CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年09月26日

自殺対策広報イベント2015を終えて

自殺対策広報イベント2015を終えて

2015年9月12・13日、公共施設札幌エルプラザ2F交流広場にて、北海道民が自殺対策に参画し始める機会「自殺対策広報イベント2015」を開催いたしました。両日併せて40名以上の道民が来場し、興味関心のある団体や取組を探しながら、自殺対策参画への道を考えていただけたかと思います。

自殺対策広報イベントは今回が第一回目で、以降毎年開催し続けます。出展団体(共催)を増やしながら徐々に規模を大きくし、北海道各地域で開催することを目指しております。

来年の開催地は「江別市」です!江別市には、情報大・北翔大・学院大・酪農大の、計4大学があります。来年は4大学の学生向けに開催いたします。

SPbyMD代表は情報大OBです。暇な時間がたっぷりある学生時代のうちに、関心のある社会貢献活動を見つけて参画してみてほしいと思います。

社会人になってからだと「土日は仕事で疲れた心身をのんびり休めたい…。」という状態に陥り易いこともあり、社会貢献活動に参画するハードルが学生時代よりも高まってしまいます。

学生時代の暇な時間を社会貢献活動に使ってみることで、この先のキャリアデザインを考える上でも必ずや役立つでしょう。

自殺対策広報イベント2015の総括は後々行います。

記事でもトークでも「うまく纏めよう」なんて考える必要は無い、ということを笑華尊塾のセミナーにて学びました(゚∀゚)ふふふ

■自殺対策広報イベント特設サイト
http://event-spbymd.jimdo.com/
■お問合せ
spbymd@gmail.com
タグ:まとめ SPbyMD

2015年08月30日

小さなことでもいい、できることから始めましょう

9月10日は世界自殺予防デー、16日まで自殺予防週間です。

あなたも自殺対策に参画してみませんか?

小さなことでもいい。
できることから始めましょう。

自殺対策参画ってなんか難しそうだし、できることなさそうなイメージ。と思うあなた。

例えば、道や市が発行する「自殺予防ポケットティッシュ」を手に入れて、ご友人にあげる。

これなら簡単でしょう。
ご友人にポケットティッシュをあげたあなたは自殺対策の普及啓発という分野に参画したことになります。

いきなり難しいことからし始めなくてもいいのです。まずは、簡単にできることから始めて、そのうちワンランク上へ上へと発展していけばいいのです。

では、いつから始めようかと思っているのなら、世界自殺予防デーを機に始めるのはいかかがでしょう。

そして、何から始めようかな、他の人はどんなことから始めてるのかな、ということを知りたい人には「自殺対策広報イベント2015」をお勧めします。

自殺対策に参画し始めるにあたって、参考として「道内外でどんな自殺対策の取組をやっているのか」知ることができるイベントです。

開催 2015.09.12-13
時間 09:00-21:00, 09:00-17:00
場所 札幌エルプラザ2階EV前

「まずはコレから」という第一歩目の取組を考え決めるための参画相談ブースもあります。

あなたにとって、自殺対策に参画し始める機会となりますように。

*****
自殺対策広報イベントの詳細
特設サイト
http://event-spbymd.jimdo.com/
*****
SPbyMD内田

2015年07月26日

準備も順調!開催まで1ヶ月ちょい

こんばんは、SPbyMD内田です。

自殺対策広報イベント開催まで1ヶ月半ほどとなり、
イベントを共に創りあげる仲間も増え、準備も順調に進んでおります。

本日もサポーターと共に江別市で広報巡りを遂行し、
江別4大学の学生がよく行きそうなコンビニやスーパー等に
周知ポスターを掲示することができました。

イベントに関する詳細情報は公式サイトの特集ページに掲載しております。
あなたにとって自殺対策に参画し始める機会となりますように。

■開催趣旨
SPbyMD代表の内田が学生時代から「合同企業説明会のような感じで、自殺対策団体が一堂に会するイベントがあったらいいのになぁ」という想いを抱いていました。 大規模な合同企業説明会では、各企業の事業内容や募集要項を社内の雰囲気が分かる写真とともにパネルで展示されているコーナーがあります。 そして、各企業のブースがあり、採用担当者と面談ができたり、企業についてより詳しい説明を聞くことができます。 まさに、そういうイメージを思い浮かべながら、北海道民の皆様にとって自殺対策に参画し始める機会として、自殺対策広報イベントを開催致します。

■各コーナー
1)パネル展 道内・道外でどんな取組が実施されているか分かる
2)参画相談ブース 出展団体のスタッフから直接話を訊くことができる
3)読書コーナー 自殺対策従事者の推薦書籍をゆっくり読書できる

■ 名称
自殺対策広報イベント2015 -自殺対策に参画し始める機会となりますように-

■ 期間
2015年9月12日・13日(自殺予防週間期間内の土日)

■ 時間
12日 9時〜21時 / 13日 9時〜17時

■ 会場
札幌エルプラザ 2階 EV前 交流広場(北8西3)

■ 主催
自殺予防団体-SPbyMD-

■ 共催(委託共催を含む)
札幌市
[1]トラスティア株式会社メンタルヘルス支援室
[2]ココロの塾 笑華尊塾
[3]カウンセリングルームぽっけ
帯広市
[1]カウンセリングルーム心の相談室POST

■ 後援
江別市
タグ:自殺対策

2015年04月13日

合同企業説明会のようなイメージ

SPbyMD代表の内田が学生時代から「合同企業説明会のような感じで、自殺対策団体が一堂に会するイベントがあったらいいのになぁ」という想いを抱いていました。

大規模な合同企業説明会では、各企業の事業内容や募集要項を社内の雰囲気が分かる写真とともにパネルで展示されているコーナーがあります。そして、各企業のブースがあり、採用担当者と面談ができたり、企業についてより詳しい説明を聞くことができます。

まさに、そういうイメージを思い浮かべながら、自殺対策広報イベントを創りあげたいと思います。

2014年12月16日

年明け交流会の期待

交流会どうするかプラン練りの日々です。
自己紹介・団体紹介のプレゼンをやってから、その後ですね。
どのような企画なら、お互いのことにより関心を抱けるだろうか、
お互いのことをより知ることができるだろうか。理解し合えるだろうか。

年明け交流会には、
道内で自殺対策に取り組んでいる人たちが集まります。
保健センターなどはどのような事を日々取り組んでいるのか
外からはサッパリ見えませんので、

保健センターはどのような役割を担って自殺対策に関わっているのか
などの話を聴けると期待しています(^ ^)

NPO法人や任意団体、それから大学のゼミ、卒業研究など
様々な領域から自殺対策に関わっている人が集まるということで、
興味が湧いてくるではありませんか。

自殺対策という幅広いテーマで、多種多彩な話を生で聴けます。
今まで思いも付かなかったアイディアも、お互いにGETできるかもしれません。

案内状は郵送およびメールで送っています。
対象は北海道で自殺対策に関わっている組織ですが、
その殆どが「市の保健所」です。
あと、自殺対策センターの加盟リストに載っている北海道内にある大学の研究室です。

案内状は組織宛に送ってはいますが、
団体参画・個人参画のどちらでも可能です(^ ^)

組織として参画するとなると組織規模が大きいほどハードルが高いと思います。
とはいえ個々人の集団ですから、
組織としての取組以外で個々人として取り組んでいる人がいるであろう
と、思っています。

一つ失敗したなと感じていることは、
同封した参画者募集ポスターをどうやって掲示してもらいたいのかを
書面に明記しなかった点です。

例えば研究室の場合は、
ゼミ生が目にし易い所に掲示してもらいたいですね。
イベントなどの告知やコンテストなどの応募者を呼び掛ける
掲示コーナーがあれば是非そこに掲示いてもらえたらありがたいと思います。

SPbyMD
2014.12.16 19:14

2014年12月04日

これから自殺対策に参画し始めるには…?

これから自殺対策に参画し始めるには…?

自殺対策について興味関心を持ってもらうことが1つ。
そこから自殺対策に参画してもらうことが1つ。
自殺対策に参画する道民を増やすことを目指します。

参画してもらうこと...と書きましたが、
自殺対策に興味関心を持ってもらうことが前提条件です。

自殺対策と一口に言っても関わる分野・領域は様々あります。
自殺対策に興味関心を持つには、
その様々な分野・領域で現在取組まれていること、
その中身を知ることから始まるのではないでしょうか。

興味関心を持ってもらうためには、
『いま自殺対策に参画している自分たちが
何をどんな事をやっているのか』

ということを知ってもらうのが良い、と思います。

そのために、
道内で自殺対策に携わっている人たちの取組を紹介する広報イベント
を開催することを決めました。

現在、道内の自殺対策団体や関係機関や大学などに、
案内状および参画募集ポスターを送付しているところです。

道内にどのくらい自殺対策に携わっている人たちがいるのか、
ほんの一握りしか分かりません。

ぜひ多くの人にはご協力をいただきたいのです。
「参画募集ポスター」を郵送やメール送付いたします。
どうぞ、ご支援ご協力お願いいたします。


自殺予防団体-SPbyMD-
代表 内田貴之
spbymd@gmail.com

2014.12.01 17:04

2014年09月30日

道内で自殺対策に取組んでいる方へ

北海道で自殺対策に取組む方へ

SPbyMDは2015年度の自殺予防週間に、
「自殺対策に取組んでいる人々とその活動を紹介する展示系イベント」
を公共施設または公共空間にて開催したいと構想しています。

「自殺対策に取組む人々も数多いと思われるのに
HPやブログを開いていないところが多くて知ることが難しい」
...卒業研究をしていた頃から実感していたことです。

他団体の取組をまだ知らぬ人々に紹介することが、
その団体の活動を支援することになります。

また、
自殺企画者や家族・友人・同僚にとって相談先など
「自殺」以外の選択肢を増やすことができます。

これは必ずや自殺対策の促進に繋がる重要な事業だと確信しています。

冒頭で書いた2015年9月の自殺予防週間に開催したいイベントについて。
@ 北海道で自殺対策に取組んでいる人々を探します。
A その人とその活動について詳しい内容を調べます。
B 一人一人のこと、または団体のことを模造紙に纏めます。
C 当日は、発行物や展示物等を並べます。

より多くの人にじっくり見てもらいたい映像作品があれば、
上映ブースを設けるのでそこで上映します。

北海道で自殺対策に取組んでいる方、この構想にご賛同いただけましたら、
SPbyMDまで御連絡よろしくお願いします。

spbymd@gmail.com
代表 内田貴之

2014.09.30 02:49