CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 山形県が「令和2年7月豪雨に伴う義援金」の受付を始めました。 | Main | 熱中症にお気をつけてお過ごしください。 »
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
無農薬のじゃが芋を掘ってどっさり持ち帰る生活体験[2020年08月12日(Wed)]
福島から来ている家族やそのお友だち、福島に戻った皆さんやそのお友だちを対象とした無農薬のじゃが芋を掘ってどっさり持ち帰る生活体験が開催されます。

野菜にふれあう体験が、野菜好きになるといわれます。みなさんが、野菜掘りや摘み取りができるように、たくさんの野菜を植えました。「じゃが芋」は、いっぱい持ち帰りできます。

じゃが芋掘り体験
【期間等】令和 2 年 7 月 26 日〜8 月15日頃 午前10時から午後5時までの約1時間
【菜 園】見晴らし ふ れあ い 体験 菜 園

【参加申込先】
主 催 : ボランティアサークル・ハチドリ一滴しずくの 会
電話 080-4512−5402 又は 090-7078-0648 八矢まで
山形県西村山郡河北町谷地字荒町東7-2 携帯 Mail:hachidori-hachi@softbank.ne.jp

★菜園への道順は、申し込みの際に説明します。自家用車等でおいでになる事が必要です。
★人数にもよりますが、かなり多くのじゃが芋を掘って、持ち帰りできます。
★袋や箱、掘る用具は準備しています。長靴などの履物や手袋を用意して来ると、体験作業はらくです。掘り取り体験作業時間は、30 分〜約1時間ほど
( 当日、ひと家族100〜200 円程度の募金をお願いする予定です。)
★このチラシが届いてない福島からの滞在の方がいましたら、どうぞ、あなたからお知らせください。
★8月5日までの申し込み予約状況をみて、芋が残るようなら一般家庭の体験用にも開放します。
d364de62917c1e8eef7b55ba36dd1228_01.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/702
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml