CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月09日

第6走者「『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える」

自殺予防団体-SPbyMD-
学生ボランティアの藤村美咲です。
リレー企画の第6走者を担当します。

私は、正直うつ病について何も知りませんでした。うつ病と聞いたら、少し重たいイメージがあるくらいにしか思っていませんでした。

そんな中で、「うつ病は心の風邪です。」というキャッチコピーを聞いたときに「あ、うつ病ってそんなに重く考える必要がなく、うつ病も風邪みたいにすぐ治るものなんだ。」っと思いました。

これは、キャッチコピーが意味したうつ病への偏見や、恐怖心を払拭する作戦が成功したと言えると思います。

しかし、実際にうつ病にかかったことのある人の話を聞いてみると、私の考えは間違ってたんだなっと思い知らされました。

「うつ病は風邪なんてあまいものじゃない。毎日死との闘い」
「風邪は1週間もすれば治るけれど、うつ病は治すのに短くても数ヶ月はかかる」

このように「うつ病は心の風邪です。」というキャッチコピーによって、うつ病が多くの人々に認知されたり、うつ病の人が前よりも気軽に病院に通いやすくなったのかもしれません。

しかし実際には、あまりにもキャッチコピーとのギャップが大きく、私を含めたキャッチコピーを聞いた人々が誤解を招いたのは事実です。

私は、「うつ病は心の風邪です。」というキャッチコピーはうつ病をたくさんの人に認知されるきっかけになったことは良いと思いますが「うつ病は心の風邪です。」という表現は違ったのではないか…と思います。

以上
第7走者にバトンを渡します。

自殺予防団体-SPbyMD-
学生ボランティア 藤村美咲
posted by 内田 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リレー企画
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック