CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月01日

心臓移植と募金と嘆き

「きょうこちゃんを救う会」についてSPbyMDの考えをメモ帳に下書きしたものの、心臓移植の賛否については以前から数多くの記事を投稿してきたこともあり、いま改めて取り上げるまでも無いだろうと一時は思い直した。

しかし、さきほど気になって救う会HPを見たところ、募金額が僅か半日で「475万円」も集まっている現状に驚きと嘆きを感じた。

ざっくりとだけSPbyMDの考えをこの場で表明しておきたいと再度思い直した。この子を批判するのではなく、「心臓移植」を推進する人々やその行為についてのみ言及するに留めたい。

「きょうこちゃんを救う会」
・拡張型心筋症のため心臓移植が必要
・海外手術のため費用1億7千万円を集める
HP:http://kyoko-chan.jp/

(1)心臓移植は生け贄行為である
心臓移植ドナーは「脳死状態の人」であり、死が迫っているものの現在ただいま「生きている人」である。ドナーから心臓を頂戴すれば「殺す」ことになる。ドナーを殺す代わりにレシピエントは生き延びることができるとすれば、これは生け贄行為である。

(2)脳死はNO!死である
心臓移植ドナーは「脳死状態の人」であり、脳は停止しているが心臓は動いている「生きている人」である。脳死は人の死ではない、NO!死である。

(3)心臓移植は合法的殺人である
法律で認められている殺人の代表例に「中絶」があり、心臓移植もまたその一つである。「合法ゆえに善」ということは決してない。人の命を奪う行為は合法的であっても悪である。人の命は尊い神仏に与えられ生かされているがゆえに尊く、これを人が奪うことは許されることではない。

(4)寿命として受け入れたい
人の命と引き替えなければ生きることができないような病気は、寿命として受け入れてほしい。人の命を奪ってまで生きようとしても、それは寿命を僅かに延ばすに過ぎない。短命は不幸ではない。短命は無価値ではない。魂修行の一つとして、また学びとして受け入れ、今世与えられた寿命を精一杯全うしていただきたい。

【参考記事一覧】
2014.05.06(火)16:00 『善意の行為だと断言できる場合は?』
2014.05.05(月)23:04 『脳死=「心臓は健康状態にある死体」!?』
2014.05.04(日)21:02 『臓器移植ネットワークの誤り』
2014.01.07(火)18:33 『光と影』
2013.12.01(日)22:06 『映画「闇の子供たち」を見てモヤモヤしたことを1つ』
2013.10.23(水)20:47 『脳死はNO!死』
2013.08.23(金)18:30 『寿命が短いのは「不幸」か?』

【参考文献】
・江原啓之「苦難の乗り越え方」
・江原啓之「人はなぜ生まれ、いかに生きるのか」
・中島みち「脳死と臓器移植法」
など

以上
自殺予防団体-SPbyMD-
2014.11.01 01:08
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック