CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月19日

自殺と信仰と死生観について

TwitterやFacebookでのQ&Aトークを記録します。
SPbyMDのスタンスを知る機会に活用してください。

日時 2014.12.18 - 12.19
場所 Twitter
相手 @spub8ea9さん

『自殺と信仰と死生観について』

@spub8ea9さん
日本では無宗教、無神論が一つの宗教となっている。
そういう人達が死を求めたとして、宗教で助けられるのかが問題になりますね。

SPbyMD
無宗教や無神論の人を宗教で救済するのは難しいと思います。
ただ、無宗教だけど神仏の存在は信じている人なら、
宗教の枠を取ったスピリチュアルだけで救えるのではないかと思います。
ちなみにスピリチュアルカウンセラーの江原啓之は
「無神論だけど無宗教ではない」の分類です。

@spub8ea9さん
なるほど。
神仏の存在のみを信じていて死後の世界は信じていない人はどうですか?
自殺という罪を犯したとしても、罰がないと思っているなら制止しない場合もあるのでは?

SPbyMD
どこかの仏教のように死後の世界は無いけどカルマや輪廻転生はある、
というなら自殺の罪は転生後のカルマとして課せられると意識できるでしょうね。
神仏の存在を信じていれば「神仏から戴いた命を粗末にはできない」という意識が
自殺を抑止してくれる...はず、と思いたいです。

@spub8ea9さん
なるほど。ですがそのカルマの摂理が運営されているのなら、
自殺する→罰として苦界に転生される→苦しい生を悲観して再度自殺する→罰として(以下略)
の無限ループが発生する恐れはありませんか?
自殺が準無限地獄相当の罪なら合っていますが。

SPbyMD
地獄はこの世での想いや行いを反省する世界。
自分の愚かさを反省して神仏の子として改めて清く歩みたい、
という心を取り戻したなら地獄は卒業。
豊かな世界に戻ってから、この世に転生して新しい肉体を持ってまた修行する。
地獄からこの世に転生しないため悪循環はしないはずです。

@spub8ea9さん
では来世に罰は持ち越されないということで合ってますか?
前世の罪はあの世であがなわれ、来世には影響しない、で合ってます?

SPbyMD
地獄での反省によって悪いカルマが軽減されるのは
「再度この世での魂修行を許されるところまで」。
あとは来世の人生の中での出来事や、また人生計画などで悪いカルマを
解消していこうとする本人の努力が必要です。
全く来世に影響が無いのではなく、ある程度の軽減だと捉えます。

@spub8ea9さん
なるほど。
ではカルマが貯まり過ぎて最初から自殺確定の
高難易度の生を定められることはないんですね?

SPbyMD
最初から自殺確定の人生など生まれてくる必要が無いためあり得ません。

@spub8ea9さん
とてもシンプル


2014.12.19 16:42現在の時点で以上
自殺予防団体-SPbyMD-
posted by 内田 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック