CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月07日

第5走者代走『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える

『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える
(ブログリレー第5走者代走:相談役 内田忍)

第5走者の盛孝浩メンタルケア心理士が音信不通のため
急遽代走役としての命を代表理事より承った、
自殺予防団体-SPbyMD- 相談役の忍(にん)です。

非常に簡潔ではありますが、
私の意見を述べたいと思います。

***

うつは重症軽症あると思う。
だからひとまとめに
「心の風邪」とは言えない。

風邪も重症軽症あるのかもしれないが
一般的に長引かないのが「風邪」の認識である。

とはいえ、
風邪のように「誰でもなる」という意味においては
心の風邪という表現はよいかもしれないとは思う。

以上
***
『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える
ブログリレー第5走者代走
相談役 内田忍(にん)
2018.08.07(火)
posted by 内田 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リレー企画
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック