CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2020年03月 | Main | 2020年05月 »
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新型コロナウイルス感染症支援情報[2020年04月27日(Mon)]

新型コロナウイルス感染拡大が全国に広がっています。

発病すると、発熱、全身の倦怠感、咳、息切れなどの症状が出ると報道されています。
自覚症状がない場合もあり、手洗い・換気などを行い予防に努めましょう。

また、集団感染の共通点は、「3密」とされています。
@密集…多くの人が集まって
A密接…近距離で会話をする
B密閉…換気が悪い空間
このような状況を避けて、感染リスクを少なくしましょう。


そして、緊急非常事態宣言が発令され、経済にも大きな打撃を与えています。
「ここふく@やまがた」の読者の皆さんに
新型コロナウイルス感染症支援情報をご紹介します。


収入が減った(子育て)


【就学援助等の認定及び学用品費、学校給食費等の支給】

●対象

家庭や学校の状況等により、やむを得ず市町村等における申請期日までに申請書の提出が難しい者。

新型コロナウイルス感染症の影響等により家計が急変し、年度の途中において認定を必要とする者。

●内容

就学援助等の認定及び学用品費、学校給食費等の支給について、以下の点に配慮すること。

・家庭や学校の状況等により、やむを得ず市町村等における申請期日までに申請書の提出が難しい場合には申請期間を延長するなど、可能な限り柔軟な対応を行うこと。

また、新型コロナウイルス感染症の影響等により家計が急変し、年度の途中において認定を必要とする者については、速やかに認定し、必要な援助を行うこと。

・なお、必要に応じて、国立学校及び私立学校に通う者についても上記に準じて取り扱うこと。

●担当窓口

 文部科学省

 各都道府県、教育委員会



【児童手当の増額】

●対象

児童手当の受給世帯

●内容

児童手当の受給世帯に対し、児童1人当たり1万円を上乗せします。所得の高い世帯は対象になりません。

●担当窓口

 各市町村子ども支援窓口

https://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010002/boshihushifukushi/pdf/H29tantou-jidouteate.pdf



【小学校等の臨時休業によって働けなくなったときの手当(委託を受けて個人で仕事をする方向け)】

●対象

(1) 保護者であること

(2)@又はAの子どもの世話をおこなうこと

@新型コロナウィルス感染症に関する対応として臨時休業等をした小学校等に通う子ども

A新型コロナウィルス感染症又は風邪症状など新型コロナウィルスに感染したおそれのある小学校等に通う子ども

(3)小学校等の臨時休業等の前に、業務委託契約等を締結していること

(4)小学校等の臨時休業等の期間において、子どもの世話を行うために、業務委託契約等に基づき予定されていた日時に業務を行うことができなくなったこと

●内容

〈支給額〉就業できなかった日について、1日当たり4,100円(定額)

〈適用日〉令和2227日〜331日※春休み等、学校が開校する予定のなかった日等は除く

●担当窓口

 学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター

電話:0120−60−3999

受付時間:9:00〜21:00(土日・祝日含む)

申請期間:630日まで

 ※雇用されている方は、会社から申請します。



【給付型奨学金】※貸与型もあります

●対象

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります。

すでに大学等に在学している人が対象です。

●内容

急変後の世帯の所得金額の見込みに基づき判定された支援区分に応じて、学校の設置者(国公立・私立)及び通学形態(自宅通学・自宅外通学)等により金額が定められます。

●担当窓口

 日本学生支援機構 奨学金相談センター 0570-666-3019:0020:00(月〜金)




引き続き、情報を更新していきたいと思います。






Posted by kokohuyamagata at 12:45 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東日本大震災および令和元年台風第 19 号による 二重被災世帯への「児童学習支援」を実施[2020年04月17日(Fri)]

〜 継続的 な 子育 て や 教育 の 諸費用 と し て 、 児童 一人当 た り 5 万円 を 支援 〜

公益財団法人東日本大震災復興支援財団(代表理事:立石 勝義、以下「当財団」)は、2011 年3月に発生した東日本大震災により被災され、かつ2019 年10 月に発生した令和元年台風第 19 号でも被災された二重被 災世帯の 15 歳以下の児童を対象に、児童の養育・教育に関わる諸費用を支援する「児童学習支援」を実施 することを決定し、本日から応募の受付を開始しましたので、お知らせします。

■東日本大震災および令和元年台風第 19 号による二重被災世帯への                 「児童学習支援」募集要項

1.募集期間 2020 年4 月6日(月)〜5 月29 日(金)※当日消印有効

2.支援概要
(1)支援金額 児童一人につき5 万円 ※養育・教育に関わる諸費用として支給
 ※ 兄弟姉妹が複数人いる場合は、応募資格に該当する人数分を支給
(2)対象者 以下のすべてを満たす児童を対象に支援
・2005 年4 月2日〜2020 年3 月31 日までの間に生まれた15 歳以下の児童であること。
・応募者本人、または家計を同一にする家族が「東日本大震災」で被災していること。
・応募者本人、または家計を同一にする家族が「令和元年台風第19 号」で 被災している
・家計を同一にする18 歳以上(2020 年4月1 日時点)の家族の「平成 31 年度(令和
 元年度)所 得証明書(平成 30 年1月〜12 月分)」所得合計が700 万円を下回っている。
・家計を同一にする家族の中に、当財団が支援する「まなべる基金受給者を対象とした
『令和元年 台風第19 号による被災世帯への追加奨学金』 」奨学生がいないこと。
※「家計を同一にする家族」とは、2020 年 4月 1日時点での家族構成とします

(3)提出書類
1 申請書の受付書類 申込書(指定書式)
2 東日本大震災による罹災証 明書または被災証明書 東日本大震災により、応募者本人
 または応募者本人と家計を同 一にする家族の罹災証明書または被災証明書(写し可)
3 令和元年台風第 19 号による罹災証明書または被災証明書 令和元年台風第 19 号に
 より、応募者本人または応募者本人と家計を同一にする家族の罹災証明書または被災証明書(写し可)
4 住民票の写し ※原本 ・応募者と家計を同一にする家族全員分が記載されていること
・応募者と別居している家族も家計を同一にしている場合は提 出が必要
・「 戸籍筆頭者」「世帯主」の記載があり、かつ、マイナンバー の記載がない 2020 年4月
 1 日以降発行のもの 5 平成 31 年度(令和元年度)
 所得証明書(平成 30 年 1 月 〜12 月分)  
 ※原本 ・2020 年 4 月 1 日時点において、応募者本人と家計を同一に する 18 歳
  以上の家族全員分を提出のこと(応募者と別居して いる家族も、家計を同一に
  している場合は提出のこと)
・年金受給者や専業主婦、学生等、現在収入がない家族分につ いても所得証明書の提出が必要
・源泉徴収票、給与証明書、納税通知書は受付不可
6 振込口座確認書 振込口座確認書(指定書式)
7 振込口座の通帳のコピー 入金先の口座番号、銀行名、支店名、口座氏名等が分かるもの のコピー ※本申請に係る手数料(住民票の発行、書類の郵送代など)については自己負担となります。

(4)応募方法・書類送付先について 募集要項・申込書(指定書式)を当財団ホームページよりダウンロードおよび印刷し、応募者(世帯) より、以下の宛先までご郵送ください(郵送以外は受け付けできません)。

【書類送付先】 〒105-8799 日本郵便 芝郵便局留 公益財団法人東日本大震災復興支援財団 「児童学習支援」応募書類 担当 行

(5)採否決定について 提出書類の記載をもとに当財団にて総合的に判断します。 採否決定後、速やかに応募者へ採否決定通知書を郵送します(6 月下旬予定) 。

(6)協力団体 特定非営利活動法人ジービーパートナーズ 
(7)本件に関するお問合せ先 公益財団法人東日本大震災復興支援財団
  「児童学習支援」事務局
  電話:090-4282-4842(月〜金 12:00〜17:00)
  お問合せフォーム:https://forms.gle/vmzLsmdTZB

<東日本大震災復興支援財団について>
東日本大震災復興支援財団は、東日本大震災で被災した子どもたちとその家族の支援を行うために設立され ました。高校生向け給付型奨学金制度「まなべる基金」の運営や、NPO やボランティア団体などへの助成 を行う「子どもサポート基金」、スポーツを通じて将来の宮城県を担う心身ともにたくましい人材の育成をめ ざす「みやぎ『夢・復興』ジュニアスポーツパワーアップ事業」、地域と向き合う若者の活動を支援する「ユ ースアクション東北」 、プロのコーチなどによるスポーツ指導の受講機会などを提供し、夢や目標の実現を応 援する「東北『夢』応援プログラム」などの活動を行っています。東北の子どもたちの、夢と希望を育む環 境を実現するために、「みんなでがんばろう日本」をスローガンに、継続的な支援を続けています。 HP: http://minnade-ganbaro.jp/ Facebook: https://www.facebook.com/ganbarojp
日本司法書士会連合会「新型コロナウイルスに関する生活困りごと電話等相談会の開始について」[2020年04月17日(Fri)]

日本司法書士会連合会は,新型コロナウイルスにより生活に困っている方々への支援として,電話相談及びMicrosoft Teams(※)によるWEB面談相談を実施いたします。

なお,WEB面談相談については,希望日時の前日(前日が土日祝日の場合は休前日)16時までに,事前予約が必要です。

 世界各地で問題となっている新型コロナウイルス感染症は,我が国においても収束の目処が立っていない状況です。

この状況が長期化していることにより,感染防止の取組みによって経済活動が停滞し,それに伴い労働者・事業者に多大な影響を与えています。

国は様々な支援策を実施していますが,資金が枯渇することにより,事業の継続や借入金の返済ができない方も現出しています。
 経済的な不安や法的問題を抱えている市民の方々から,司法書士が電話相談・WEB面談相談をお受けします。

この電話相談・WEB面談相談は,全国の司法書士会が団結協力して行います。

【電話相談フリーダイヤル】 0120-315199
■受付時間:平日11:00〜17:00
■実施期間:4月1日(水)〜当面の間(予定)
■全国の司法書士会の電話相談員につながります
【WEB面談相談】 予約先アドレス:sodan@nisshiren.jp
■受付時間:平日14:00〜17:00
■実施期間:4月1日(水)〜当面の間(予定)
Posted by kokohuyamagata at 09:20 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
わからやすいイラスト見つけました。「イラスト「コロナ感染症はどう進行していく?」[2020年04月14日(Tue)]
山形市の桜も満開ですね。
連日、報道される「コロナウィルス」の感染情報。

情報量の多さに、整理しきれないことはないですか。
相談員Iが好きな漫画家、井上きみどりさんのブログで
とてもわかりやすいイラストが紹介されていました。

93665940_2867144626702928_1456091525065736192_n.jpg

もし、自分が感染したら
もし、家族が感染したら

誰もが考えてしまいます。
「知ることで」少しでも不安が解消されるといいですね。

きみどりさんのブログには、このイラストの解説も書いてあります。
きみどりさんが参考にした情報もありますよ

漫画家 井上きみどりの漫画&コラム

https://kimidori-inoue.com/bunko/post-603/

私の好きな言葉「備えよ常に」です。

相談支援室の電話相談は通常通り開いております。
ちょっと不安でも大丈夫ですのでお気軽にお電話ください。

「ここふく@やまがた」相談支援からのお知らせ[2020年04月07日(Tue)]
「ここふく@やまがた」相談支援からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症について、山形県内でも感染が増えている状況となっています

「ここふく@やまがた」相談支援では、スタッフ全員のマスク着用、検温等の体調確認、および換気・消毒・手洗いの徹底につとめております。

「ここふく@やまがた」相談支援の事務所は通常通りに開所しと相談対応もこれまで通りに行っております。

大変、恐れ入りますが、ご来所いただく皆さまにお願いがございます。
ご来所が必要な場合には、事前にお電話にてご連絡ください。
密閉・密集・密接の「3つの密」を避けなるべく広いスペースを確保し調整をいたします。

ご不便をおかけしますが、この危機をみんなで乗り切るべく、何卒、ご理解ご協力のほどお願いいたします。
Posted by kokohuyamagata at 15:37 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml