CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月21日

生きる理由を見失ったら

生きる理由を見失って何となく時の流れに身を任せ、ぼーっと人生をやり過ごすのは時間の無駄です。無駄だからといって自殺するのは、さらに時間の無駄なのでやめましょう。

見失った生きる理由を再認識し、貴重な時間をなるべく無駄にせず充実した人生を歩めるようになること。SPbyMDでは、スピリチュアルを用いた自殺予防事業の1つとして「自殺予防啓発講座」に取り組んでいます。

講座では、充実した人生を歩む上で不可欠な霊的知識を学び、自分の存在意義を確かめます。「なぜ生まれるのか・なぜ生まれたのか・いかに生きるのか」これを理解すれば、自然と生きる理由を再認識できるようになります。

と、同時に自殺抑止力を自身に備えることができます。自殺抑止力となる要素は「命の尊さ・人生の意味・存在意義・苦難の意味」等だと思います。講座でこれらの要素について学び、価値観を変えていくことで、抑止力となります。

人生平均80年。貴重な時間を有意義に使い、霊的存在として充実した人生を歩みましょう。

普及啓発特化型自殺予防団体-SPbyMD-
2014.04.21
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック