CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年03月01日

自殺予防団体-SPbyMD-は自殺予防に関心を持つ意義を道民に啓発します

【自殺予防団体-SPbyMD-は自殺予防に関心を持つ意義を道民に啓発します】

おはようございます、本日から3月となりました。
3月は自殺対策強化月間として我が国が定めており、
その存在はだいぶ浸透してきたように思えますが、
意外と存在を知らない道民と出逢う頻度も高いのが現状です。

自殺対策に日頃から関心をお持ちではない道民の多くは、
国や都道府県市町村が
「自殺予防に関心を持ってますか?関心を持ちましょう」
と呼び掛けていても、関心を持つ意義が分からないため、
関心を寄せることさえ難しいようです。

自殺予防団体-SPbyMD-も
2016年3月から街頭啓発活動を実施して参りましたが、
我々の前を横切る際にわざわざ心の声を漏らしていただける方が、
少なからずいらっしゃいます。

「自殺予防?俺は健康そのものだから関係ねぇーよ(中年男性)」
「別に悩んでませ〜ん、死にたくありませ〜んwww(若年女性)」
という声が非常に印象的で、何年経っても記憶に残っております。

確かに、
地域の公的な街頭啓発活動を見ても
「なぜ自殺予防に関心を持たなければならないのか」
という意義については、直接グッズを配布する際に
呼び掛けられていない印象があります。

「自殺対策強化月間でーす」
「お願いしまーす」という呼び掛けだけでは、
多くの自分にはカンケーない認識層には響き難いと、
我々は感じております。

そこで、
自殺予防団体-SPbyMD-は
「自殺予防に関心を持つ意義」に重点を置いて
街頭啓発活動を実施して参りました。

2018年3月の自殺対策強化月間も、
札幌市・由仁町・占冠村・芽室町・音更町・帯広市において、
街頭啓発活動を実施致します。

自分自身のことだけをつい考えてしまう
「俺は健康だから自殺予防はカンケーない」
「私は死にたいとか悩んでないからカンケーない」といった
誤った認識を正して参ります。

ご自身が健康であることは大変結構なことです。

しかしながら、
自殺予防に関心を持ち学ぶ意義は、

あなたの大切な人の自殺のサインに、
あなたがいち早く気づいて、
自殺を未然に防ぐ可能性を高めることにあります。

3月は自殺対策強化月間です。
あなたは、あなたの大切な人のためのゲートキーパーとなれるよう、
自殺予防に関心を持ち学びはじめましょう。

自殺予防団体-SPbyMD-
代表理事 内田貴之
2018年3月1日
posted by 内田 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆:内田貴之
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック