• もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« まちの保健室・お金のトラブルにあわないためのお話開催のお知らせ | Main | 12/1開催 わくわくのたねの会のご案内(山形市) »
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
皆既月食×天王星食[2022年11月08日(Tue)]
みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

今日は、皆既月食が見られますね満月
夜、天気が良いといいのですが…
午前中、山形市では雨が降っていましたが、だんだん天気が持ち直してきていて太陽の光も雲間から見えてきました晴れ
みなさんがお住まいの地域はいかがですか?

そして、今日の皆既月食では同時に「天王星食」も同時に見られるんですexclamation
国立天文台によると、前回日本で皆既月食と惑星が同時に見られたのは、現在の計算によると今から442年前、織田信長が活躍した安土桃山時代で皆既月食と土星食が同時に見られたということですぴかぴか(新しい)
なんだかすごいですよねexclamation×2
次に日本で見られるのは322年後と予想されていて、とても珍しい天体ショーとなっていますexclamation×2
ただ、天王星は肉眼で見えるギリギリの明るさで、山形だと皆既月食の終わりごろから部分月食の終わりにかけて天王星食が見られそうなことを考えると…望遠鏡が欲しいふらふら
月の明るさで天王星が見えなくならないことを祈り、肉眼で今日の珍しい天体ショーを楽しもうかと思います手(グー)

みなさんも良かったら今夜の空を見上げてみてくださいるんるん
Posted by kokohuyamagata at 13:49 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/924
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml