CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月13日

もし私がB型事業の責任者になったら、どのような就労支援を手掛けたいか

本日は、
「もし私がB型事業の責任者になったら、
どのような就労支援を手掛けたいか」というテーマを掲げて
自由闊達に夢を描いてみたいと思います。

★ ★ ★

B型事業所でのPC作業はもちろん楽しいのですが、
それよりも私はみんなとお喋りをすることが好きです。

とにかく私は、
お喋りをすることが好きです。
笑うことがとても好きです。
学生時代はお笑い芸人を目指していたくらいです。

このような私の楽しく笑い合うこと好きを
今後の人生に活かせないか?と思った次第です。

もしも自殺予防団体-SPbyMD-が、
"私が通所している事業所のようなB型事業"を
手掛けるとしたら面白いのではないかと思い、
自由闊達に私の夢を描いてみました。

★ ★ ★

第一に、
みんなが安心して通える場所。
これは言うまでもありません。

第二に、
みんなが団欒できる場所をつくりたいと思います。
お金にはならないけど
「お喋りできて、笑える場所」を提供したいと思います。

私が想い描いた事業は、
所有するPCの資格を活かした
『ゆっくり誰でもマスターできちゃうPC教室』です。

恥ずかしながら、
高校時代には教師を目指していた時期もありまして
「教えること」ができれば教師冥利に尽きます。

今の事業所に通って知ったのですが、
案外PCが苦手な人や、
ほとんど触ったことない人って多いんです。

PCは、
今や就職に必要不可欠なアイテム。

絶対とは言わないものの、
出来たら出来ただけ就職に有利だと思うので、
決してマスターして損はないスキルです。

PCをマスターしたら外部受注を積極的に行い、
工賃UPに繋げていきたいと考えています。
具体的にはPhotoshopとIllustratorを使用した
バナーやポスターのデザイン制作をしたいです。

一方でPCがかなり苦手という方は、
例のちまちま作業のシール貼りをして
工賃UPを目指して頑張っていけたらと思います。
これは地道な作業ですが、結構お金になります。

そのほか、
ポスティングや清掃といった
みんなで無理なく楽しくできる仕事を
していける事業所にしたいと思います。

★ ★ ★

また、
高度なスキルが必要になると思いますが、
みんなでスマホのアプリ開発ができたら
楽しいと思いませんか?
もちろん『自殺予防に繋がるアプリ』を。

うつ度合いを測定する機能や、
気分に応じた癒しの音楽が流れるなど、
まだまだ内容は考え中ですが。

何かみんなで自殺予防につながるアプリを
開発出来たら楽しいと思います。

とにかく、
自殺予防団体-SPbyMD-でB型事業を始めるとするならば、
みんなひとりひとりが楽しく笑っていられる場所に
していきたいと思います。

以上
代表補佐理事
2019年2月13日(水)
posted by 内田 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 補佐ブログ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック