを募集します。
一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワークとのコラボです。

会場スタッフ募集要項
開催 2017年9月10日(日)
拘束 08:45〜17:00
会場 札幌市北区民センター
昼食 10:30〜10:50(開場直前)/弁当支給
報酬 満足感と達成感
人数 2名
役割 会場設営・撤収/受付・資料配布

事前ミーティング
実施 2017年8月下旬もしくは9月上旬の土日
時間 出席者が多い時間帯で調整
会場 札幌エルプラザ
内容 当日のタイムテーブルなど

さて、9月10日は自殺予防週間の初日にあたる日です。
普段は自殺予防に関心を寄せていない人も、
せめてこの自殺予防週間だけでも関心を寄せましょう♪
という政府が定める普及啓発の期間なのです。

会場スタッフを募集する理由もそこにあります。
普段は自殺予防に関心を寄せていないけれど、
自殺予防週間に合わせて開催される「秋の自殺予防フェア」に
会場スタッフとして参加することで関心寄せてみようかな♪
という人がいてほしいからなのです。

会場スタッフ応募方法
応募〆切は2017年7月1日(土)
spbymd@gmail.com 宛に
件名は「秋の自殺予防フェア会場スタッフ応募」と書き、
本文に「フルネーム」「年齢」「性別」「ひとこと動機・意気込み」を書いて
送信してください。
3日以内に事業統括チームより返信します。

応募メールの書き方例
件名 秋の自殺予防フェア会場スタッフ応募
本文 尾垣洋輔(27歳・男)
   とても興味があります。できれば講演も全て聴きたいです!

それでは、応募をお待ちしています。

以上
事業統括チームより
posted by 内田 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・募集情報

2017年05月18日

団体の封筒を作る幾つかの方法を考えてみる

こんにちは、今日は「団体の封筒を作る幾つかの方法を考えてみる」と題して、先日我々が封筒を作るにあたって色々と考えたことを書き綴ってみようと思います。これから団体の封筒を作ろうかなーと考えている方にとって、参考になればいいですね♪


団体内外に書類を郵送する頻度が高いので、差出人を一枚一枚手書きすることが億劫なんですね(´∀`)そろそろ団体名や住所などがビシッと書かれている封筒を作りたいなーと思っていたわけです。


そこでまず、そうした封筒を作る方法を列挙してみました。とりあえず費用は抜きにして思いつくままに。


1, オリジナル封筒を印刷会社に発注
2, 封筒に貼るシールを印刷会社に発注
3, 自由型ハンコをハンコ屋に発注
4, 家庭用プリンタで印刷


次に、それぞれのリスクあるいはデメリットを考えてみました。


オリジナル封筒を印刷会社に発注すると非常に綺麗で素敵な仕上がりになるわけですが、長形3号・角形2号・角形5号など数種類の封筒を作るとなると、激安で有名なラクスルであれ数万円掛かってしまいます。それに、角形5号を取り扱っている印刷会社が少ない...。SPbyMDは角形5号が大好きですからね(´∀`)


封筒に貼るシールを印刷会社に発注する方法だと、長形3号の横向きに合わせたサイズでシールを作れば、数種類の封筒であっても問題ありません。数種類の封筒を発注するよりも良いと思えますよね。しかし、高い...。モノクロであれカラーであれ、シールのサイズが大きくなるほど高額になります。例えば極端に小さなシール10×200mmでも100枚6,000円近く掛かります。しかも、郵送頻度が高いのでシール100枚なんて足りません。


それから、自由型ハンコをハンコ屋に発注するというもの。博物館や観光地にある記念スタンプのような、自由なデザインで作れるハンコがあります。シールや封筒発注と同様にPhotoshopでデザインすれば、ハンコに仕上がるわけです。価格も10,000円ほど。ただ、シールのように使えば無くなる物ではありませんから、10,000円でも安いのです。デメリットは部分カラーにできない、というくらいなものです。油性インクがあるので雨で流れてしまう心配もありません。今までの方法で最も良いかと思えますよね?


それから、家庭用プリンタで印刷する方法があります。デメリットは、A3用紙非対応プリンタだと角形2号は印刷できないということと、雨に弱いってことです。


SPbyMDは、最終的に「家庭用プリンタで印刷」を選びました。角形2号は滅多に使う頻度無いので問題なし。雨に弱いことも、週間予報を確認して連日晴れの日に送れば良いということで問題なし。


ハンコも良いかなと非常に迷い悩みましたが、SPbyMDのクリオネマークのハート部分だけはどうしても赤くしたかったんですよね。


ということで、団体の封筒を作りたいなーと考えている方の参考になれば良いかな?と思います(´∀`)♪


☆☆--★--☆☆--★--☆☆

【参照:ハンコヤドットコムより】
「シャチハタ角型印65100号」
(印面サイズ:65×100mm)10,690円

【参照:ラクスルより】
「光沢シール」500枚〜1,000枚
(印面サイズ:65x100mm)32,000円〜60,000円

【参照:ラクスルより】
「長形3号の封筒印刷」500枚〜1,000枚
(片面フルカラー)6,250円〜9,740円

☆☆--★--☆☆--★--☆☆



以上
自殺予防団体-SPbyMD-
運営チームより
posted by 内田 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活・日常活動

2017年05月15日

メルマガはじめました

純粋に
SPbyMD主催の「自殺対策講演会」「自殺予防フェア」「パネル展」等の
イベント情報だけを受け取りたいという方向けに、メルマガ発行を始めました。

これまでも
確定情報はFacebook、検討や構想を含む最新情報はTwitter、
それぞれ使い分けて情報発信して参りました。

しかしながら
自分でちょくちょくタイムラインを覗かないといけないので
面倒に感じてしまう方から「参加したかったな、見逃した」という
残念なお声がちらほら寄せられておりました。
 
そこで、メルマガ

これまでのように、
自分で情報源までアクセスして情報探して確認する必要がなくなります。
自殺対策講演会等の開催予定を見逃さずに済みますね♪

=============
【対象】SPbyMD主催イベントの開催を見逃したくない方にお薦め
【頻度】月2〜3回程度
【形式】テキストメール
【内容】自殺対策講演会・自殺予防フェア・パネル展等、SPbyMD主催イベントの開催情報
=============

メルマガ登録方法
手順1) magazine.spbymd@gmail.com 宛に
手順2) 件名に「メルマガ登録」と書き
手順3) 本文は空っぽのまま送信してください
手順4) 以上、完了です

ぜひ、メルマガご登録くださいませ。

以上
自殺予防団体-SPbyMD-
事業統括チームより
posted by 内田 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・募集情報

2017年05月07日

【報告】設立4周年記念式典

2017年5月7日(日)10時30分〜15時00分、札幌市にある道立道民活動センターにて、
自殺予防団体-SPbyMD-設立4周年記念式典を執り行いましたことを、ここに報告いたします。

〜式次第〜
1,オープニング映像
2,感謝状授与
3,記念スピーチ(御来賓メッセージ披露)
4,記念スピーチ(SPbyMDファンクラブ会員)
5,記念スピーチ「充実した4年目と広がる5年目」(顧問)
6,記念スピーチ「生存権とセーフティネット」(名誉補佐)
7,記念スピーチ「組織改編によるSPbyMD発展」(副代表)
8,記念スピーチ「新年度方針発表」(代表)
9,記念祝賀会(歓談時間)
10,記念講演「瞑想によるストレスケアと自殺予防」
IMG_0085.PNG

★--☆☆--★--☆☆--★

〜内田代表の記念スピーチより抜粋〜
2017年度のSPbyMDは、
普及啓発事業のうち自殺対策講演会に絞り一本集中で活動を展開して参ります。
後方支援事業・その他事業は前年度に引き続き非稼働事業といたします。

自殺対策講演会は、前年度は本来の趣旨から大きく脱線してしまいました。
受講によって自殺対策に取り組み始める道民となっていただくことが
本来の趣旨でありましたが、前年度は「それでは集客できない」ということで
「いかに集客できるか」に切り替えて試行錯誤いたしました。

2017年度は、これを軌道修正いたしました。
講演名も、もっと明確に対象者が分かるように、
「地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会」
に改めました。

また、前年度の2ヶ月1回ペースを、毎月2回ペースに改め、
講演時間も前年度の20分を、2時間に改めました。
当然、講演内容も一から練り直しされております。

自殺予防団体-SPbyMD-は、自殺対策に取り組む道民の増加を目指しております。
具体的な目標数値は全道民(550万人)のうち「1%」です。
ですから、自殺対策講演会をバンバン展開していく必要があります。
(以下略)

★--☆☆--★--☆☆--★

IMG_0091.PNG
午後は、記念講演「瞑想によるストレスケアと自殺予防」を開催いたしました。
TM瞑想という心の超越領域に触れるためのテクニックの一部を学びました。
また、自殺の要因の一つ「社会的圧力(教育・報道)」についても取り上げられ、
GHQによる自虐史観教育推進によってどれほど日本人が自尊心を失ってきたか
ということも学びました。

そして、TM瞑想の実技体験も行われました。
その内容は詳しく記述することは権利関係によってできないため、
YouTubeの公式インタビュー動画などご覧になると少し分かるかと思います。

★--☆☆--★--☆☆--★

というわけで、
自殺予防団体-SPbyMD-設立4周年記念式典は無事終了いたしました。
2017年度も皆さまの情熱的な応援をよろしくお願いいたします。

以上
運営チームより
posted by 内田 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営チーム

2017年05月04日

【第9回】地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会

【第9回】地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会
banner_20170527.png

★受講を希望する方へ★
『自殺対策への参画に関心があり、市が主催する「こころの健康づくり講演会」「自殺予防講演会」などに参加したものの、自殺予防に関心を持つことの大切さや命の大切さをテーマとした一般市民向けの話ばかりで、物足りなさを感じている』、という方いらっしゃいませんか?我々は、「地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会」を開催致します。

単に、"自殺問題や対策について知りたいだけ"という方には、講演の後半は非常に退屈だと感じられることでしょう。我々の講演会は、自殺対策に取り組み始めたいと考えているものの機会が無い・漠然とした関心なので自分に何ができるか分からない、といった"意欲的な悩み"を抱えている方にこそ、受講して頂きたいと願っております。

★期待できる効果★
自殺対策に取り組み始めるために最低限必要な認識・知識を学ぶことができ、自殺対策の取組事例を見ながら「自分にできること」を考え、見つけることができます。地元で取り組み始めることができます。

★こんな方にお薦め★
地元で自殺対策に取り組み始めたい道民 / 自分にできることを見つけたい道民

【日時】2017年5月27日(土)14時〜16時
【会場】札幌市厚別区民センター 視聴覚室
【受講】1,000円(事前振込)
【定員】10名
【申込】https://event-spbymd.jimdo.com/

★注意事項★
単に「自殺対策について知りたい」「自殺対策への関心を深めたい」という方にとってこの講演会は非常に退屈な時間と感じるでしょう。

★キャンセルポリシー★
キャンセルされる際は、振込済みの受講料返金は一切行わないことを予めご了承ください。特にキャンセルの連絡は必要ありません。

★講師プロフィール★
2016y05m04d_194903292.png
自殺予防団体-SPbyMD-
代表 内田貴之
北海道情報大学情報メディア学部出身。2013年5月に自殺予防団体-SPbyMD-を設立。北海道において自殺対策に取り組み始める機会の創出に従事。著書に『自殺予防団体-SPbyMD-の特別対談 代表×副代表』『自殺予防団体-SPbyMD-の年末対談2015』『自殺予防団体-SPbyMD-の街頭演説2016』など。

以上
posted by 内田 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺対策講演会