CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月28日

第9回を開講して得た気づき

地元で自殺対策に取り組み始めたい道民のための自殺対策講演会
第9回目の講師を担当したSPbyMD代表です。

第9回目は講演内容リニューアル後の初の開講でした。
そこで気づきを幾つか得たため書き留めておきます。

まず、この講演会は
「地元で自殺対策に取り組み始めたい道民」を対象としています。
講演内容は、自分にできること・今日からはじめることを考え
見い出せるものです。

そのため、以前は時間の大半を占めていた統計的な内容は、
自殺対策に取り組むにあたって最低限必要な認識・数値・知識のみに絞りました。

今回、実際に講演して気づいたことは、
受講者は「自殺対策に取り組み始めたい方々」であり、
日頃から自殺問題や対策について関心を持ち、
ニュースなども特に気にして読まれている方々ということです。
ですから、
「取り組むにあたって最低限必要な認識・数値・知識」も
心得ている方々なのだと判りました。

次回、6月10日まで約2週間あるため講演内容を再度練り直します。
最低限必要な認識・数値・知識はじっくりやらずサラッとおさらい、
補足する程度に留めます。

自殺対策の取組事例と具体的な取組方法についてを更に掘り下げ、
こちらに時間を費やすこととします。

受講されることによって、
今日から実践に移せるようになって頂けるよう、
実践ノウハウを学べる有意義な内容へと改善していきます。

そのために、現在2時間で講演を組んでいますが、
もっと時間が必要だと感じるに至れば、3時間・4時間へと
内容をより深めじっくり講義するセミナーに発展させる考えもあります。

以上
posted by 内田 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺対策講演会
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック