• もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« イベント情報 | Main | 山形暮らし »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
オータニさ〜ん[2023年12月13日(Wed)]
大谷さん、ドジャースに移籍決まりましたね拍手
連日テレビ大谷さんの移籍の話でもちきりですグッド(上向き矢印)

10年7億ドル(約1015億円)って賞金賞金賞金…、想像がつかない…。
額が大きすぎていまひとつピンとこない…。で、あらゆるものに置き換えてみると…。
 
■東京スカイツリー 1.6本 
 全長634メートルで、タワーとして世界1位を誇る。1万円札で1014億円を積み重ねた時の高さは1014メートルになり、これもスカイツリーの約1.6倍の数字になる。

■トヨタ車(プリウス最上級モデル)2万2043台
 現在の最上級モデル「Z(プラグインハイブリッド)」の定価は460万円。

■NPB12球団 3.2個
 今季の12球団の年俸総額は319億円。大谷は10年契約とはいえ、1014億円の3分の1にも満たない。

ますますよくわからなくなってきた…賞金

大谷選手は発表で
「現役最後の日まで、僕はドジャースのためだけでなく、野球界のために、前向きに努力し続けたいです。」と話されていました。

お金のことはさておき、今後も素晴らしいプレーで私たちを魅了してほしいものです野球ボール
応援してますハートたち(複数ハート)
Posted by kokohuyamagata at 08:59 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本国のお話[2023年10月24日(Tue)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

新そばの美味しいにこにこ季節ですね。
10/31のわくわくのたねの会の「そば打ち体験交流会」の開催が待ち遠しくてたまりませんハートたち(複数ハート)

さてさて、今日は「日本国」のお話です。
「日本国の話ってなんだ?」「イザナミ、イザナギの話?」
いえいえ、山形県と新潟県の県境にまたがる山形百名山の一つ「日本国🏔️」の話です。
この山、まず名前がいさぎよい!
「山」も「岳」もつかない日本国🏔。スパッと言い切り型!
標高は555m⛰ゴーゴーゴーであります。覚えやすいにこにこ

お天気にも恵まれ晴れ、小俣登山口を登り始めると早速「熊くま注意」の看板がΣ( ̄□ ̄|||)
怖い、怖いよーたらーっ(汗)最近ニュースでも頻繁にくま出没の事件が流れてるし・・・、私たち(3人)以外、誰もいないよーあせあせ(飛び散る汗)
熊鈴、ラジオ、100均の火薬銃を多用しながら恐る恐る登ります。
しかし、熊鈴=音がやさしいタイプ、ラジオ=電池量減、火薬銃=いざという時のため数発残す。
こうなったら、歌う&祈るしかない!
「あるーひー、もりのなかー、くまさんにー、であわないー八分音符」と美声を響かせ、「ちょっと熊さん、ごめんなさいねー。おじゃましまーす」「ごめんね、ごめんねー」と叫びながら山頂到達!

快晴だったので、日本海荒波と粟島、朝日連峰が見えましたー🏔
頂上で、お友達から頂いた「さわぐるみ最中(超おいしい)」を食し栄養補給。

蔵王登山口に向かって、森のくまさん替え歌バージョン八分音符を歌いながら無事下山。

ふもとの小俣集落はかつて出羽街道の宿場町として多くの人が行き交った場所。
集落の各家の軒先には見事な屋号看板が掲げられており、一気にノスタルジックな気分に。
いい山🏔でした(`・ω・´)b
熊さん、じっとしていてくれてありがとう黒ハートお邪魔しました。

※山頂にある小屋で登頂証明スタンプを押して、小俣集落の所定の場所に持っていくと「日本国登頂証明書」を発行してもらえます(有料)
私も登頂の記念に申し込みしたので届くのが楽しみ♪
Posted by kokohuyamagata at 16:50 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山登り[2023年10月17日(Tue)]
みなさん、こんにちはふらふら

私は本日、激しい筋肉痛にみまわれており、事務所の階段を上るのが非常に辛い、椅子に腰を掛けるのも辛い、立ち上がるのも辛いと、筋肉痛の三重苦もうやだ〜(悲しい顔)

原因は日曜日に山に登ったから⛰それも雨の中…。なんの苦行?と思いながら登りだしたら止まらない。
ちらっと紅葉も見ることができましたが、山頂からの眺めは皆無。止まると寒いのでわらわらと昼食を食べながら「あったかいお茶持ってくれば良かったなあ」と反省しつつ、いそいそと下山。下山後はあたたかいキノコ汁(めっちゃ美味しい)がふるまわれたので2杯もおかわりにこにこ

その後、温泉に入ってあったまり温泉ラーメンを食してラーメン帰宅するという、ザ・山形定番コースの休日を満喫したのでした。

その結果、冒頭の「いてててて.....」となるわけです。へっぴり腰の私に優しい事務所スタッフは「次の日に筋肉痛になるなんて若いからだよ〜」と労ってくれるのでした四つ葉
Posted by kokohuyamagata at 13:09 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「ハマカルプロジェクト」と「気仙沼さんま祭り」[2023年10月13日(Fri)]
みなさん、こんにちは。

今日は、先週の連休の私事のお話です。

7日は、山形ドキュメンタリー映画祭で経済産業省主催事業「「ハマカル」プロジェクトin山形【野外スクリーン!で東北を魅る】」で『ラジオ下神白』を鑑賞ビデオカメラ、時折小雨が降る中での鑑賞でしたが、スタッフの方がカイロやひざ掛けなどを提供してくださり助かりました。
高齢者の多い下神白団地で「ラジオ番組風」に思い出の音楽について語らうCDをつくって配布したり、「伴奏型支援バンド」を結成し、バンドの生演奏による歌声喫茶やミュージックビデオの制作など、音楽を通じた被災地支援活動の記録映画。9/13にわくわくのたねの会でも昭和歌謡ショーを開催して「音楽の力ってすごいな」と感じましたが、「ラジオ下神白」の映画を観て、またまた「音楽八分音符すげー」と感じたのでした。

8日は、「第12回東日本大震災復興支援 気仙沼さんま祭りin山形」へ。
会場の霞城公園には秋晴れにも恵まれ大勢の人たちが集まり、すでに炭火焼のサンマ<゜)))彡の香ばしい匂いがグッド(上向き矢印)
無事に整理券をゲットし、サンマの配布時間まで小学生時代の遠足以来〇十年ぶりに山形市郷土館(旧済生館本館)【※入館料無料です】を見学したり、園内を散策しながら焼き上がりを待ちまするんるん
今年初めてのサンマ<゜)))彡はすごくおいしくて脂ものっていて最高でしたexclamation
秋の味覚を感じ、このような祭りに参加してサンマをおいしくいただいて復興に協力できればいいなと感じました。
「気仙沼さんま祭り」では、会場で募金活動も行っており、集まった善意は全額、気仙沼市の奨学金に寄付され、将来を担う若い人たちに役立っててもらっているそうです。

故郷を思う大切な一日、これからもいろいろなカタチで被災地の支援を続けていきたいものです。
Posted by kokohuyamagata at 10:41 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形のだし[2023年08月30日(Wed)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

突然ですが、「山形のだし」お好きですか?

先日、東京の親戚から「山形のだしを食べたいので納豆昆布送って」と連絡がありました電話1(プッシュホン)

えっ?びっくり、納豆昆布って東京に売ってないの???とビックリ!

以前、親戚に送る荷物の中にこっそりと忍ばせた納豆昆布がえらく気に入ったらしく、そうよねー、おいしいもんねーと妙に納得し早速送りました。

なすなす、きゅうり🥒、みょうが、青じそ、納豆昆布をベースに、我が家ではその時家にあるもの、オクラ、トウモロコシ、枝豆、長芋、ゴマ、梅干しなどをIN!

暑い日にもさらさらと食べられることができて、ご飯のほか、お豆腐にのせて、お素麵に、パスタにとアレンジも自由自在手(チョキ)

夏の我が家(山形県?)の食卓の大定番exclamation

一切火を使わずに作れるし、夏野菜と香味野菜を大量に食べられるという夏バテの季節にはありがたい一品!

まだまだ暑い日が続くようなので、「山形のだし」を食べてのりきりましょう!
Posted by kokohuyamagata at 14:02 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
7月になりました[2023年07月05日(Wed)]
みなさん、7月になりましたね。
毎日暑い日晴れが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
体調崩されていませんか?こまめな水分補給喫茶店、休憩をとり暑い夏を乗り切りましょうexclamation×2

7月の代表的な和風月名は「文月(ふみづき)」です。文月の由来は「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)=文被月とは、書道の上達を祈って、短冊に歌や願い事などを書く、七夕の行事にちなんだ呼び方」が略されて「文月」に転じたという説や、七夕に文(書物)の虫干しをすることから「文開き月」の意、稲穂の膨らみが見られる月であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

ほかにも、7月の呼称として
満月七夕月(たなばたづき)
満月七夜月(ななよづき)・・・七夕のある月
満月愛逢月(めであいづき)・・・愛し合う織姫と彦星が逢う月
満月親月(おやづき・しんげつ)・・旧暦7月の盂蘭盆会(うらぼんえ)の行われる月で、親の墓参りに行く月
満月女郎花月(おみなえしづき)・・・旧暦7月の女郎花の咲く月
満月秋初月(あきはづき)・・・・・旧暦では7月に秋に入ったので、秋の初めの月
etc…

7月7日は七夕です。晴れるといいですね♪
Posted by kokohuyamagata at 13:29 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
明日はひな祭り[2023年03月02日(Thu)]
みなさんこんにちはわーい(嬉しい顔)

明日は3月3日のひな祭りですねるんるん
節分が終わるとスーパーなどでは一気にひな祭りの売り場に変更するからか、まだ雪が残っていてもなんだか春を感じます。

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事で「桃の節句」とも呼ばれていますね。
ひな人形に桜や桃の花、雛あられやなどを飾ったり、ちらし寿司などの料理を楽しむ節句祭りのひとつです。「ひな人形」を飾るなど日本各地でイベントが開催されています。

山形県内各地でもひな祭りのイベントは開催されていますが、なかでも日本三大つるし飾りのひとつとよばれている「酒田傘福」が見ることができる庄内雛街道が気になっていますexclamation
家族の幸せや子どもの成長を願い作った飾りを傘につるし飾った傘福は、かわいらしくとても豪華ですぴかぴか(新しい)
気になる方はぜひ見に行ってみてくださいグッド(上向き矢印)
Posted by kokohuyamagata at 11:30 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2月14日はバレンタインデー[2023年02月14日(Tue)]
みなさんこんにちはわーい(嬉しい顔)
本日は2月14日バレンタインデーですね。
バレンタインデーの由来について調べてみました。

日本で初めてバレンタインデーが紹介されたのは、1936年2月12日に神戸で発行された外国人向け英字新聞に掲載された広告です。神戸のチョコレート会社が「バレンタインデーには愛する人にチョコレートを贈って愛を伝えましょう」とアピールした、ロマンチックなマーケティング戦略でした。ひらめき

全国的にひろがったのは1960年代で、チョコレート会社が「この日は女性から男性へ愛を告白する日」と謳い、ハート形のチョコレートを発売しはじめました。黒ハート
このキャンペーンが女性のこころを捉えて徐々に盛り上がり、現在のような一大イベントに成長したのです。

家族、恋人、友人と誰に渡しても想いがいっぱい詰まったチョコレートですね。
くれぐれも食べすぎにはご注意を揺れるハート

Posted by kokohuyamagata at 10:58 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今日は節分ですね![2023年02月03日(Fri)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

今日は2月3日の節分ですねるんるん
みなさんは、豆まきをしたり恵方巻を食べたりしますか?

私が子どもの頃は、豆まきは落花生で行っていました(笑)
それが普通だとずっと思っていたのですが、大人になり大豆で行うことを知りビックリexclamation×2
たぶん、豆まきした後の片付けが落花生の方が簡単なのと、拾った後殻をむいて食べられるから落花生をまいていたんだと思います(笑)
この時期はこたつに入り、年齢以上の落花生を食べていたなぁ〜と懐かしく思い出しましたひらめき

ちなみに今年の恵方(その年の縁起の良い方位)は南南東だそうですexclamation
恵方巻を食べる方は、ぜひ南南東をむいて食べてくださいね手(チョキ)
Posted by kokohuyamagata at 11:09 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形市成人の祝賀式について[2023年01月17日(Tue)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

1月といえば、お正月ですが成人式もありますよねぴかぴか(新しい)

全国では成人の日に式典を行ったところも多く、また参加者も成年年齢が18歳に引き下げられたことから、18歳〜20歳までの方が参加したというところもあるようです。
兄弟一緒に参加した!なんてご家庭もあるのかなぁ〜なんて考えながらニュースを見ていました目

ところで、山形市では成人式ってどぉーなったんだろう?
と思い調べてみたところ、成年年齢が18歳に引き下げられましたが、現行どおり20歳の方を対象に名称を「ニ十歳の祝賀式」と改めて開催することになったそうですexclamation
また、新型コロナウイルスの影響から、今年も春の大型連休中の令和5年5月4日に式典を行うそうですよぴかぴか(新しい)
春がより楽しみになりますねグッド(上向き矢印)

みなさんのお住いの地域の成人式はどうなりましたか?
よかったら調べてみて下さいひらめき
Posted by kokohuyamagata at 14:30 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
皆既月食×天王星食[2022年11月08日(Tue)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

今日は、皆既月食が見られますね満月
夜、天気が良いといいのですが…
午前中、山形市では雨が降っていましたが、だんだん天気が持ち直してきていて太陽の光も雲間から見えてきました晴れ
みなさんがお住まいの地域はいかがですか?

そして、今日の皆既月食では同時に「天王星食」も同時に見られるんですexclamation
国立天文台によると、前回日本で皆既月食と惑星が同時に見られたのは、現在の計算によると今から442年前、織田信長が活躍した安土桃山時代で皆既月食と土星食が同時に見られたということですぴかぴか(新しい)
なんだかすごいですよねexclamation×2
次に日本で見られるのは322年後と予想されていて、とても珍しい天体ショーとなっていますexclamation×2
ただ、天王星は肉眼で見えるギリギリの明るさで、山形だと皆既月食の終わりごろから部分月食の終わりにかけて天王星食が見られそうなことを考えると…望遠鏡が欲しいふらふら
月の明るさで天王星が見えなくならないことを祈り、肉眼で今日の珍しい天体ショーを楽しもうかと思います手(グー)

みなさんも良かったら今夜の空を見上げてみてくださいるんるん
Posted by kokohuyamagata at 13:49 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月は防災月間です![2022年09月02日(Fri)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

なんだか、最近涼しくなってきたな〜と思いきや、この暑さ…ふらふら
体調管理には気をつけましょうね。

さて、9月は防災月間ですが、みなさんご存じでしたか?
9月は災害が多いことから、「災害に備えつつ知識を深めるため」に制定されたそうです。
いつ起こるか分からない、台風や地震などの自然災害ですので、この機会に改めて「防災」について考え、見直してみましょう!

総務省消防庁に地震防災マニュアルが掲載されています。
自分がどこで地震にあったかによって行動する内容は変わってきますよね。
マニュアルには場所ごとにどのような行動をすべきなのか説明してくれています。
また、地震の揺れがが収まったあとの行動や防災お役立ちツールなども掲載しておりますので、ご興味のある方は見てみてください。
↓↓↓
https://www.fdma.go.jp/relocation/bousai_manual/index.html
Posted by kokohuyamagata at 13:10 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6月は食育月間です![2022年06月13日(Mon)]
週末は天気が悪く、突然強い雨が降ったりしていましたが、今日はとても良い天気ですね晴れ
洗濯物も乾きそうで嬉しいでするんるん

さて、みなさんは6月が「食育月間」ということはご存じでしたか?
「食育」というのは、生きるための基礎で「知育・徳育・体育」の基礎となる健康的で心豊かな食生活を実践できる力を育てていくことです。
また、いろいろな経験を通して、食べ物やふるさとの食文化、食事のマナーなどにつて学んだり、思いやりや感謝の心を育むことをいいます。
「食べる」という漢字は「人」を「良くする」と書きます。
人を良くする「食べる」ということを大切にしていきましょうわーい(嬉しい顔)
また、毎月19日は「食育の日」ですexclamation
食べることの大切さを改めて考えていきたいですねレストラン
Posted by kokohuyamagata at 09:50 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形市民活動支援センター内の展示コーナーのご案内[2022年03月04日(Fri)]
こんにちは。
毎朝の雪かきからやっと解放されました。
あとは、駐車場に溜まった雪山を、休みの日に
崩して小さくしていくだけです。

以前に、避難者の卒業作品を展示していた
山形市民活動支援センター内の展示コーナーに
新しい展示をするそうなので、ご紹介します。

東北芸術工科大学 版画コース 課題成果展
(梶原丈義 個人活動展示)
山形の東北芸術工科大学に入学してから3年が経ちました。
これまでに制作した版画の作品を何点か展示しようと思います。
テーマは「無意識」。是非ご覧ください。

■日 時:2022年3月18日(金)〜4月1日(金)
■場 所:山形市市民活動支援センター市民活動情報コーナーふらっと(霞城セントラル22階)

場所は、ここふく@やまがた相談室から近いので、
お近くに来られた際は、お気軽にお立ち寄りください。
Posted by kokohuyamagata at 11:41 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
きょうは、立春[2020年02月04日(Tue)]
立春は、二十四節気の1つで、春の始まりを意味する節気です。
1年で最も昼の短い日である冬至と、昼と夜の長さが同じ日である春分の中間としてできたのが、立春です。

「豆知識」
・立春が、旬の食べ物
 ・いよかん
  いよかんは伊与国(愛媛県)で栽培されていたことから名付けられました。
  現在でも愛媛県を中心に栽培され、立春の頃に旬を迎えます。

 ・ポンカン
  ポンカンも愛媛県で最も生産され、旬の時期も、いよかんと同じく立春の頃です。

 ・ふきのとう
  立春の頃に採れる山菜として知られ、
  花が開く前のつぼみを味噌などと食べるのがおいしいと言われています。
Posted by kokohuyamagata at 09:55 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月9日、きょうは何の日[2020年01月09日(Thu)]
1月9日は、「とんち」の日
とんちで有名な、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧、一休(=一休宗純)さんから、「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合せ。
Posted by kokohuyamagata at 09:19 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月7日は「七草」[2020年01月07日(Tue)]
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日1月7日は「七草」。
春の七草を刻んで入れた七草粥を作って、万病を除くおまじないとして食べるという、風習の日です。
この日、山形と秋田の一部では、七草粥のかわりに「納豆汁」を食べます。というか、さっき食べました。
納豆汁は、「すりつぶした納豆を味噌汁に加えた郷土食」で、豆腐、油揚げ、コンニャク、キノコやワラビなどの塩漬け山菜を塩出ししたもの、そして、里芋のクキを干して作った「いもがら」が欠かせないのですが、これは中々手に入りません。
いつもの味噌汁に、市販のひきわり納豆を加えても、おいしいと思います。
さっそく今夜いかがでしょう?
Posted by kokohuyamagata at 09:22 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
きょう10月1日は、「醤油の日」[2019年10月01日(Tue)]
10月1日の「醤油の日」は、醤油関連団体が2003年に制定した日。
その由来は・・・
昔から10月頃に、その年の新穀の大豆や小麦を使ってしょうゆを仕込みました。

また、10月は干支で10番目の「酉(とり)」にあたり、「酉」という字は甕(かめ)の形からできた象形文字なのだそうです。
このかめは醸造物を仕込む容器として使われ、「醤」の字にもこの文字が使われています。
このようにしょうゆときわめて関係の深い10月の1日を、「醤油の日」としました。
Posted by kokohuyamagata at 09:31 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月26日、きょうは何の日[2019年09月26日(Thu)]
9月26日は、「ワープロ記念日」
1978(昭和53)年のこの日、東芝が世界初の日本語ワードプロセッサ、「JW-10」を発表しました。
当時の標準価格は、630万円・・・すごいですね。
Posted by kokohuyamagata at 09:10 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月19日、きょうは何の日?[2019年09月19日(Thu)]
きょう9月19日は、「苗字(みょうじ)の日」。
1870年(明治3年)の、この日、戸籍整理のため、太政官布告により平民も苗字を名乗ることが許されました。
しかし、なかなか苗字を名乗ろうとしなかったため、1875年(明治8年)2月13日に、全ての国民が姓を名乗ることが義務づけられました。
Posted by kokohuyamagata at 09:49 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml