CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月02日

コラム:自殺しようとしている人へ。

コロナが無かったら、今頃「東京オリンピック楽しかったね。」
という会話があったかもしれません。
まさか、未知のウイルスが東京オリンピックがある年に、
世界でパンデミックを起こすとは、誰も考えていなかったでしょう。

今年は、コロナでたくさんの人が苦しむ事になりました。
中には、コロナで会社が倒産して、生活苦に陥り、自殺する人もいます。

このブログを見ている人に伝えたいのですが、
どんなに苦しい事があっても自殺をしてはいけません。

苦しい事や辛い事は、長く続きません。
苦しい事や辛い事は、いつか終わります。
コロナだって、永久に続くわけではありません。
いずれ、コロナの問題も解決されます。
だから、コロナで生活苦に陥って自殺しても意味はありません。

生活苦に陥ったら、生活保護でもなんでも受けましょう。
生活保護を受けたら、恥をかくかもしれません。
でも、死ぬよりマシです。
死ねば、そこで人生が終わります。
生きていれば、良い事はあります。

だから、絶対に死なないで下さい。
お願いします。

自殺予防団体-SPbyMD-
メンバー 佐々木康平
タグ:佐々木康平
posted by 内田 at 01:03 | TrackBack(0) | コラム
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック