CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月30日

第4走者『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える

『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える
(ブログリレー第4走者:代表理事 内田貴之)

当団体では、7月16日からリレー企画「『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える」を実施中。理事・スタッフ・学生ボランティアそして、特別ゲストとしてファン会員でもあるメンタルケア心理士たちが、順番に同じテーマについてブログ記事を執筆投稿し、バトンを受け渡し続けている。

第3走者からバトンを受け取った第4走者である僕も、早速『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考えてみたいと思う。ちなみに今回のリレー企画の発案者は僕で、以前から、メンバーがいっぱい増えたら是非とも実施してみたいと練っていた企画である。皆、楽しみながら参戦していて嬉しい。

ところで、なぜこの企画とテーマを選んだのか。「うつ病はこころの風邪」という表現のメリット・デメリットについて考えていた時期があったため。そして、僕だけが自分の意見をブ述べるだけでは面白くなく、多くのメンバーが各々の意見を同じテーマで述べることのほうが面白いと思ったためである。

さて、『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考えるに、僕がこの自殺予防活動をはじめてから数年間は、うつ病について知識や認識が全然欠けていたと振り返った。うつ病に関してピュアな状態と言ってよいだろうか。「こころの風邪です」と言われたならば「そうだんだぁ」という反応である。

それは「特別な人間が罹る特別な病気ではなく、どのような人間も罹る可能性のある病気なようだ」という理解である。この理解は、うつ病はこころの風邪という表現のメリットがうまく働いた結果だと思う。僕はこの反応以外しなかったため、表現のデメリットに遭うことは免れた。

うつ病はこころの風邪という表現のデメリットには、例えば「風邪のようにすぐ治って健康を取り戻す病気」と誤った理解を招きかねないこと、が挙げられる。うつ病は脳にダメージを与え正しい思考判断を奪い、自殺に陥る危険性を高く有する病気であり、気軽に「こころの風邪」とは表現し難い面がある。

ただ、どのようなキャッチコピーにも正しい理解と誤った理解は付随するものだと僕は感じている。伝え方によって様々に解釈されてしまうものである…と。喩え「うつ病はこころの癌」「うつ病はこころの骨折」などと表現を改めようと、結局は正しい理解と共に伝えなければ、大して変わらない…と。

「うつ病はこころの風邪」という表現に対して、もし誤った理解が浸透してしまっているのであれば、誤った理解の払拭と正しい理解の啓発を、地道であろうと着実に行い続けることが、自殺予防に取り組む当団体の一つの使命ではないだろうか。そう僕は考えるに至った。

以上までとし、
次の第5走者である盛孝浩メンタルケア心理士にリレーバトンを受け渡すこととする。

***
『うつ病はこころの風邪』という表現を改めて考える
ブログリレー第4走者
代表理事 内田貴之
2018.07.30(月)
posted by 内田 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リレー企画
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック