CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 3.11 | Main | 「ふくしまの今が分かる新聞vol90」が発行されました »
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2022年3月16日23時36分ごろ、最大震度6強の地震発生[2022年03月17日(Thu)]
2022年3月16日23時36分ごろ、最大震度6強(マグニチュード7.3)の地震が発生しました。
引き続き、余震への警戒が必要です。
引き続きどうぞお気をつけてお過ごしください。

屋内、就寝中に地震が起こったらどういう行動をとればいいか、マニュアルがあったので記載しておきます。参考にしてください。

ステップ1.「安全確保」
・寝たままの状態で、頭と身体を布団や枕で覆う。ただし、背の高い家具が近くにある場合は、すぐにそこから離れる。

<ステップ2.>「被害状況の確認」
・布団から手が届く範囲内に懐中電灯があればそれを使い、無い場合は携帯電話のライトを使って自分の身体を照らし、ケガや出血がないかどうかを確認する。
・互いに声を掛け合い、同居人の無事を確認し合う。靴やスリッパ、厚手の靴下などを履き、ヘルメットや帽子などで頭を保護してから、家の中の状況を確認するために布団を離れる。
・家具、柱、天井などをよく照らして、家自体が倒壊する恐れがないかどうか確認する。無理のない範囲で窓の外の状況も確認して、外に避難すべきか家の中で待機すべきかを判断する。

ステップ3.「外への避難」
・建物の被害が大きく外へ避難しなければならない場合は、防災袋と防寒着を身に着けて、足元をしっかり照らしながら、ゆっくり、焦らずに玄関へ向かって移動する。
※就寝時は布団のすぐそばに 懐中電灯、履物(スリッパなど)、頭を守るためのもの(防災頭巾、帽子など)を置いておけば安心です。

山形市総務部防災対策課避難者支援係に防災についてのページがあります。
日ごろの防災にお役立てください。

何かご心配事等ございましたら、ここふく@やまがた相談支援室までお気軽にご相談ください。
2、3日以内に同じ規模の地震が起きる可能性もあります。
引き続きどうぞお気をつけてお過ごしください。
ここふく@やまがた相談支援室 TEL:023-674-0606
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/862
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml