CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年12月17日

就活中に自分が生まれた理由を把握しちゃおう!

本日は、以下引用記事について書き綴りたいと思いますσ( ̄∇ ̄ )

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司 [大学ジャーナリスト]
第7回「なぜ自己分析にこだわる学生は、内定が出ないのか」
『自己分析は、おそらくやりだしたらきりがありません。それこそ、なぜ自分はこの世の中に生まれてきたか、というところまで行ってしまいます。そんなの、学生はもちろん、社会人でも答えられるわけがありません』

■引用(http://diamond.jp/articles/-/10597

というより、それこそが自己分析をやる意義である。全ての人の共通の生まれた理由は「使命を果たすため」と「魂の向上」である。

加えて自己分析によって『使命は何か』『どうやって果たせば良いか』と、各人それぞれの『自分の課題』を探究するのである(゚ω゚)

さらには、自己分析によって自分の使命や課題を把握できれば、「なぜこの道をこの環境を歩んできたのか」という人生の過程も理解できるようになる。

今後どういう方針で生きるか、自分のビジョンを明確に描くことができる様になる。

つまり、自己分析は、「自分が生まれた理由を探究して将来のビジョンを具体的に描くことが出来るようになるため」の素晴らしいツールなのだ( ´ ▽ ` )ノ

就活する上で、必ずや面接試験で訊かれる将来ビジョンや将来の夢。自己分析を活用して自分が生まれた理由を把握できれば、途轍もない自信をもって答えられることだろう。僕が就活生の頃そうだったように。

人生の可能な限り早いうちに、生まれた理由を大まかにでも把握しておきたいものだ。

以上
2013.03.24 執筆
2013.12.17 加筆修正
posted by 内田 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック