CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2月16日(日)開催 山形アグリアカデミーの手打ちそば体験[2020年01月21日(Tue)]
手打ちそば体験で、美味しいそばを食べましょう。

○日時:2月16日(日) 午前10時から
○場所:山形市上反田 大曽根コミュニティセンター (大曽根小学校の向かい)
○経費:1組1000円(およそ900gの二八そばを持ち帰ります)
○内容:昼食の手打ちそば、大人500円、小学生200円で食べ放題
○申込み:2月11日まで参加人数をお知らせ下さい

【お問合せ】山形アグリアカデミー
代表 齋藤博行 Tel:090−8251−3521
白鳥哲監督ドキュメンタリー新作映画『蘇生II〜愛と微生物〜』上映会&監督講演会[2020年01月16日(Thu)]
sosei2.jpg
マイクロプラスチック、放射能・・・。悪化する地球環境に対して示したファイナルアンサー!微生物の可能性と人の意識について追及したドキュメンタリー映画の第2弾!

日 時:3月8日(日)13:30〜16:00(開場13:00)
場 所:シベールアリーナ 山形市蔵王松ケ丘2丁目1−3
入場料(税込):前売一般/1,800円、当日一般/2,000円、中高生/1,000円 ※小学生以下は無料

申込締切:3月1日(日)

【あらすじ】
2011年3月福島第一原発事故から8年が過ぎた今、放射能の問題について多くのメディア・行政機関は終息を迎えているかのように静観を続けている。しかし、現在でも汚染は拡大しており、捨て場のない放射性物質を含んだ土は処理について未解決のままである。その陰で、懸命にこの事実と向き合い、解決に向けて具体的な成果を上げている人々がいる。その一つがボランティアによる有用微生物群(EM)の散布活動である。今、人類全体が利害を超えて地球を蘇生させていくことが急務になってきている。そんな時代にこの作品は一つの答えを示し、多くの人々に希望を与えることになるだろう。(『蘇生II』公式サイトより)

主 催:『蘇生II』を上映する会・山形
後 援:やまがたEM環境ネットワーク、認定NPO法人地球環境共生ネットワーク
【お問合せ】『蘇生II』を上映する会・山形 担当:大久保 TEL:090-9745-5186
和食料理教室&映画上映会inよねざわ 筑前煮とブリの照り焼きのコツ&映画「さとにきたらええやん」(空と土の交流広場)[2020年01月09日(Thu)]
和食料理教室&映画上映会inよねざわ
筑前煮とブリの照り焼きのコツ&映画「さとにきたらええやん」(空と土の交流広場)

東京神田で板前をしていた戸津雄介さんを講師にお招きし、和食の定番「筑前煮」と「ブリの照り焼き」の両方のコツを教えてもらえるオトクな企画です。

〇日 時:1月18日(土)10時〜14時30分
〇参加費:1800円 (1名様)
〇持ち物:エプロン、三角巾
〇定 員:10名
〇開催場所:万世コミュニティーセンター(米沢市八幡原5丁目4149−9)

【お問い合わせ・お申込み】
NPO法人青空保育たけの子 TEL:070-1143-1166
e-mail:aozoratakenoko@gmail.com

食後に映画『さとにきたらええやん』上映会付きです!!
『さとにきたらえんやん』はみんドキュさんの自主上映第2回目になります。
午後4時半からはあおぞら館(米沢市上新田1166)でおしるこ茶会として上映します。
こちらは、1500円。

FB 映画『さとにきたらええやん』イベントページはこちら↓
https://www.facebook.com/events/406824476878812/

〇映画『さとにきたらええやん』
あらすじ: 大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。“さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。

【お問い合わせ・お申込み】
NPO法人青空保育たけの子 TEL:070-1143-1166
e-mail:aozoratakenoko@gmail.com
1月9日、きょうは何の日[2020年01月09日(Thu)]
1月9日は、「とんち」の日
とんちで有名な、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧、一休(=一休宗純)さんから、「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合せ。
Posted by kokohuyamagata at 09:19 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月7日は「七草」[2020年01月07日(Tue)]
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日1月7日は「七草」。
春の七草を刻んで入れた七草粥を作って、万病を除くおまじないとして食べるという、風習の日です。
この日、山形と秋田の一部では、七草粥のかわりに「納豆汁」を食べます。というか、さっき食べました。
納豆汁は、「すりつぶした納豆を味噌汁に加えた郷土食」で、豆腐、油揚げ、コンニャク、キノコやワラビなどの塩漬け山菜を塩出ししたもの、そして、里芋のクキを干して作った「いもがら」が欠かせないのですが、これは中々手に入りません。
いつもの味噌汁に、市販のひきわり納豆を加えても、おいしいと思います。
さっそく今夜いかがでしょう?
Posted by kokohuyamagata at 09:22 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml