CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« みんなで話そう介護予防講座のご案内 | Main | オリンピック聖火リレーが山形に »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
医療機関等の窓口負担の免除期間延長について[2021年05月25日(Tue)]

東日本大震災で被災された国民健康保険及び後期高齢者医療制度の被保険者の方の受診等について

福島県では、東日本大震災で被災された「国民健康保険」及び「後期高齢者医療制度」の被保険者の方への一部負担金の免除を行っています。

その期限が令和4年2月28日(予定)と延長されました。


〈福島県ホームページ〉
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/ps-kokuho-shinsai-jyushin.html


帰宅困難区域の方と旧避難指示区域の方では要件が異なりますのでご注意ください。

pict.jpg




また、入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費及び特別療養費の食事療養・生活療養に係る部分の標準負担額、療養費(柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の施術費、治療用装具等)の自己負担額の免除は終了しています。


支払ってしまった一部負担金の還付を受けるためには、ご加入の医療保険の保険者に還付申請書を提出する必要があります。

還付申請書を提出する際には、
@免除証明書(免除証明書の交付申請がお済みでない方は免除申請書)
A医療機関等が発行した領収証など、支払った一部負担金の金額が確認できる書類
を併せてご提示ください。

なお、還付申請書を提出する時点で、有効期限が更新された免除証明書が手元に届いていない場合には、ご加入の医療保険の保険者にお問い合わせください。


その他、Q&Aはこちらで確認ができます。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21005b/kokuho-shinsai-qa.html


分からないことなどありましたら、ご加入の保険者(市町村国保の場合は市町村窓口)へお問い合わせいただくか、ここふく@やまがたまでご連絡ください。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/762
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml