CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月18日

団体の封筒を作る幾つかの方法を考えてみる

こんにちは、今日は「団体の封筒を作る幾つかの方法を考えてみる」と題して、先日我々が封筒を作るにあたって色々と考えたことを書き綴ってみようと思います。これから団体の封筒を作ろうかなーと考えている方にとって、参考になればいいですね♪


団体内外に書類を郵送する頻度が高いので、差出人を一枚一枚手書きすることが億劫なんですね(´∀`)そろそろ団体名や住所などがビシッと書かれている封筒を作りたいなーと思っていたわけです。


そこでまず、そうした封筒を作る方法を列挙してみました。とりあえず費用は抜きにして思いつくままに。


1, オリジナル封筒を印刷会社に発注
2, 封筒に貼るシールを印刷会社に発注
3, 自由型ハンコをハンコ屋に発注
4, 家庭用プリンタで印刷


次に、それぞれのリスクあるいはデメリットを考えてみました。


オリジナル封筒を印刷会社に発注すると非常に綺麗で素敵な仕上がりになるわけですが、長形3号・角形2号・角形5号など数種類の封筒を作るとなると、激安で有名なラクスルであれ数万円掛かってしまいます。それに、角形5号を取り扱っている印刷会社が少ない...。SPbyMDは角形5号が大好きですからね(´∀`)


封筒に貼るシールを印刷会社に発注する方法だと、長形3号の横向きに合わせたサイズでシールを作れば、数種類の封筒であっても問題ありません。数種類の封筒を発注するよりも良いと思えますよね。しかし、高い...。モノクロであれカラーであれ、シールのサイズが大きくなるほど高額になります。例えば極端に小さなシール10×200mmでも100枚6,000円近く掛かります。しかも、郵送頻度が高いのでシール100枚なんて足りません。


それから、自由型ハンコをハンコ屋に発注するというもの。博物館や観光地にある記念スタンプのような、自由なデザインで作れるハンコがあります。シールや封筒発注と同様にPhotoshopでデザインすれば、ハンコに仕上がるわけです。価格も10,000円ほど。ただ、シールのように使えば無くなる物ではありませんから、10,000円でも安いのです。デメリットは部分カラーにできない、というくらいなものです。油性インクがあるので雨で流れてしまう心配もありません。今までの方法で最も良いかと思えますよね?


それから、家庭用プリンタで印刷する方法があります。デメリットは、A3用紙非対応プリンタだと角形2号は印刷できないということと、雨に弱いってことです。


SPbyMDは、最終的に「家庭用プリンタで印刷」を選びました。角形2号は滅多に使う頻度無いので問題なし。雨に弱いことも、週間予報を確認して連日晴れの日に送れば良いということで問題なし。


ハンコも良いかなと非常に迷い悩みましたが、SPbyMDのクリオネマークのハート部分だけはどうしても赤くしたかったんですよね。


ということで、団体の封筒を作りたいなーと考えている方の参考になれば良いかな?と思います(´∀`)♪


☆☆--★--☆☆--★--☆☆

【参照:ハンコヤドットコムより】
「シャチハタ角型印65100号」
(印面サイズ:65×100mm)10,690円

【参照:ラクスルより】
「光沢シール」500枚〜1,000枚
(印面サイズ:65x100mm)32,000円〜60,000円

【参照:ラクスルより】
「長形3号の封筒印刷」500枚〜1,000枚
(片面フルカラー)6,250円〜9,740円

☆☆--★--☆☆--★--☆☆



以上
自殺予防団体-SPbyMD-
運営チームより
posted by 内田 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活・日常活動
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック